STORES.jp MAGAZINE

最短2分で、誰でも簡単にオンラインストアがつくれる「STORES.jp」が、ネットショップ開業/運営に役立つ情報を発信するウェブマガジンです。

ネットショップ集客・Facebook活用の基礎知識

ネットショップ集客facebook活用

 

集客をするために、Facebook(フェイスブック)を上手に使いたいなあ、、と思う方は多いのではないでしょうか!

 

Facebookは、世界で17億人(※2016年6月時点)、日本でも2,400万人(※2015年3月時点)が使っている、巨大SNSです。利用は無料ですし、企業もプロモーションやファンとのつながりを活用するために多く使っているので、ぜひ活用していきたいですよね。

 

ここでは、Facebookをネットショップ運営に役立てるための、まずは知っておきたい特徴やメリット、活用法などをご紹介いたします!

 

Facebook(フェイスブック)の特徴と5つのメリット

1:Facebookページを使った実名制のコミュニティが形成できる

facebookページは、何かのテーマに基づいたコミュニティが作れる「場」です。あなたの作ったFacebookページに集まるのは、「実名」の個人のFacebookユーザーです。
Facebookアカウントを持っていないユーザーでもアクセスのできるものとなりますので、PR活動に役立てることができます。

 

Facebookはそもそも、実名制のSNSであるため、あなたの作ったFacebookページにいいね!をしたり、フォローをしてくれる方々はどんな方々か?というところが深く知れることになります。ですので、匿名コミュニティよりも、よりパーソナルなコミュニティ形成につながります。

 

Facebookページを作るにはこちらから


2:長い文章・たくさんの写真で訴求ができる

Twitterは、140文字の制限があるなど、SNSにより、色々な投稿の特徴がありますが、Facebookは、長い文章でも短い文章でもどちらも対応ができるものになっています。

 

例えば、ブログについては、多少の文章がないと見栄えもあまりよくありませんが、Facebookは一言+写真1枚でも十分だったりしますので、短い投稿で問題ありませんし、逆に長い文章を書きたい!たくさん写真を載せたい!という方についても、Facebookのノート機能や、アルバム機能という機能もあるので、読み応え、見応えのある投稿もできるんです。

 

あなたの販売したい商品のストーリーを、短く単発で伝えることもできれば、ボリュームのある記事や写真で伝えることができるので、あなたの商品とショップの相性を考えながら投稿していきたいですね!


3:注目度の高い投稿はいつまでも話題になる

Facebookの投稿は、フォローされたりいいね!される個人ユーザーさんのタイムラインに流れますが、必ずしも、時系列で流れる訳ではありません。あなたの投稿に対して、その個人ユーザーさんがよくいいね!などのアクションをしてくれるような個人ユーザーさんのタイムラインには流れますが、そうでない場合は流れにくい場合があります。

 

なぜなら、個人ユーザーさんは、自分のFacebookタイムラインに流れてくる情報を「新着順に流す」「ハイライト順に流す」「この投稿を出さないようにする」など設定ができるようになっています。

 

ですので、個人ユーザーさんにとって、ためになる、プラスになる投稿でいなければなりません。

 

逆をいうと、注目度が高かったり、いつまでもいいね!やコメントがつくようなものは、最新投稿でなくても、長期間目に止まる可能性のある投稿も生まれてくるのです。

 

4:複数人で運営管理ができる

Facebookページは、複数人で運営をすることができます。運営メンバー登録ができるので、一人で運用せずとも、別の手伝ってくれるメンバーに運営を任せやすくなっています。運営メンバー登録をする時には、追加したいメンバーが個人のfacebookアカウントを持っていることが必須となります。

 

その代わり、いつでも、追加、削除などができますので、店舗や企業では重宝しますよね。


5:日本では30代〜40代やビジネス系・海外により強い

日本では、30代〜40代のユーザーがアクティブなケースが多く、仕事でもFacebookでやりとりをする方々も増えているところから、30代〜の商品やサービスを展開されていたり、ビジネス系(BtoB取引系)の商品やサービスは相性が良いと言われています。

 

そして、何と言っても、海外も含めて17億人以上のユーザーがいます。Facebook広告も簡単に個人でも利用ができるため、日本から海外ユーザーにアプローチをしている方々も少なくありません。

 

ただ、コミュニケーションは、日本語ではないことが多いので、ハードルが少し高くなると思いますが、PRしたい国向けのFacebookページを運用することができそうであれば、おすすめです。

 

ネットショップ運営のFacebook活用法5選

1:日々の出来事などストーリーを伝える

日々の出来事の投稿はもちろん、Facebookでは長い記事やたくさんの写真も投稿できるので、新商品の制作過程をストーリーとしてまとめて投稿することに向いています。

 

文字を読むよりも写真をたくさん載せた方が飽きずにみていただけるケースも多くあるので、ディテールの写真など、1枚だけだと様にならないものでも、複数まとめて投稿することでより、お客さんの為になるような投稿になりますよ。

 

お客様からお問い合わせでよくある商品があれば、その商品に特化したたくさんの写真や内容を載せるのもいいですね。

 

2:購入者限定などのより深いシークレットなコミュニティ形成

Facebookは実名制なので、より深いコミュニケーションを取ることでファンが増えるケースが多くあります。母数は少なくなってしまいますが、新規集客向けではなく、既存顧客向け!と割り切って運営してもいいと思います。

 

よりシークレットなコミュニティ形成として活用したい場合は、Facebookグループの運営の方が合っていますので、本記事下にご紹介しているこちら(URL)をご参考ください。

 

3:海外ユーザーへ告知

世界に17億人のユーザーさんがいるって、本当にすごいですよね。あなたの商品は海外にも販売していきたい場合は、ぜひトライしてみるのをオススメします。


ただ、Facebookページを作って外国語で投稿するだけでは、そのページを発見してもらえるケースがあまりありません。その場合には、少し、上級テクニックになってしまいますが、Facebook広告を出して、ターゲットにしたい国へアプローチしてみるのをおすすめします。

 

1クリックあたり**円、と広告費用を払うタイプなどもありますので、個人でも広告を出しやすいようなプランは用意されています。

 

Facebook広告についてはこちら

 

4:お問い合わせに

Facebookページでお問い合わせ専門で運営するのではなく、Facebookページを運営しているとメッセージを受け取るケースがあります。

 

もちろん、受け取らないような設定もできますが、お客さんと直接、近いコミュニケーションが取れることがメリットになるので、メッセージは受け取れるように設定をしておくのをおすすめいたします。

 

個別でお問い合わせを直接やりとりすることで、より丁寧さが伝わるので、ファンになってくれる可能性も高まります。

 

5:イベント告知やライブ動画機能による深い繋がりを作る

Facebookは新しい機能をどんどん出して、進化しています。イベントの告知やライブ動画なども、気軽に試してみることが可能です。イベント告知ページをわざわざ作る必要もないのでFacebookで告知ができたり、(参加メンバーもカウントもできます)ライブ動画なども、スマホ一つで可能です。

 

深いコミュニケーションができることのメリットを活かして新しい機能は使ってみることをおすすめしいます!

 

イベント作成について

イベントを作成するにはどうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook

 

ライブ動画について

Live | Facebookヘルプセンター | Facebook

 

覚えておきたい便利な3つの機能

予約投稿

日々の運用の効率性を高めるためには、投稿する内容を、いくつも事前に設定しておけると便利ですよね。Facebookページでの投稿は、時間設定ができるので、ぜひ活用してください!

facebook予約投稿

投稿するときに「公開」ボタンの横の▼を押すと、予約設定ができます!

 

セールのスタートや、新商品発表など、そのタイミングで伝えたい内容があると思うので、そういった投稿にはより有効ですよね!

 

秘密のコミュニティのFacebookグループ

Facebookページは、誰でも見られる公開ページです。場合により、一度購入してくれた人のみ、あの勉強会やイベントに参加した人だけの、、シークレットなコミュニティを作りたい。というケースもあるのではないでしょうか。

 

その場合は、Facebookグループという機能を使って、情報交換をすることが可能です。ただ、Facebookグループは、あなたの個人Facebookアカウントを利用しますので、その辺りの問題がなければ活用いただけますよ。

 

facebookグループ作成

こちらのFacebookグループURLをクリックして、「グループを作成」ボタンを押すと、そのグループを公開にするか非公開にするか、誰をグループに入れるかなどが設定できます。ここで、秘密のグループとして設定をすれば、外部に公開されることなく、より、密なコミュニケーションを取ることができます。


コールトゥーアクションボタン

Facebookページに来てもらったあと、どんなアクションをとって欲しいですか?あなたの商品を買ってもらいたいですか?お店に来てもらいたいですか?まずは、自分のネットショップをのぞいて欲しいですか?

 

Facebookページに、「購入する」「予約する」「詳しくはこちら」など、ボタンを設置&別サイトに移動するURLが設定できるんです。

f:id:storesblog:20170409140854p:plain

▲設定できるラインナップ▲

 

1つのみになりますが、いつでも設定は変えられるので、考えすぎずに色々とお試しいただけますよ。

 

運営の参考になるFacebookファンページ例

@uniqlo 
ユニクロ公式Facebookページ

 

「購入する」ボタンが設定されていますね。投稿する内容は、ユニクロ商品のコーディネートや新商品の訴求など、様々です。ブランドイメージを形成する動画も投稿されているので、どのようにアパレル商品をPRしているのか、勉強になりますよ!

 

@magnoliabakeryjapan 
マグノリアベーカリー公式Facebookページ

 

「今すぐ電話」ボタンが設定されていますね。投稿する内容は、新作ケーキや営業時間の告知などです。ネットショップでは、オーダーメイドケーキを受注販売しているので、投稿内容の中には、オーダーメイドケーキで作ったケーキのスナップがあります。

お客様からの写真の投稿も受け入れているので、直接のコミュニケーションもされていますよ。

 

@hikohome 
hiko home公式Facebookページ

 

「購入する」ボタンが設定されています。hikohomeさんは、ハンドメイドの入園・入学グッズを販売している、個人で活動している人気のネットショップオーナーさん。

 

個人活動になるため、新作などの商品発表以外にも、プライベートのスナップも投稿されており、人となりがわかる温かみのある内容になっています。個人で展開されている方は参考になるのではないでしょうか!

 

@happyball 
happyball公式Facebookページ

 

可愛らしいくす玉が作れる「ハッピーボール」公式Facebookページも、「購入する」ボタンが設定されていますね。happyballさんの投稿は、実際に使われているシーンや、活用イメージを中心に投稿されています。

 

自分の商品を買ったあと、どんな感じになるのだろう!というイメージが湧きやすくなるので、とても有効な投稿だと思います!雑誌やWEBメディアへの掲載なども告知されているので、ストーリーなども上手に読者さんに伝えていますね。


@andu amet 
andu amet公式Facebookページ

 

エチオピアシープの皮を活用したスタイリッシュなバックを販売しているandu ametのFaceobookページ。「購入する」ボタンを設定しています。

 

エチオピアで生産をしているところから、生産過程など、写真を上手に使い、ストーリー仕立てで伝えています。こだわりのある商品であれば、生産過程や生産者の顔が見えると、より共感度がUPしますよね。

参考になると思いますので、ぜひのぞいてみてください。

 

この記事を運営しているSTORES.jpのFacebookページはこちらです!
STORESjp

ネットショップオーナーさんにとって有益な情報をお届けしていますので、よかったらフォローしていただけると励みになります!

 

終わりに

Facebookをネットショップ集客で活用するためには、まずFacebookページを作り、ページや投稿にいいね!やフォローをしてもらう為に、お客さんの為になる投稿を心がけましょう。深いコミュニケーションができるSNSとなるので、ライブ動画をしてみる、お問い合わせも受け付けてみるなどの活用もおすすめです。

 

ぜひ、Facebookを上手に活用してネットショップ運営の集客にお役立てください!

 

 

関連記事 

 1. ネットショップ集客でTwitterを活用するために知っておくこと

 

 2. ネットショップにSNSのリンクを貼ろう

 

  

簡単にネットショップを立ち上げたい方はSTORES.jp!

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップ/オンラインストアが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

ご登録がまだの方はこちらから。無料からご利用いただけます!

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆ 

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain