「作家さんと使い手さんを繋げる」初めてのネットショップで思いを叶えたKinilu

f:id:storesblog:20200821170945j:plain


毎月10,000件のショップがお商売を始めているSTORES(ストアーズ)には、個性豊かなショップオーナー様がたくさんいらっしゃいます。

 

ネットショップを始めたいけど、顔が見えない中でも購入してもらえるのか不安に感じることもあると思います。今回は、2020年6月に作家ものの器をセレクトしたネットショップを始めたKinilu(キニル)さんにお話を伺いました。初めてのネットショップ開設、お顔が見えないお客さまとどのようにコミュニケーションをとっているのか、またネットショップを始めて嬉しかったことも教えていただきました。

 

これからネットショップを始めたい、でも…と不安やお悩みを抱えている方の参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

 

作家さんと使い手さんを繋げたい

ーKiniluを始めたきっかけを教えてください。

 

祖父が陶芸をしていたり、私自身料理をすることが好きなので、気付けば作家ものの器にどっぷりとハマっていました。でも子どもが生まれてからは、個展に行こうと思っても行ける回数が減り、また店舗にも子連れだと入りにくいこともありました。歓迎していただける店主さんももちろんいたのですが、ワレモノを扱っている以上、お店の方が気にされるのもわかります。

 

そんな時にお子さんのいる器好きな方とお話をする機会が何回かあり、みなさん私と同じことを思っていたことがわかりました。ならば、ネットショップを始めて、作家さんと使い手さんを繋げるお手伝いを私がやればいいのではないかと思いました。

 

ー鵜澤さんのご経験がネットショップを始めるきっかけになったんですね。販売する作品はどのように選ばれているのでしょうか?

 

私自身が愛用している作家さんの作品や素敵だと思う作品のみを販売しています。現在、ネットショップに掲載している商品は私も実際に愛用している作家さんの作品です。

 

ーそうなんですね。愛用されている作家さんだと、より商品にもこだわりがあると思うのですが、こだわりを伝えるために工夫していることはありますか?

 

ネットショップだと実際に手に取っていただくことができないのが難点だと思うので、その難点を少しでも解消するために私が実際に器を使って、料理を盛った写真を商品ページやInstagramにアップしています。購入をご検討いただいている方が器を使うイメージを持っていただけるかなと思っています。

 

また、今後は器の紹介を兼ねてレシピを紹介していければと考えています。

 

ー今回、初めてネットショップを立ち上げられたかと思うのですが、不安なことはありましたか?

 

お顔が見えない中で、コミュニケーションを取らなければいけないことが不安でした。ご購入前には先ほどお話したように、なるべく写真で商品をお伝えし、ご購入いただいたお客様には手書きで一筆添えています。一筆添えることで、お返事のメールをいただくことがあるので、そこで何通かやり取りをして、コミュニケーションを深めています。

 

ーお顔が見えない中でも色んな工夫をされているんですね。

お客さまからのお礼のメールが何通も

ーKiniluを始めて嬉しかったできごとはありますか?

 

6月にオープンしたばかりですが、購入してくださったお客さまからお礼のメールを何通もいただいたことです。個展に行かないと購入できない作家さんだったり、タイミングが合わずなかなか購入できなかった器たちをオンラインで販売してくれたことで購入できたというお声をたくさんいただきました。

 

ネットショップを始めたきっかけでもある、作家さんと使い手さんを繋げるお手伝いができているということが何より嬉しかったです。

 

 

ー素敵なエピソードをありがとうございます!
数あるネットショップ作成サービスの中でSTORESを選ばれたのはなぜでしょうか?

 

ショップ開設、商品の掲載から販売までの作業がわかりやすいと感じたからです。1つの商品に写真を15枚掲載できるところも気に入っています。また、実際に私自身もSTORESを利用しているお店で買い物をしたことがあったので、購入するお客さまも使いやすいのではと思いました。

 

f:id:storesblog:20200821070141p:plain

Kiniluのネットショップ

 

ーありがとうございます!最後に、今後挑戦したいことを教えていただけますか?

 

直接お客様とお会いする機会をつくりたいですね。

そこでお話をしながら、どのような作家さんの作品に興味があるのかを伺って、今後の参考にしたいなと考えています。また顔を知らない店主よりも、一度でもお会いして安心していただける機会になればいいなと思っています。

 

 

文:ストアーズ・ドット・ジェーピー広報 加藤千穂
写真:Kinilu 提供

 

関連記事
  1. 有田陶器市の中止をきっかけにネットショップを始めた「貝山窯」にインタビュー

  2. ヴィンテージ雑貨を販売する京都のお店「酢橘堂」にインタビュー

  3. 刺繍工房の3代目が始めたファクトリーブランド「iCONOLOGY」にインタビュー

STORES なら誰でも無料で
本格的なネットショップが作れます。

専門知識不要で豊富なテンプレートと
カスタマイズ機能で自分だけの表現が
驚くほどかんたんに!

\毎月10,000店舗開設/

ネットショップを無料作成