読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットショップ開業/運営ノウハウ提供のSTORES.jp MAGAZINE

最短2分で、誰でも簡単にオンラインストアがつくれる「STORES.jp」が、ネットショップ開業/運営に役立つ情報を発信するウェブマガジンです。

ネットショップインタビューvol.21 Panic Junkie

     f:id:storesblog:20170316172858p:plain

 

 

目に止まるユニークなキーワードやデザインが特徴のPanic Junkie(パニックジャンキー)

特徴的なデザインのアイテムで、STORES.jp事務局内でも度々話に挙がるほど、知らないメンバーはいない大人気のショップさんに、今回はお話を伺いました。

 

 

STORES.jp編集部(以下S):本日はどうぞよろしくお願いします!早速ですが、デザイナーであるtakesickさんのご経歴、今の活動について教えてください。

 

takesickさん:以前はJR東日本で車掌をしていました。

退職後、独学でデザインをはじめまして、多種多様なコンテストに応募しながらコツコツやってきました。

現在は自身のブランドのPanic Junkieをやりつつ、ご依頼があれば企業様のご依頼もお受けしております。

 

 

S:元車掌さんなんですか!意外な経歴です!電車に興味がなければ車掌という職業に就くことはないと思うのですが、そんな仕事を辞めてまでデザインを始めた理由はなんですか?元々デザインやイラストなどは趣味でやられていたのでしょうか?

 

 takesickさん:電車には全く興味がなくて、、。叔父が新幹線の運転士をしていたというのと、高校に来た求人で知っている会社だったからという理由だけで入社したので、好きな仕事ではなかったんです(笑)

当時の仕事を次が決まっていない状態で辞めまして、何もすることがなく暇つぶしにデザインを始めてみたらすっかりデザインすることにハマってしまいました。
デザイン家具を集めたり美術館に行くのが趣味でしたが、自身で製作するようになったのは車掌を辞めてからです。
今でもインテリアや家具にオイル塗ったりしてる時間の方がデザインしている時間より楽しかったりします(笑) 

 

 

コンセプトは立ち止まってもらうこと

 

 

S:そうだったんですね!暇つぶしで始めたものが形になっているなんてすごいです!

そういった中で始められたブランド「Panic Junkie」のコンセプトがあれば教えてください。

 

takesickさん:コンセプトは立ち止まってもらうことです。

デザインを見て「これ面白いね」と立ち止まっていただき、そこからコミュニケーションが生まれたらいいなと思いながらデザインしております。

 

 

S:なるほど!確かに一見なんだろう、と思ったり面白いワードがプリントされていたり(笑)私も思わず立ち止まって見てしまっておりました。

そんなデザインのインスピレーションはどんなところから受けているのでしょうか?

 

takesickさん:日常的にデザインを作っているので日常生活からかなと思います。

まだ商品化はしていませんが最近つくっている動物と野菜を掛け合わせたダジャレシリーズは、スーパーに買い物に行ったときに野菜と動物を無理やりくっつけたら面白いかなと考えたものです。

このシリーズのハクサイ(サイとハクサイ)はBETONES様でパンツになる予定です。

 

         f:id:storesblog:20170316183920p:plain

     (BETONES DEIGN CONTEST2017で入賞されたハクサイ

 

 

S:ダジャレから商品になることもあるのですね、面白いです!様々な企業やブランドのデザインを担当されていますが、どのような経緯でお仕事のご依頼があるのでしょうか。

 

takesickさん:デザイン応募をしているところはデザインを応募して採用してもらいました。

それ以外は全て企業様からご連絡を直接いただきました。

台湾の歌手に衣装提供したことがあるのですが、その時は台湾のイベントに出展したのを見ていただいてご連絡いただけました。

  

 

毎日マイペースに無理をせず

 

 

S:活動が評価されてそれがまた次の仕事に繋がるというのはすごく素敵ですね。その中でネットショップを開くことになったきっかけは何だったのでしょうか。

 

takesickさん:きっかけはSTORESさんです。

ショップを開きたいけど開店資金がない、どうしようと思っていたところ

たまたまSTORESさんを見つけはじめました。

STORESならお金なくてもお店できるじゃん』と(笑)

 

f:id:storesblog:20170316181247p:plain

Panic Junkie ネットショップ 

 

 

S:お選びいただき、ありがとうございます!ネットショップを開くきっかけになれて大変嬉しく思います!

現在ネットショップは何人で運営されているのでしょうか。

 

takesickさん:一人で運営しています。

デザインから経理まで全て自分でやっております。

 

 

S:お一人で全てやられているですね...!1日、または週の中でどれくらいの時間を割いているのでしょうか。

 

takesickさん:ほぼ毎日­家事以外の時間はほとんどブランドのために使っています。

1日パソコンの前で作業していることが多いのでラジオを聞いて耳から情報が入るようにして世の中から取り残されないようにしています(笑)

 

 

S:なるほど(笑)大切なことですね。ネットショップを運営する中で苦労した点はありますか。

 

takesickさん:特にないんです。

毎日マイペースに無理せず楽しいことだけしているので(笑)

 

 

S:素敵です! 多くのショップさんが宣伝やPRで苦労されているようなのですが、その点に関してはいかがですか?

 

takesickさん:何もしていないんです。

買っていただいた方のレビューが宣伝代わりになっているのかなと思っております。

 

 

S:何もしていないのにここまで人気なのは、やはり商品の魅力ということですね。ずばり、一番の人気商品を教えてください!

 

takesickさん:一番人気はヨソイキです。

 

f:id:storesblog:20170316180111p:plain

 

 

S:イラストの商品ではないのですね...意外です!どのようなお客様に購入されていますか?

 

takesickさん:色々な方からご注文頂いておりますが、関西の方からのご注文が若干多いかなと思います。
個人的にも関西から注文がくると少しテンションが上がります。
プレゼント用にご購入いただくことも多く、ご好評をいただいております。

 

 

S:デザインはシンプルな物が多くモノクロの印象が強いですが、中にはカラフルな色遣いのものもありますよね。色に対しては何か意識しているものがあるのでしょうか。

 

takesickさん:モノクロのものは使う人を想像してつくったものが多いとおもいます。

このサグラダファミリアを描いたもののようにカラフルなものはただただ好き勝手自己満足で描いたものです。
無意識でカラフルになっているので明るい色が好きなんだと思います(笑) 

 

f:id:storesblog:20170321124535j:plain

(カラフルなカラーが印象的なデザイン)

 

 

同世代の方が頑張っているから自分も頑張らなきゃと奮起

 

 

S:それではSTORES.jpについてお伺いしても良いでしょうか。STORES.jpを知ったきっかけを教えてください!

 

takesickさん:だいぶ前で忘れてしまいました(笑)

 

 

S:2013年開設と長くご利用いただいておりますもんね...ありがとうございます!では、STORES.jpに決めた決定打は覚えていらっしゃいますでしょうか。

 

takesickさん:当時運営会社を調べたときに社員数が少なく社員の方が若かったのでSTORESを利用することにしました。

 

 

S:現在も若いメンバーで頑張っております!社員数が少なく社員も若いというのがお選びいただく中で大きなポイントだったということですが、その理由をお聞きしてもいいですか?

 

takesickさん:同世代の方が頑張っているから自分も頑張らなきゃと奮起できたからです。

勢いを感じましたし、その勢いにうちも便乗しちゃえと(笑)
 

 

S:嬉しいです!ありがとうございます!

ご利用いただいている中で、STORES.jpで気に入っている点や好きなところがあれば教えてください。

 

takesickさん:管理画面がシンプルで使いやすいところが好きです。

毎日使用していてストレスを感じないで済むことは継続していくという点で最も重要で、少ない時間で管理できることもとても助かっています。

 

 

S:嬉しいお言葉ありがとうございます。では逆にSTORES.jpで改善してほしいところはありますか。

 

takesickさん:特にないのですが強いて言うなら旅行等でお休みするときに「お休みのあとに発送します」というメールが自動送信されるようなお休み設定ができるようにしていただけたら嬉しいです。

 

 

S:なるほど...それは新しいご意見です。すぐに社内で共有させていただきますね!

 では最後に今後の展望についてお聞かせください!

 

takesickさん:欲張らず1日1日を大切にしていきたいです。

 

 

S:ありがとうございました。今後のご活躍も楽しみにしております。

 

 

編集後記

 

一番人気の「ヨソイキ」のような、目を引くキーワードのアイテムが以前から気になっていたのですが、今回、「これ面白いね」と立ち止まってもらうことをコンセプトにしているとの話を伺い、妙に納得してしまいました。。

デザインから発送まで全てお一人でやられていますが、「毎日マイペースに無理せず楽しいことだけしている」ので苦労を感じられていないとのこと。

それが成功の秘訣かもしれませんね。

 

今後も面白い新作、楽しみにしております!!

 

 

公式情報 

 

ストア名:Panic Junkie(パニックジャンキー)

https://stupidfunnygraphic.stores.jp

 

HP https://panicjunkie.storeinfo.jp

Facebook @PanicJunky

Twitter @panicjunkie

 

 

 -------

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆ 

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain

 

ネットショップの集客でInstagramを活用するために〜Instagramの基本〜

ネットショップでInstagramを集客に活用する方

スマートフォンから写真を加工・共有し、写真を通じて他の人とコミュニケーションを取るためのアプリ、Instagram(インスタグラム)。

全世界の利用者数6億人、日本国内での利用者数はなんと1600万人もいるんです。無料で、かつ空き時間に、しかもスマートフォンから簡単に投稿出来るということで、老若男女幅広く利用されているSNSの1つでもあります。

 

そんなInstagramこちらの記事でも紹介しているように、単なる写真共有アプリとしてではなく、ビジネスにおいて集客ツールとしても利用されているんです!!

そこで今回は、Instagramをネットショップで活用するために、Instagramの特徴やInstagramを集客に活用するためのコツなどをまとめてみました!

 

Instagram(インスタグラム)の特徴

『写真の投稿』に特化したツール

Instagramの一番の特徴は『写真を共有すること』がメインのSNSということ。

 

Twitterのように文字数の制限がないという点はFacebookと似ていますが、InstagramはFacebookよりも写真の露出度が高く、いかに注目・共感を得られる写真を投稿するかが重要視されるツールです。

また、FacebookやTwitterにはある『投稿をシェア(リツイート)の機能』がInstagramにはない=投稿することがメインという点もInstagramの大きな特徴です。

 

影響力のある若い世代の利用が多い

Facebookは30代以降の人の利用が多く、Twitterは10代〜20代前半の若い層の利用が多いのに対し、Instagram利用者の大半は、20代〜30代女性が多いそうです。

つまり、ある程度お金も時間も自由に使うことができ、流行に敏感でかつ影響力の強い年齢層に人気のSNSとも言えます。

 

まとめ記事サイトに引用されやすい

InstagramやTwitterはFacebookに比べ、『今』の情報を拡散するためのSNSです。

何をした/何食べた/どこに行った/何を着たなど、タイムリーな情報が発信されるため、現代の流行をまとめたまとめ記事サイトで紹介されやすくなるといったメリットもあるんです。

そんな中でも、Instagramは写真によるリアルさやイメージでのインパクトを与えるため、まとめ記事サイトに引用された場合、爆発的に人気になることも多々あります。

 

抑えておきたいInstagramの基本機能

ここまではInstagramの特徴を紹介してきました。ここからは、いざInstagramを始めるぞ!と思った方へ、Instagramを利用する上で抑えておきたい基本の機能を紹介します!

 

タグ付け機能

Instagramを利用する中で一番重要なのが、ハッシュタグの機能。

 

ハッシュタグ「#」をつけることで、同じタグ(キーワード)がつけられた写真を一覧で閲覧することが出来ます。また、タグ毎に「人気投稿」と「最新(投稿)」に分けて見ることが出来ます。

 

FacebookやTwitterにある拡散機能がないInstagramで、他の利用者から検索され、自分のアカウントを知ってもらえるのがこのハッシュタグの機能です。

    Instagramの基本機能:ハッシュタグ

※STORES.jpのストアグラこころInstagramより。

#グラこころ はネットショップを運営している人が独自で作ったハッシュタグ。独自で作ったハッシュタグの場合は、なかなかヒットしないというデメリットもありますが、人気が出てきてたくさんの人にタグ付けをしてもらえるようになると、1つのPRキーワードにもなります。

 

複数枚写真の投稿

一度の投稿で最大で10枚の写真や動画が投稿出来るようになりました。

この機能を使うことで、あらゆる角度から撮影した写真や様々な表情の写真を投稿することができます。

Instagramの基本機能:複数枚投稿

※STORES.jpのストアDolce VitaInstagramより

 

写真を左右にスワイプすると、本文はそのままで写真だけが変わります。

今回紹介したアカウントは、ネットショップでアパレル商材を販売している方。

そのため、上から見た写真、横からみた写真を複数枚投稿の機能を利用して投稿していますね。

 

期間限定の投稿が出来る、ストーリー機能やライブ機能

24時間限定で公開される写真や動画の投稿が出来る機能です。

 

写真の場合は最大5秒、動画の場合は最大で15秒投稿することができます。また、手書きの文字やスタンプで落書きをすることも出来ますし、タグを付けたり特定の人に動画を送ることも可能です。

 

Instagramは最新の投稿からタイムライン上に表示されるため、他の人の投稿に自分の投稿が流されてしまうことも多々あります。しかし、ストーリー機能やライブ機能を使うことで、ひんぱんにフォロワーのタイムラインのトップに自分のアカウントを表示させることが出来ます。

     Instagramの基本機能:ストーリー

 ※ストーリー機能を使って写真または動画をアップすると、アップする度にタイムライントップに表示されます。

Instagramを活用してネットショップの集客に挑戦!!

ある程度Instagramの特徴や機能について整理できてきたところで、次は、ネットショップの集客にInstagramを活用する方法について説明していきます。

 

Instagramで集客に成功している人は本当にいる?

ここで皆さんが疑問に思うのが、そもそもInstagramで集客に成功している人は本当にいるのか?という点だと思います。まずは個人と法人に分けて、Instagramでの集客に成功した方を紹介します。

個人の場合

@nemuiasaa

iPhoneケースやハンドメイドアクセサリーを扱うストアのInstagramのアカウント。

 

販売商品だけでなく、自分の好きなものや自分で撮影した写真を掲載することで、『好きなもの』に共感してくれるファンが自然と増えていったそう。

統一された写真の色合いなども『写真で魅せる』がコンセプトのInstagramにぴったり合っています。

 

実際に、新作の商品は販売から3時間程度で完売してしまったそう。

     Instagramで集客に成功した事例その1

 

@sakami1106

会社員をやめ、料理教室やインストラクター育成の講座を開催している方のアカウント。

 

自分の事業である料理の写真を投稿しているため、一目でどんなコンセプトのアカウントなのかを知ることが出来ます。また、投稿時の本文トップに必ず一言入れるなどの工夫もポイントです。

この方は企業3ヶ月で月商330万円を達成しただけでなく、Hanakoなどのメディアにも掲載されるようになったそう。

※他のSNSやブログも利用中。amebaブログ参照

    Instagramで集客に成功した事例その2

法人の場合

@urbancherry

子供服を中心に販売しているネットショップのアカウント。

 

モデルを一般のおしゃれなInstagramユーザーから探したり、プレゼント企画、新作や再入荷のお知らせ、簡単なお問い合わせなどフルにInstagramを活用されています。

こちらのストアは、新作販売時にサーバーがダウンするほどのアクセスが集中したそう!

   Instagramで集客に成功した事例その3

 

どうやって集客すればいいの?運用のコツを知ろう!

Instagramを利用して集客に成功している人がいるなら私もやってみようかな?と思った方もいると思います。ここでは、Instagramで集客をしてみるぞと思った方へ、どうやって集客をするのか、そのコツについてまとめてみました!!

毎日投稿をする

Instagramに限らず、SNSで集客をする上で欠かせないポイントは、必ず毎日投稿するということ。

 

毎日投稿したいけど、毎日投稿出来る内容を考えるのが大変…と思ったそこのあなた、そんなあなたにこそInstagramが最適なんです!

理由はなぜか??

 

それは、Instagramの写真共有という特徴がポイントなんです。つまり、Instagramの場合は写真とハッシュタグだけでも1投稿として十分成立します。

 

毎日投稿する写真はどうしたらいい?

アパレル商材を取り扱う人ならば、商品の写真を投稿したり、商品を使ったコーデォネートを1枚ずつ投稿していくのでもいいんです!!写真自体はタイムリーな写真である必要はないので、あらかじめ週末やお休みの時に撮りためておくなどの工夫をしておきましょう。

投稿写真に一貫性を持たせる

Instagramの運用で一番の重要なポイントは、投稿写真に一貫性を持たせるということ。

 

アパレル商材を取り扱っているアカウントで、ご飯の写真が出てきたり、風景の写真が出てきたら…アカウントを見に来た人に何をアピールしたいのかを直感的に伝えることができません。

 

だからこそ、投稿写真に一貫性を持たせ、自分のアカウントが何をコンセプトとしているかをアピールすることが重要になるんです。

Instagramで集客するコツ:投稿写真に一貫性をもたせよう

※STORES.jpのInstagram投稿写真。商品写真の雰囲気まで統一しています。

お客さんにアカウントを広めてもらう

Instagramでアパレル商材を元に宣伝・集客をしている@kormarchさんが非常にいい例です。お客様が自分のストアの商品を着用した写真をアップした際にタグ付けをしてもらうことで、投稿をアップしたお客様をフォローしている人に知ってもらうことが出来ます。

数珠のように連鎖反応が繰り返されることで、たくさんの人に知ってもらえる=集客に繋がります。

                          Instagramで集客するコツ:お客さんにアカウントを広めてもらおう

※お買い物をされた@mii_wearさんが、自分のコーディネートを紹介する投稿の中で、タグ(@kormarch/#kormarch/#kormarchサポーターズ)をつけています。

 

Instagramに広告を出してみる

こちらはビジネスアカウントにした場合に利用出来る機能のため、全ての人に適用する訳ではありません。しかし、ビジネスアカウントにした際の利点は、広告として不特定多数の人のタイムライン上に表示させることが出来るという点です。

クリック数やタイムラインに表示された回数により費用が発生してしまいますが、その分の集客効果も大きくなります。 

Instagramで集客するコツ:Instagramに広告を出してみよう

※女性に人気のランジェリーショップ、peachJohnが出したInstagram上の広告。『詳しくはこちら』というクリックボタンが出る他、『広告』という文字で通常の投稿と異なる色を出している。

 

まとめ

他のSNSと比べてても、センスや感性が問われるSNS、Instagram。でもインスタグラマーという言葉が誕生し、InstagramでのPRだけで生活ができる人が出てきているように、Instagramの特徴を上手に利用することで、たくさんのファンを全世界に持つことが出来るんです。

  • なかなか人気が出なくて…
  • ネットショップが知られていないみたい…

そう悩んでいるネットショップオーナーさん、Instagramで集客を始めてみませんか?

 

関連記事 
  1. Twitterを利用してネットショップの集客をしよう

  2. Facebookを利用してネットショップの集客をしよう

  3. ネットショップでSNSを活用しよう

簡単にネットショップを立ち上げたい方はSTORES.jp!

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップ/オンラインストアが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

ご登録がまだの方はこちらから。無料からご利用いただけます!

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆ 

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain

 

 

ネットショップの仕入れに役立つキーワードTOP5!(2017/4/2-2017/4/8)

ネットショップの仕入れに役立つキーワードTOP5!

(2017年4月2日〜2017年4月8日) 

ネットショップの仕入れに役立つキーワードTOP5(2017年3月26日〜2017年4月1) 

STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)で「アクセス人数が急上昇」キーワードを独自集計!

 

今、購入者は、何が欲しいのか。のヒントに!

ネットショップの商品の仕入や販売・売上UPにお役立てくださいませ!

 

今週の急上昇!トレンドキーワードランキングTOP5

(2017年4月2日〜2017年4月8日)

 

 

第5位  #ボタニカル

ネットショップの仕入れに役立つキーワード5位

BOTANICAL SHIRT | LENO&CO

 

#ボタニカル

 

夏先取りの、爽やかなボタニカル柄!
近年だと急に気温があがるので、夏アイテムの購入は今しておくべきかも…?!

 


第4位  #スキンケア

ネットショップの仕入れに役立つキーワード4位

KURUMUウォーターモイスト〈化粧水〉150ml | 「くるむやさしさ、粘土のちから。」粘土...

 

#スキンケア

 

花粉の季節で、今まで使っていたスキンケアアイテムがお肌に合わなくなることもしばしば…。

STORES.jpでは洗顔アイテムからクリーム、オイルまで幅広い商品が取扱われています。 

 

 

第3位  #デニム

ネットショップの仕入れに役立つキーワード3位

ODP001(オリジナルデニム) | ONOMICHI DENIM PROJECT

 

#デニム

 

だれでも1本は持っているであろう定番アイテムのデニム!

これからの1年用に買い換えの需要が高まっているのでしょうか?

 

 

第2位 #シースルー

ネットショップの仕入れに役立つキーワード2位

シースルーTシャツ | ant3

 

#シースルー

 

ここ数年ですっかり春夏の外せないアイテムとして浸透しましたね!

花柄やレース、ドット柄など、同じシースルーでも様々なタイプがあるのも人気のひとつですね。

 

 


第1位 #パールピアス

ネットショップの仕入れに役立つキーワード1位

コットンパールピアス(パールキャッチ付) | chouchou Designed by Kaori

 

#パールピアス

 

出会いが多いこの季節、ちょっとかしこまったパーティーやお式にパールの小物は外せないアイテムです!

流行にとらわれないアイテムだからこそ、本当に気に入ったものを購入したいですよね。 

 

 

おまけ番外編:注目のランク外キーワード

 

f:id:storesblog:20170410161858p:plain

#そば

136位。

そば以外にも、そばの実を使った癒やしアイテムやそば粉を使ったお菓子などもみうけられました!

 

  

f:id:storesblog:20170410163848p:plain

#キューブ米

781位。

この手のお米、キューブ米って言うんですね!

見た目通りなので、納得…。
 

 

まとめ


今週の旬な急上昇キーワード、いかがでしたでしょうか?

 

是非、今後のネットショップ運営や、販売商品の仕入れにお役立てください!

 

 

先週の記事はこちら↓   

officialmag.stores.jp

  

 

過去のランキング一覧はこちら↓

officialmag.stores.jp

  

  

 

 -------

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆ 

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain

 

ネットショップ集客・Facebook活用の基礎知識

ネットショップ集客facebook活用

 

集客をするために、Facebook(フェイスブック)を上手に使いたいなあ、、と思う方は多いのではないでしょうか!

 

Facebookは、世界で17億人(※2016年6月時点)、日本でも2,400万人(※2015年3月時点)が使っている、巨大SNSです。利用は無料ですし、企業もプロモーションやファンとのつながりを活用するために多く使っているので、ぜひ活用していきたいですよね。

 

ここでは、Facebookをネットショップ運営に役立てるための、まずは知っておきたい特徴やメリット、活用法などをご紹介いたします!

 

Facebook(フェイスブック)の特徴と5つのメリット

1:Facebookページを使った実名制のコミュニティが形成できる

facebookページは、何かのテーマに基づいたコミュニティが作れる「場」です。あなたの作ったFacebookページに集まるのは、「実名」の個人のFacebookユーザーです。
Facebookアカウントを持っていないユーザーでもアクセスのできるものとなりますので、PR活動に役立てることができます。

 

Facebookはそもそも、実名制のSNSであるため、あなたの作ったFacebookページにいいね!をしたり、フォローをしてくれる方々はどんな方々か?というところが深く知れることになります。ですので、匿名コミュニティよりも、よりパーソナルなコミュニティ形成につながります。

 

Facebookページを作るにはこちらから


2:長い文章・たくさんの写真で訴求ができる

Twitterは、140文字の制限があるなど、SNSにより、色々な投稿の特徴がありますが、Facebookは、長い文章でも短い文章でもどちらも対応ができるものになっています。

 

例えば、ブログについては、多少の文章がないと見栄えもあまりよくありませんが、Facebookは一言+写真1枚でも十分だったりしますので、短い投稿で問題ありませんし、逆に長い文章を書きたい!たくさん写真を載せたい!という方についても、Facebookのノート機能や、アルバム機能という機能もあるので、読み応え、見応えのある投稿もできるんです。

 

あなたの販売したい商品のストーリーを、短く単発で伝えることもできれば、ボリュームのある記事や写真で伝えることができるので、あなたの商品とショップの相性を考えながら投稿していきたいですね!


3:注目度の高い投稿はいつまでも話題になる

Facebookの投稿は、フォローされたりいいね!される個人ユーザーさんのタイムラインに流れますが、必ずしも、時系列で流れる訳ではありません。あなたの投稿に対して、その個人ユーザーさんがよくいいね!などのアクションをしてくれるような個人ユーザーさんのタイムラインには流れますが、そうでない場合は流れにくい場合があります。

 

なぜなら、個人ユーザーさんは、自分のFacebookタイムラインに流れてくる情報を「新着順に流す」「ハイライト順に流す」「この投稿を出さないようにする」など設定ができるようになっています。

 

ですので、個人ユーザーさんにとって、ためになる、プラスになる投稿でいなければなりません。

 

逆をいうと、注目度が高かったり、いつまでもいいね!やコメントがつくようなものは、最新投稿でなくても、長期間目に止まる可能性のある投稿も生まれてくるのです。

 

4:複数人で運営管理ができる

Facebookページは、複数人で運営をすることができます。運営メンバー登録ができるので、一人で運用せずとも、別の手伝ってくれるメンバーに運営を任せやすくなっています。運営メンバー登録をする時には、追加したいメンバーが個人のfacebookアカウントを持っていることが必須となります。

 

その代わり、いつでも、追加、削除などができますので、店舗や企業では重宝しますよね。


5:日本では30代〜40代やビジネス系・海外により強い

日本では、30代〜40代のユーザーがアクティブなケースが多く、仕事でもFacebookでやりとりをする方々も増えているところから、30代〜の商品やサービスを展開されていたり、ビジネス系(BtoB取引系)の商品やサービスは相性が良いと言われています。

 

そして、何と言っても、海外も含めて17億人以上のユーザーがいます。Facebook広告も簡単に個人でも利用ができるため、日本から海外ユーザーにアプローチをしている方々も少なくありません。

 

ただ、コミュニケーションは、日本語ではないことが多いので、ハードルが少し高くなると思いますが、PRしたい国向けのFacebookページを運用することができそうであれば、おすすめです。

 

ネットショップ運営のFacebook活用法5選

1:日々の出来事などストーリーを伝える

日々の出来事の投稿はもちろん、Facebookでは長い記事やたくさんの写真も投稿できるので、新商品の制作過程をストーリーとしてまとめて投稿することに向いています。

 

文字を読むよりも写真をたくさん載せた方が飽きずにみていただけるケースも多くあるので、ディテールの写真など、1枚だけだと様にならないものでも、複数まとめて投稿することでより、お客さんの為になるような投稿になりますよ。

 

お客様からお問い合わせでよくある商品があれば、その商品に特化したたくさんの写真や内容を載せるのもいいですね。

 

2:購入者限定などのより深いシークレットなコミュニティ形成

Facebookは実名制なので、より深いコミュニケーションを取ることでファンが増えるケースが多くあります。母数は少なくなってしまいますが、新規集客向けではなく、既存顧客向け!と割り切って運営してもいいと思います。

 

よりシークレットなコミュニティ形成として活用したい場合は、Facebookグループの運営の方が合っていますので、本記事下にご紹介しているこちら(URL)をご参考ください。

 

3:海外ユーザーへ告知

世界に17億人のユーザーさんがいるって、本当にすごいですよね。あなたの商品は海外にも販売していきたい場合は、ぜひトライしてみるのをオススメします。


ただ、Facebookページを作って外国語で投稿するだけでは、そのページを発見してもらえるケースがあまりありません。その場合には、少し、上級テクニックになってしまいますが、Facebook広告を出して、ターゲットにしたい国へアプローチしてみるのをおすすめします。

 

1クリックあたり**円、と広告費用を払うタイプなどもありますので、個人でも広告を出しやすいようなプランは用意されています。

 

Facebook広告についてはこちら

 

4:お問い合わせに

Facebookページでお問い合わせ専門で運営するのではなく、Facebookページを運営しているとメッセージを受け取るケースがあります。

 

もちろん、受け取らないような設定もできますが、お客さんと直接、近いコミュニケーションが取れることがメリットになるので、メッセージは受け取れるように設定をしておくのをおすすめいたします。

 

個別でお問い合わせを直接やりとりすることで、より丁寧さが伝わるので、ファンになってくれる可能性も高まります。

 

5:イベント告知やライブ動画機能による深い繋がりを作る

Facebookは新しい機能をどんどん出して、進化しています。イベントの告知やライブ動画なども、気軽に試してみることが可能です。イベント告知ページをわざわざ作る必要もないのでFacebookで告知ができたり、(参加メンバーもカウントもできます)ライブ動画なども、スマホ一つで可能です。

 

深いコミュニケーションができることのメリットを活かして新しい機能は使ってみることをおすすめしいます!

 

イベント作成について

イベントを作成するにはどうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook

 

ライブ動画について

Live | Facebookヘルプセンター | Facebook

 

覚えておきたい便利な3つの機能

予約投稿

日々の運用の効率性を高めるためには、投稿する内容を、いくつも事前に設定しておけると便利ですよね。Facebookページでの投稿は、時間設定ができるので、ぜひ活用してください!

facebook予約投稿

投稿するときに「公開」ボタンの横の▼を押すと、予約設定ができます!

 

セールのスタートや、新商品発表など、そのタイミングで伝えたい内容があると思うので、そういった投稿にはより有効ですよね!

 

秘密のコミュニティのFacebookグループ

Facebookページは、誰でも見られる公開ページです。場合により、一度購入してくれた人のみ、あの勉強会やイベントに参加した人だけの、、シークレットなコミュニティを作りたい。というケースもあるのではないでしょうか。

 

その場合は、Facebookグループという機能を使って、情報交換をすることが可能です。ただ、Facebookグループは、あなたの個人Facebookアカウントを利用しますので、その辺りの問題がなければ活用いただけますよ。

 

facebookグループ作成

こちらのFacebookグループURLをクリックして、「グループを作成」ボタンを押すと、そのグループを公開にするか非公開にするか、誰をグループに入れるかなどが設定できます。ここで、秘密のグループとして設定をすれば、外部に公開されることなく、より、密なコミュニケーションを取ることができます。


コールトゥーアクションボタン

Facebookページに来てもらったあと、どんなアクションをとって欲しいですか?あなたの商品を買ってもらいたいですか?お店に来てもらいたいですか?まずは、自分のネットショップをのぞいて欲しいですか?

 

Facebookページに、「購入する」「予約する」「詳しくはこちら」など、ボタンを設置&別サイトに移動するURLが設定できるんです。

f:id:storesblog:20170409140854p:plain

▲設定できるラインナップ▲

 

1つのみになりますが、いつでも設定は変えられるので、考えすぎずに色々とお試しいただけますよ。

 

運営の参考になるFacebookファンページ例

@uniqlo 
ユニクロ公式Facebookページ

 

「購入する」ボタンが設定されていますね。投稿する内容は、ユニクロ商品のコーディネートや新商品の訴求など、様々です。ブランドイメージを形成する動画も投稿されているので、どのようにアパレル商品をPRしているのか、勉強になりますよ!

 

@magnoliabakeryjapan 
マグノリアベーカリー公式Facebookページ

 

「今すぐ電話」ボタンが設定されていますね。投稿する内容は、新作ケーキや営業時間の告知などです。ネットショップでは、オーダーメイドケーキを受注販売しているので、投稿内容の中には、オーダーメイドケーキで作ったケーキのスナップがあります。

お客様からの写真の投稿も受け入れているので、直接のコミュニケーションもされていますよ。

 

@hikohome 
hiko home公式Facebookページ

 

「購入する」ボタンが設定されています。hikohomeさんは、ハンドメイドの入園・入学グッズを販売している、個人で活動している人気のネットショップオーナーさん。

 

個人活動になるため、新作などの商品発表以外にも、プライベートのスナップも投稿されており、人となりがわかる温かみのある内容になっています。個人で展開されている方は参考になるのではないでしょうか!

