STORES.jp MAGAZINE

最短2分で、誰でも簡単にオンラインストアがつくれる「STORES.jp」が、ネットショップ開業/運営に役立つ情報を発信するウェブマガジンです。

電子チケットを上手に活用してみよう!

 

STORES.jpのアドオン機能で「電子チケット」機能があるのはご存知ですか?

電子チケットの機能をONにすると、イベントなどのチケット販売をオンラインショップで簡単に行えるようになります。

 

電子チケットの具体的な機能については、電子チケットがカンタンに販売できるようになりました!の記事を確認してみましょう。


今回は、

  • どんな商品やどんなシーンに電子チケットって活用できるの?
  • 電子チケット、興味はあるけどどんなものを販売したら良いかわからない!
  • みんなはどのように電子チケット機能を活用しているか知りたい!

そんな悩みを持つネットショップのオーナーさんの疑問にお答えするために、STORES.jpで実際に電子チケットを販売しているストアを紹介していきます。

どんなアイテムを電子チケットに使っているのか、ぜひ参考にしてみましょう!

 

①電子チケットはどんなもの・どんなシーンに活用できる?

  • 電子チケットってどんなものに活用できるんだろう?
  • どんなシーンに活用できるんだろう?

と疑問に思う方へ、まずはどんなもの・どんなシーンに活用できるかをまとめてみました。

 

電子チケットを活用できる商品・シーン

  1. イベントやワークショップの参加券として使おう
  2. 無料イベントの参加券として使おう
  3. 金券や引換券として使おう
  4. ファンイベントやライブイベントの入場チケットとして使おう

STORES.jpの電子チケット販売機能

STORES.jpの電子チケット販売機能

1. イベントやワークショップの参加券として使おう

大切なお客様をお迎えするセミナーやワークショップ。

イベント当日に、受付に印刷した入場予定者リストとペンを持って、毎回付け合わせをしてませんか?

お名前を探したりお金のやり取りに手間取って気がつけば長蛇の列…なんてこともありますよね?


そんな時こそおすすめなのが電子チケット!

電子チケットを導入すると、入場者リストの印刷もペンも、受付様の机や椅子も不要、入場までの対応をとてもスムーズに行うことが出来ます。

 

2. 無料イベントの招待券・参加券として使おう

STORES.jpのプレミアムプランに申し込みをすると、フリーのチケット(0円の電子チケット)を販売することができます。

 

「0円のチケットってどんなことに使うんだろう?」と思うかたもいますよね?

0円チケットは、招待券や参加券として活用することができます。

招待券や参加券が必要になるイベントというと、普段販売しているアイテムの新作発会や表展示会、自主制作映画の試写会などですよね?いつも印刷してチケットを送って…とコストがかかっていた部分も電子チケットならコストカットすることができ、カットしたコストを宣伝に回すこともできるかもしれません。

もちろん参加者のチェックもスマートフォン1つでできるので、とっても簡単です。

 

3. 金券や引換券として使おう

 電子チケットは事前決済(支払いをしてからチケットが受け取れる)になっています。そのため、スマートフォンに配信されるチケット自体が、お金と同等の価値のあるものとして取り扱うことができます。

 

例えば学園祭。

子供たちに直接をお金のやり取りをさせるのは心配…という時にも、事前に学園祭で利用できるチケットを購入しておくことで、屋台のフランクフルトやたこ焼きと引き換えることができます。

これなら金銭トラブルなども起きないので安心ですよね?

 

他にも、

  • クリスマスやお誕生日などの記念日ケーキの予約注文品の引換券
  • ヨガやピラティスなどのレッスンチケット

など、電子チケットはこのように金券や引換券として活用することができます。

 

4. ファンイベントやライブイベントの入場チケットとして使おう

オールスタンディング、先着入場、全席自由のイベントの入場券として使うことができます。

スマートフォンの画面をタッチする日時も設定できるので、紙チケットでの日付・時間を確認して…といった作業がいらないのも電子チケットの特徴!

入場整理もスムーズに進めることができるんです。

 

②実際に活用しているストアを参考にしてみよう 

1. Milleturu

アパレルを販売しているMilleturuさんですが、ガウチョパンツのハンドメイドワークショップも開催しています。

ワークショップの参加チケットとして、電子チケットを取り入れています。当日はスマートフォンさえあれば、簡単にワークショップに参加することもできます。

 

Milleturu:ガウチョパンツのハンドメイドワークショップ

Milleturu:ガウチョパンツのハンドメイドワークショップ

 
開催当日、どうしても都合が悪くなってしまったときに作品の作り方を書いたマニュアルと生地を郵送してくれる親切な対応も明記されていて安心です。
ランチもついているのは嬉しいポイントですよね!

 

2.NY Muffin Veg

植物性の材料だけで作るヴィーガンマフィン(焼き菓子)のお店、NY Muffin Vegさん。

フリーのチケット(0円で販売する電子チケット)もうまく活用することで、現金後支払い用チケットとして利用することもできます。

 

NY Muffin:小麦クスクスディナー&マフィン教室

NY Muffin:小麦クスクスディナー&マフィン教室

電子チケット機能を使うと、チケット購入した際に券面が購入者に送られるので、当日支払い時の参加者(チケット購入者)確認も簡単です。
「現金での支払いに対応したい!」「電子チケットも使いたい!」そんなニーズにも答えることができるんです。

 

3. Maniackers Store

東北復興の応援はもちろん、ハンドボールの更なる普及、子供たちの競技力向上など、ハンドボールを通じて、人と人とを繋ぎ助け合って生きていける社会づくりを目的として活動しているManiackers Storeさんでは、ハンドボール大会に参加する出場者を乗せるバスの駐車券として使用されています。

Maniackers Store:【バス専用】大型バス、マイクロバス駐車チケット

Maniackers Store:【バス専用】大型バス、マイクロバス駐車チケット

電子チケットなら特別な発券機を用意しなくても駐車券を発行できるので、施設に設備がなくても管理することが出来ます。

 

4. アミーゴ森崎

精肉店としてお肉を販売している森崎商店さんのオンラインショップ、アミーゴ森崎さんではバーベキューのお肉セットの引換え券として電子チケットを活用しています。

 

アミーゴ森崎:バーベキュー基本セット

アミーゴ森崎:バーベキュー基本セット

 『バーベキューセットを先行購入しておいて、お店でスマートフォンの画面を見せるとお肉と引き換え』
このように先に支払いを済ませておき、後から商品をお客様にお渡しする引き換え券のような用途でも使用できます。
店頭ではスマートフォンの画像を見せるだけで商品を受け取ることができるので、時間の短縮や引き換え券を忘れてしまった…といったトラブルも防ぐことができます。

 

まとめ

今回紹介した電子チケットが活用できるもの・シーンをまとめると、

  1. セミナーやワークショップの入場券
  2. エントランスフリーイベント(無料イベント)の招待券や入場券
  3. 学園祭の金券や引換券
  4. ファンイベント、ライブイベントの入場券

など、幅広く活用できることがわかりました。

他にもアイディア次第であなたのネットショップのアイテムでも活用することがで切るので、ぜひ一度電子チケットの販売にも挑戦してみてはどうでしょうか?

 

 

関連記事
  1. 電子チケットが販売できるようになりました

    officialmag.stores.jp 

  2. STORES.jpの機能

    officialmag.stores.jp

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップ/オンラインストアが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

ご登録がまだの方はこちらから。無料からご利用いただけます!

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain