Instagramの画像がそのまま商品写真に!「Instargram画像連携」機能のメリットと設定方法

 

ネットショップの集客に必須ともいえるSNSの中でもInstagram(インスタグラム)を活用しているオーナーさんは多いですよね。そんなInstagramに関連した、STORESの便利な機能の1つに「Instagram画像連携」があります!

 

Instagram販売連携や、Instagramのアカウントリンク設定を知っていてもInstagram画像連携は知らなかった!というオーナーさんは意外に多いです。

 

この記事では「Instagram画像連携」の機能について・設定方法・設定するメリットを詳しく解説していきます!まだ使ったことのないオーナーさんはぜひ使ってみて下さいね。

 

 

「Instagram画像連携」機能について

今回紹介する「Instagram画像連携」機能は、オーナー様がお持ちのInstagramアカウントとSTORESを連携させることで、Instagramに掲載している画像を販売するアイテムのアイテム画像にそのまま設定できる、という機能。

 

すでに編集・加工が終わっている画像をInstagramに投稿している場合、再編集することなく販売アイテムに使えてしまうため、Instagramを活用しているオーナー様ならぜひ設定していただきたい機能になっています。

 

「Instagram画像連携」を使うメリット

「Instagram画像連携」を使うことによるメリットは大きく2つ。

 

  • ダッシュボード上で画像をアップロードする手間が省ける
  • Instagramに投稿済みの画像を編集込みで流用できる

 

少し詳しく解説していきますね。

 

ダッシュボード上で画像をアップロードする手間が省ける 

画像1

 

通常アイテム画像を登録する際は、お使いのスマートフォン・パソコン内に保存されているファイルをアップロードする必要があります。

 

しかし「アップロードしたいファイルがどこにあるか分からない」といったことがあると、使いたい画像が見つからず泣く泣く違う画像を使わざるを得ない場合も...。

 

f:id:storesblog:20191204104556j:plain

 

しかしInstagram画像連携を設定している場合、Instagramアカウントで投稿済みの画像から「使いたいものを選択する」だけでアイテム画像に登録できます。

 

これなら「あの画像ファイルどこにやったっけ...」と悩む心配もありませんね!

 

Instagramに投稿済みの画像を編集込みで流用できる

f:id:storesblog:20191204172459j:plain

 

Instagramは集客ツールとしても非常に優れているSNSなので、投稿する画像には加工・編集が行われているケースが大半。

すでにアカウントを運用しているオーナー様の中にも、画像は丁寧に編集して公開しているという方も多いですよね。

 

Instagram画像連携を有効にしている場合、こうした加工・編集を行った画像もそのままアイテム画像として登録可能なので、アイテム登録のたびに画像加工をやり直す手間も無し。

 

  • うまく加工できた画像をそのまま使いまわしたい!
  • 「新商品販売告知」で使った画像をSTORESのアイテム画像としても使いたい!

 

といった要望も簡単に実現できてしまうのは、オーナー様にとっても非常にありがたいのではないでしょうか。

 


 

機能について軽く紹介したところで、「Instagram画像連携」の設定方法と使い方について紹介していきますね。

 

「Instagram画像連携」の設定方法と使い方

PCからの設定方法

1. STORESにログインしダッシュボード(管理画面)の画面を開きます。ページ左側おの「機能を追加」をクリックします。

 

f:id:storesblog:20200519163938p:plain



 

 

2. アドオンページ内にある「Instagram画像連携」を「ON」にします。

 

f:id:storesblog:20200519163548p:plain

 

以下の画面が表示されますが、「ONにする」をクリックします。

 

image3

 

3. Instagramのログインページに自動的に移動します。連携したいInstagramのアカウントでログインして下さい。

 

image3

Instagramのログインページ

4. ログインすると以下のページに移動します。ログインしたアカウントを確認し、緑色の「承認」をクリックします。

 

f:id:storesblog:20200519163447j:plain

 

 

5. ダッシュボード(管理画面)に自動的に画面が戻ったら、「アイテム」をクリックします。

 

f:id:storesblog:20200519163402j:plain

 

6. アイテムリストのページに移動するので、新しいアイテムでInstagramの写真を使いたい場合は右上の「+アイテムを作成」をクリックします。既に登録済みのアイテムでInstagramの写真を使いたい場合は編集したいアイテムをクリックします。

 

f:id:storesblog:20200528181956p:plain

 


7. アイテム編集画面の「Instagramから写真選択」というボタンをクリックします。

 

f:id:storesblog:20200519162700j:plain

 

8.  先ほど連携設定をしたInstagramのアカウントで投稿している写真が表示されるので、アイテム画像として使いたい写真を選択し「選択した写真をアップロード」をクリックします

画像



 

9. Instagramの写真がアイテム画像に設定されているのを確認します。これで完了です!

画像

 

スマートフォンからの設定方法

スマートフォンでも「Instargram画像連携」の設定を行い、商品画像にInstagram上の画像を使うことができ、手順はパソコンと同様です。

 

1. ダッシュボード左上のメニューアイコンをタップし「機能を追加」ボタンを選択、アドオンページに移動します。その後、アドオンページ内にある「Instagram画像連携」を有効にします。

 

2. Instagramアカウントとの連携ページに移動するので、画像を使いたいInstagramアカウントでログインします。

ログイン後「ログイン情報を保存しますか?」という画面が表示されますが「後で」を選択します。自動的にダッシュボード画面に移動するので、これで設定は完了です。

 

3. メニューアイコンから「アイテム登録」を選択します。

新しいアイテムでInstagramの写真を使いたい場合は下部にある「アイテムを追加する」ボタンを選択します。既に登録済みのアイテムでInstagramの写真を使いたい場合は編集したいアイテムを選択します。

 

4. アイテム編集画面の「Instagramから写真選択」というボタンをクリックします。

先ほど連携設定をしたInstagramのアカウントで投稿している写真が表示されるので、アイテム画像として使いたい写真を選択し「選択した写真をアップロード」をクリックします。

 

選択した画像がアイテム画像として登録できていれば設定は完了です。

 

まとめ

今回の記事では、アイテム画像にInstagramで投稿した写真を使うことができる「Instargram画像連携」のメリットや設定方法、基本的な使い方について紹介しました。

 

すでにInstagram運用に取り組んでいる方や、Instagramで商品画像を多く投稿しているオーナー様に活用していただきたい機能となっているので、まだ使ったことがないオーナー様はぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

関連記事
  1. ネットショップの集客にInstagramを活用しよう

  2. Instagramのクリエイターアカウントについて知ろう!

  3. 購入率がUPする商品写真の撮り方について勉強しよう

STORES なら誰でも無料で
本格的なネットショップが作れます。

専門知識不要で豊富なテンプレートと
カスタマイズ機能で自分だけの表現が
驚くほどかんたんに!

\毎月10,000店舗開設/

ネットショップを無料作成