 

@happyball 
happyball公式Facebookページ

 

可愛らしいくす玉が作れる「ハッピーボール」公式Facebookページも、「購入する」ボタンが設定されていますね。happyballさんの投稿は、実際に使われているシーンや、活用イメージを中心に投稿されています。

 

自分の商品を買ったあと、どんな感じになるのだろう!というイメージが湧きやすくなるので、とても有効な投稿だと思います!雑誌やWEBメディアへの掲載なども告知されているので、ストーリーなども上手に読者さんに伝えていますね。


@andu amet 
andu amet公式Facebookページ

 

エチオピアシープの皮を活用したスタイリッシュなバックを販売しているandu ametのFaceobookページ。「購入する」ボタンを設定しています。

 

エチオピアで生産をしているところから、生産過程など、写真を上手に使い、ストーリー仕立てで伝えています。こだわりのある商品であれば、生産過程や生産者の顔が見えると、より共感度がUPしますよね。

参考になると思いますので、ぜひのぞいてみてください。

 

この記事を運営しているSTORES.jpのFacebookページはこちらです!
STORESjp

ネットショップオーナーさんにとって有益な情報をお届けしていますので、よかったらフォローしていただけると励みになります!

 

終わりに

Facebookをネットショップ集客で活用するためには、まずFacebookページを作り、ページや投稿にいいね!やフォローをしてもらう為に、お客さんの為になる投稿を心がけましょう。深いコミュニケーションができるSNSとなるので、ライブ動画をしてみる、お問い合わせも受け付けてみるなどの活用もおすすめです。

 

ぜひ、Facebookを上手に活用してネットショップ運営の集客にお役立てください!

 

 

関連記事 

 1. ネットショップ集客でTwitterを活用するために知っておくこと

 

 2. ネットショップにSNSのリンクを貼ろう

 

  

簡単にネットショップを立ち上げたい方はSTORES.jp!

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップ/オンラインストアが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

ご登録がまだの方はこちらから。無料からご利用いただけます!

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆ 

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain 

丸わかり!〜STORES.jpで利用できる決済方法のまとめ〜

f:id:storesblog:20170410122315p:plain

 

最短2分!誰でも簡単にネットショップが作れるサービス、STORES.jp。

既にネットショップを開業されている方も、これからネットショップを開業される方からも、必ずもらうお問い合わせが

 

「STORES.jpで利用出来る決済は何ですか?」

 

という内容。

そこで今回はSTORES.jpで利用可能な決済方法をおさらいしてみましょう!!

 

 

STORES.jpの決済方法は何がある?

決済方法 フリープラン プレミアムプラン 決済手数料
クレジットカード 必須 必須 5%
銀行振込 必須 選択可 5%
コンビニ決済 必須 選択可 5%
翌月後払い 必須 選択可 5%
PayPal 必須 選択可 5%
代金引換 × 選択可 無し

STORES.jpに設置されている決済方法は表に記載されている6種類。

ネットショップ作成サービスの中でも決済方法の種類は豊富だと思います!!

 

クレジットカード 

インターネットでのショッピングブームに伴い、ここ数年で利用者数がグッと増えたのがクレジットカード決済。

ネットショップを開設するなら、マストな決済方法だと思います!!購入してくれるお客さんを多く獲得するためにも欠かせない決済方法です。

 

メリット デメリット
●お客さんの支払いの手間がない          
●注文完了と同時に決済が完了する
●クレジットカード持っていない人は利用できない    
●インターネット上でクレジットカードを使うことに抵抗がある人がいる
 メリット

クレジットカード決済のメリットは、なんといってもお客さんの支払いの手間が省けるという点。

学校や仕事で銀行の営業時間に振込みに行けない、支払いを忘れてしまいそうで心配、という方でも注文と同時に決済まで完了するので、気軽にネットショップを利用してもらいやすくなるというメリットがあります。

デメリット

クレジットカードの不正利用などが発生した際には、ネットショップオーナーさんへ影響がある、といったデメリットも合わせもっています。また、クレジットカードを持っていない方やクレジットカードをインターネット上で利用することに抵抗がある人には、利用してもらうのが難しい決済でもあります。

銀行振込 

STORES.jpが指定した銀行口座へ入金していただく決済です。

オーダー毎に指定される口座が購入完了メールに記載されるので、メールの案内に沿って代金をお支払いいただきます。

 

メリット デメリット
●クレジットカードでの支払いに抵抗のある方や、年配の方などにも安心して利用してもらえる
●『支払い完了』のメールがSTORES.jpから届くのを待つだけで良い
 (ネットショップオーナーさん目線)
●支払いの際にお客さんへ支払い手数料が発生
●注文日の次の日から3日以内という支払い期限がある
メリット

銀行振込で代金を支払う、という文化が以前よりあった日本なので、クレジットカードでの支払いに抵抗のある方や、年配の方などにも安心して利用してもらえる決済方法です。

また、STORES.jp側で入金の確認を行うため、自分の口座を公開しなくても良いという安心があり、銀行に行って入金確認して…といった手間がなく、『支払い完了』のメールがSTORES.jpから届くのを待つだけで良いという、ネットショップオーナーさんにもメリットのある決済方法です。

デメリット

支払いの際にお客さんへ支払い手数料が発生してしまうこと、支払い期限が注文日の次の日から3日以内という支払い期限があることがデメリットとして挙げられます。 

コンビニ決済

ご注文完了メールに記載されるコンビニ決済番号を用いて、お近くのコンビニまでお支払いいただく決済方法です。基本的にはコンビニの端末から支払いレシートを発券し、レジにて現金で支払う方法になります。

 

メリット デメリット
●時間を気にせず支払いを行うことが出来る
●支払い証明となる領収書が発行される
●『支払い完了』のメールがSTORES.jpから届くのを待つだけで良い
 (ネットショップオーナーさん目線)
●支払い方法が現金しかない
●指定のコンビニが近くにになかった場合に手間がかかる
●支払い期限(注文日を含めた3日)がある
メリット

24時間営業中のコンビニであれば、何時でも支払いを行うことができます。また、支払い証明となる領収書が発行されるので、領収書が必要な方にはとても有効な決済方法だと思います。

また、コンビニ決済も銀行振込同様、STORES.jpで支払いの確認をしているので、ネットショップオーナーさんは『支払い完了』のメールがSTORES.jpから配信されるのを待つだけで良いんです!

デメリット

お支払い方法が現金しかないこと、また利用出来るコンビニが決まっているため、指定のコンビニが近くにになかった場合は支払いまでにたくさんの手間がかかってしまうというデメリットがあります。

また、銀行振込同様、支払い期限(注文日を含めた3日)があるため、支払い忘れなどによるキャンセルが発生しやすくなるといったことも懸念点としてあげられます。

翌月後払い

決済代行会社paidyがお客さんの代金を一時立て替えという形で支払いをします。

購入月の翌月1〜3日の間にお客さんへ支払いの請求が決済代行会社であるpaidyより行われるため、お客さんは請求の案内に沿って10日までにpaidyへ代金をお支払いいただく決済方法です。

※利用にあたり、メールアドレスと電話番号にてpaidyアカウントの作成が必要です。 

メリット デメリット
●注文時に手持ちの額がない場合でもネットショップでのお買い物ができる
●コンビニ決済・各銀行への振込・Pay-easyでの支払いなど数種類の方法がある
●支払い期限までに支払いが完了しなかった場合はペナルティ料金が発生する
●キャンセル期間が他の決済と比べて短い 
メリット

注文時に手持ちの額がない場合でもネットショップでのお買い物ができるので、よりたくさんのお客さんにネットショップを利用してもらえるきっかけになります。

また、paidyへの支払いはコンビニ決済・各銀行への振込・Pay-easyでの支払いなど数種類の方法があり(コンビニ決済の場合は手数料が無料!)、お客さん自身でどの方法で支払うかを選択出来るところも大きなメリットになります。

デメリット 

paidyへの支払い期限までに支払いが完了しなかった場合はペナルティ料金が発生する場合もあるそう。また、請求が購入月の翌月になるので、お客さん自身で自分がいくら利用しているのかといった自己管理が必須といったデメリットもあります。

また、ネットショップオーナーさんの立場では、キャンセル期間が他の決済と比べて短いといった点もデメリットに繋がるかもしれません。

PayPal

PayPalの決済はこちらの記事でも紹介した通り!

支払い方法で分類すると、PayPalもクレジットカード決済になりますが、決済などはPayPalという会社が担当するため、購入の際にクレジットカード情報を入力する必要がないんです。

 

メリット デメリット
●購入の際にクレジットカード情報を入力する必要がない
●利用可能なクレジットカードが増える
●海外決済も可能
●認知度がまだそこまで広くはない
メリット

一度PayPalでアカウントを作成したら、あとは決済の度にPayPalのアカウントにログインするだけで良いので、クレジットカード情報をむやみやたらに様々なサイトに入力しなくて良いという安心があります。

また、利用可能なクレジットカードが増える他、海外決済も安心して行うことができます。

デメリット

たくさんの方に利用されつつある決済方法ではありますが、認知度がそこまで広くはないので、アカウントを作成することに抵抗がある人もいるかもしれません。

また、アカウント情報をしっかり自分で管理する必要があるという点も多少の負担に感じる方もいるかもしれません。

代金引換

商品を受け取る際に代金を支払うシステムです。

 

メリット デメリット
●商品が届かないといった心配がない
●決済手数料がかからない
●配送会社と独自で契約する必要
●長期不在や受け取り拒否される場合がある
メリット

商品到着と同時に支払いをするので、商品が届かないといった心配をお客さんがすることがないこと、また、STORES.jpを介さない決済になるため、決済手数料がかからないことがメリットとして上げられます。

デメリット 

ネットショップオーナーさん自身で配送会社と契約する必要があります。また、受け取り側(お客さん)の長期不在などで商品を受け取ってもらえない場合は、返送扱いとなり、返送料が別途発生する場合もあるというデメリットも合わせもっています。

 

まとめ

選べる決済方法が多い方が購入してくれるお客さんが増えるという考えもありますが、各決済方法のメリット・デメリットをしっかりと理解し、自分の販売している商品の価格やターゲット層を見極め、自分のネットショップにあった決済方法を設定することが何よりも大切になります。

あなたのネットショップにあった決済方法を選んでオリジナルのネットショップを作っていきましょう!!

 関連記事
  1. 決済機能のPayPalが加わりました!

  2. 売上金を翌日にもらおう!!スピードキャッシュが誕生!


  3. STORES.jpの便利な機能をご紹介

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップ/オンラインストアが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

ご登録がまだの方はこちらから。無料からご利用いただけます!

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆ 

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain