STORES.jp MAGAZINE

最短2分で、誰でも簡単にオンラインストアがつくれる「STORES.jp」が、ネットショップ開業/運営に役立つ情報を発信するウェブマガジンです。

ネットショップの送料の決め方と安く抑えるコツは?

f:id:storesblog:20170406100444p:plain

 

ネットショップの運営を始めようとしている人にとって「送料をどのように設定するか」はとても悩ましい問題です。

何も考えずに送料を設定してしまうと、送料が非常に高額になってしまったり、逆にオーナー様にとって苦しい送料になってしまう可能性もあります。

 

そこで今回は

  • 送料のパターンにはどのような種類があるのか
  • どのように送料を設定したらいいのか
  • 送料の相場はどれくらいなのか
  • 送料を抑えるコツはあるのか

をまとめて紹介していきます。

 

これからネットショップを開設しようと考えている初心者の方必見です!

 

主な送料設定パターン

ネットショップの送料パターンといってもその種類はさまざま。各ネットショップの規模や、ネットショップの運営に使っているサービスによっても変わってくるんです。

 

今回はその中でも代表的なもの5つを紹介していきます。

 

全国一律の料金

最も多く見かけるのが全国どこでも一律の送料がかかるパターン。

 

「送料は全国一律600円です」といった表記を見かけることも多いのではないでしょうか?

 

この全国一律料金のメリットは「とにかく分かりやすい」という点。遠方か近辺かを機にする事がないので、オーナー様にとってもお客様にとっても迷う事が少ないです。

 

この場合はお客様の居住地によって送り先からの送料が変わってくるので、全体的にみて大きな損がないように送料を設定する必要があります。

 

一定額以上で送料無料

一律料金についでよく見かけるのが「5000円以上で送料無料」といったように、一定額の購入をする事で送料が無料となるパターン。

 

このパターンを設定している場合、一定額に達していないお客様であっても送料無料の条件を満たすために「ついで買い」をしてくださるケースが発生しやすくなります。

 

お客様あたりの購入単価が増える要因にもなるので、導入しているストアが多いのが特徴です。

 

配送先別の送料設定

東京で運営・発送を行っているネットショップの場合

  • 首都圏: 無料
  • 本州: 500円
  • 九州、四国: 700円
  • 沖縄、北海道: 900円
  • その他離島: 要相談

といったように、配送先の距離に応じた送料の設定を行っているところも多く存在します。距離に応じて無駄のない送料を設定できるので理にかなっている設定方法と言えます。

 

しかしこの場合、沖縄や北海道など遠方のお客様は送料が高額になってしまうのが難点。遠方のお客様からの注文を確保したいといった場合、この方法を設定するのは難しいかもしれません。

 

発送手段別の送料

発送手段によって送料を設定しているケースもあります。この場合

  • ゆうパック: 900円
  • メール便: 300円

といったように、あらかじめ決めておいた送料が使用出来るので無駄がないのが特徴です。

ただしポストに投函されるメール便などを使用する場合が発生するので、商品ページにその旨を記載しておくといいでしょう。

 

送料は完全無料

最後に紹介するのが「全国どこでも送料無料」というパターンです。


最初に紹介した「全国一律料金」の場合と同様、お客様にとって分かりやすい設定方法なのが特徴。

 

また、商品代金以外のお金を支払う必要が無いので、多くのお客様に喜んでいただけます。

 

送料の決め方・考え方

主な送料パターンを紹介したところで、つぎは送料の決め方や考え方について見ていきましょう。

 

お客様は送料に対してシビア

商品を購入することお客様は、当然「出来る限り商品は安く購入したい」と考えています。その為、送料に関しては非常にシビアになります。

 

例えば

 

商品 代金 送料 合計
A 1500円 800円 2300円
B 1900円 400円 2300円

 

という2つの商品がある場合、多くのお客様はBの商品を購入していきます。それほど「送料は安くしたい!」と考えている人が多いんです。

 

これをふまえて、次からいくつか決めかたを紹介していきます。

 

利益率が高い商品を販売している場合

販売している商品の利益率が高い場合、基本的には先ほど紹介したどの送料パターンを採用しても問題ありません。

 

しかしお客様の満足度を考慮すると、ここはやはり送料を無料にして多くのお客様に利用していただくのがいいかもしれません。

 

「一定金額以上で送料無料」が主流

とはいえ、利益率の高い商品を販売しているストアはやはり多くありません。

 

「送料は無料にしたいけど、売り上げは減らしたくない」とSTORES.jpでストアを運営している方が多く設定しているのが「一定金額以上で送料無料」というパターン。

 

この送料パターンを設定しているストアの多くが「送料は全国一律で700円、ただし5000円以上の購入で無料」のように、先ほどご紹介したパターンを複数組み合わせています。

 

先ほど紹介したように、この送料パターンはお客様の「ついで買い」を誘発して1回あたりの注文金額をあげる効果があるのが特徴。

 

送料を無料にするボーダーの金額を決めるときには、オーナー様の運営するショップの1回注文あたりの平均金額から少し上を設定するのがおすすめです。

 

商品代金に送料を上乗せする

配送業者を使用して商品の発送を行う場合、送料は配送業社の設定している金額に依存します。したがって基本的には「発送先から遠いほど配送料金が高い」ということになります。

 

しかし先ほど『配送先別の送料設定』のパートでも紹介したように、地域別の送料設定は遠方のお客様からの注文が減ってしまいかねないのが欠点。

 

そこでよく使用されているのが「商品代金に送料の一部を上乗せし、送料は一律にする」という方法。

 

送料が900円かかってしまう場合、その内の200円を商品代金に含めさせてもらい(3000円の商品を3200円とする)送料として一律700円を設定する、といったものです。

 

【注意】

ご紹介しているこの方法を使うと、商品代金に送料を全額上乗せし、見かけ上「送料無料」として販売してしまうことも可能になります。

 

しかしこの方法はお客様を騙す表示として「景品表示法」に抵触してしまう可能性があります。


仮に送料を上乗せする場合にはあくまで「一部」を上乗せするに留めましょう。

 

送料の平均や相場はいくらなの?

ここまでは個人が運営するネットショップに焦点を絞って紹介してきましたが、大手ECサイトはどのように設定しているのでしょうか?

 

ここでは、大手ECサイトの価格帯から、小規模でオリジナル商品を展開されている通販サイトの相場をご紹介していきます。

 

大手ECサイトの場合

まずは大手ECサイトの送料設定です。

 

サイト名 送料
Amazon
  • 合計代金が2000円(税込)以上の場合は送料無料
  • 2000円未満の場合は350円
  • Amazonプライム会員は無料
楽天
  • 各店舗によって異なる
ZOZOTOWN
  • 送料は一律200円(税込) ※1
ショップリスト
  • 合計代金が4999円以上の場合は送料無料
  • 4999円未満の場合は宅急便送料600円(税抜)
  • ゆうパケット送料は153円(税抜)
ロハコ
  • 合計代金が1900円(税込)以上の場合は送料無料
  • 1900円未満は当日お届け便で500円(税込)
  • 翌日お届け便で350円(税込)
ベルメゾン
  • 合計代金が5000円(税込)以上の場合は送料無料
  • 5000円(税込)未満の場合は350円(税込)
ヤマダウェブコム
  • 合計代金が3000円(税抜)以上の場合は送料無料
  • 3000円(税抜)未満の場合は500円(税抜)
ヨドバシドットコム
  • 送料無料

 

※1 2017年11月1日から変更 

 

こうしてみると大手ECサイトはシンプルに全国一律に送料を設定している場合が多く、特に「xx円以上で送料無料、それ以下は全国一律xx円」という設定がよく見られます。

 

小規模ECサイトの場合

小規模ECサイトの場合は以下のような設定が多く見られます。

 

販売商品の系統 主な送料
ハンドメイドアクセサリー系
  • 定形外郵便→120円〜150円
  • 宅配便→700円〜1500円
  • 5000円以上で送料無料
Tシャツ系
  • 定形外郵便: 300円〜500円
  • 宅配便: 800円〜1500円
  • 10000円以上で送料無料

 

小規模サイトの場合は配送方法を複数設定しつつ、一定金額以上のお買い物で送料無料というケースが多いですね。

 

小規模ECサイトを複数調査して、各サイトがどのように送料の設定をおこなっているかをチェックしてみるのもおすすめです。

 

送料を安く抑えるコツって?

ここまで送料の主な設定パターンや、他のECサイトの送料についてまとめてきました。

 

ここからは具体的に「送料を決めよう」という段階になった時に、どのようにすれば送料が安く抑えられるかを紹介していきます。

 

大きさによって配送方法を変更する

最初に紹介したいのが大きさによって配送方法を変更するというもの。

 

宅配便と比較して、メール便などのポスト投函タイプの発送方法は費用を抑えて配送ができるのが特徴です。メール便・宅配便の違いについては『ネットショップ初心者向け!商品発送の方法についてのご紹介!』を参考にしてください。

 

わかりやすいメリットが多いメール便

メール便を使うメリットとしては

  • 配送料金が安い
  • 全国一律料金でわかりやすい
  • お客様が不在でも配送できる

が挙げられます。

 

たとえば日本郵便が提供している「ゆうパック」を都内間で使用したい場合、いちばん小さい60サイズで690円かかります。

しかし同じ日本郵便が提供していることが「スマートレター」を使用することで、配送料は180円へと削減することができます。

 

さらに「スマートレター」は全国一律で180円という価格設定になっているので、商品が小さい場合はこちらを活用する方がお得になってくるんです。

 

一方、メール便を使用することで生じるデメリットとしては

  • 宅急便と比較して配送に日数がかかる
  • 配送できる商品の大きさに限りがある
  • 追跡サービスがない場合が多い
  • 破損・紛失の保証がない場合が多い

があげられます。

 

特にお客様によっては「商品がどこにあるのかを随時確認したい」という方もいらっしゃいます。そのため、メール便などを配送に使用する場合はあらかじめ追跡サービス・補償の有無を確認する必要があるといえます。

 

配送会社ごとに同一の条件で見積もりを取ってみる

配送会社ごとに同一条件を使用して見積もりを取るのも有効な方法です。

例えば

  • 都内から都内で配送を行いたい
  • 一番小さいサイズで商品を送りたい

場合、配送大手3社の料金はこのように違ってきます。

 

配送会社 配送方法 サイズ 送料
日本郵政 ゆうパック 60サイズ 690円
クロネコヤマト 宅急便 60サイズ 1015円
佐川急便 飛脚宅配便 60サイズ 756円

 

ただしこの金額はあくまでも基本料金で、ここに各種割引が行われたり追加料金が加わる場合もあります。

 

そのためオーナー様が一番よく利用しそうなサイズや、一番配送しそうな配送先を考慮して配送業者を決定する必要があります。

 

法人契約の適用や数量割引の交渉をする

ほとんどの配送会社は法人に対する特別価格や、法人でしか利用出来ないような配送方法を用意しています。また最近では「法人」の定義を個人事業主にまで拡大している配送会社も多く見受けられます。

 

さらに法人契約の場合、毎月の発送料によっては割引価格を適用してくれる場合もあります。その為、多くの商品を配送している場合、ぜひ各配送業者に問い合わせしてみることをおすすめします。

 

最後に

今回の記事ではネットショップの運営にかかせない送料について

  • どんな送料パターンがあるのか
  • 他のECサイトはどのような送料パターンなのか
  • 送料を安く抑えるコツ

について紹介しました。

 

お客様にとっては送料が安いほうが当然嬉しいですが、送料の安さを追及した結果、商品の状態が悪かったり商品が破損してしまったなんてことがあるとトラブルの元になりかねません。

 

さらに商品の破損はトラブルになるだけでなく、お客様からいい印象を持ってもらえなくなってしまうなど、ショップの運営に影響してしまう可能性にもつながります。

 

その為、まずは送料の予算の範囲でお客様に確実に届く配送方法を選択しましょう。その上でパッケージを変える、梱包方法を変えるなど、オーナー様の工夫を行っていくことが重要です。

 

この記事を参考に送料の決め方についてぜひ考えてみてください!

 

 

 

関連記事
  1. 商品発送ってどうすればいいの?

  2. STORES.jpの送料詳細設定について

  3. ネットショップで使いたい決済方法を比較

     

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップ/オンラインストアが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

ご登録がまだの方はこちらから。無料からご利用いただけます!

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain