お知らせ 資料ダウンロード

【2021年最新】誰でも簡単に無料からできる!おすすめのオンラインスクールの作り方

パソコン操作

 

オンラインスクールを開きたいけど作り方がわからない、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でヨガ教室や料理教室などのレッスンやスクールを開くことができない、新しい生活様式が取り入れられる中、早い段階でビジネスをオンラインに移行させたいという方は多いのではないでしょうか。

 

特に、今はビジネスの転換期とも言えます。コロナ禍で人々の生活は大きく変わり、非接触の中でも日々の生活を充実させたいと考える方が多くなってきていますよね。この傾向はしばらくは続くことが予想されるため、新たにビジネスを始める方もリアルでスクールや教室を行っていた方も早い段階でオンラインを取り入れた方が得策とも言えそうです!

 

今回はパソコンやプログラミングの知識がない方でも大丈夫!1日でオンラインスクールを作る方法をご紹介したいと思います。

オンラインスクールとは

オンラインスクールとは、インターネットを通して遠隔で行う、時間や場所に囚われない教育手段のことです。オンライン教室、オンライン授業とも呼ばれ、英会話教室やピアノ教室、ヨガ教室といった習い事、学校や大学で行われる授業、セミナーなど様々な分野でオンラインスクールが取り入れられています。

 

コロナ禍で、密を避け、講師側も生徒側も感染リスクを抑えるためにオンラインスクールが見直されましたが、前述したとおり、時間や場所に囚われないという点で、これまで通うことができなかった遠方の方、海外の方などもオンラインで参加が可能になるなどメリットも改めて見直されてきています。

オンラインスクールの種類

オンライン授業の形式は、厳密には「録画」と「LIVE配信(生放送)」の2つに分けることができます。どちらを利用するかは、スクールの内容、目的、状況によっても異なります。

録画 LIVE配信
メリット

・講師は自分のペースで授業を進めることができ、受講者も自分のペースで授業を受けることができる

・大人数で同時にオンライン授業を行うことができる

・双方向でのコミュニケーションが可能なため理解度が高まる

・質問があれば随時可能

デメリット ・一方的な講座になってしまう ・通信環境によって不安定な場合がある

塾や予備校の授業、社員研修などは録画、英会話教室、ピアノ教室、ヨガ教室といった習い事はLIVE配信が向いています。

オンラインスクールを作るのに必要なもの

ここからは、オンラインスクールを作るのに必要なものをご紹介します。オンラインスクールを作る際、最低限必要になるのは、会員管理システム(予約システム)、パソコンです。他にも、教材や必要に応じて、カメラ、マイク、照明などがあると便利でしょう。

会員管理システム(予約システム)

会員管理システム

 

オンラインスクールを運営する上で欠かせないのが会員管理システム(予約システム)です。会員管理システム(予約システム)を利用することで、オンラインスクールの受講予約、オンライン決済、実際のオンラインレッスンが一つのシステム上でスムーズに完結します。

 

おすすめの会員管理システム(予約システム)が STORES 予約 。STORES 予約であれば、会員管理機能、オンライン決済機能があるだけでなく、ビデオ会議ツールのZoomと連携しているためオンラインレッスンがスムーズに行えたり、メールが自動で送れたり、月額課金・回数券機能にも対応しています。

 

作り方も簡単!パソコンの知識関係なく直感的な操作であっという間に予約システムの導入が可能です。実際の設定は設定はこれだけで大丈夫!STORES 予約の簡単3STEP!の記事を参考にしてください。(とっても簡単ですよ!)

 

ちなみに、会員管理システム(予約システム)を導入しない場合、顧客管理、決済管理、メール送信を個別に対応しなければならないので、生徒さんが多いととても大変です!

例えば、決済管理のところで銀行振込にすると毎月、生徒さんは入金手続きをして、その都度口座確認をしないといけません。誰がいつ支払いをして、いつまでに支払ってもらわなければならないのかを管理するのも複雑ですし、お金のやり取りを何度もするのもお互い気持ちが良いものではありません。

メール送信一つをとっても、その種類は様々。予約日の前に送るリマインドメール、受講後のありがとうメールなど送る作業だけでも手動で行うのは大変です。できれば、こういったオンラインレッスンに関する業務を全て自動化させて、今後の事業拡大のためにもオンラインレッスンを行うという本業だけに集中することをおすすめします。

 

オンラインレッスンのはじめ方は、資料でも解説しています。
もっと詳しく知りたい方は、下のボタンからダウンロードしてみてください!

 

オンラインレッスン

教材

これまで、対面でレッスンを行ってきた方は改めて教材を準備する必要はないかもしれませんが、オンラインレッスンを始める方や改めてオンラインレッスン用に教材を準備したいと考えている方は作る必要があります。

 

例えば、料理教室であれば、当日一緒に作る料理の材料やレシピ、その他食材の豆知識であったりうまく作るコツなどをPDFなどにしてダウンロードできるようにしていると受講者の方は便利でしょう。食材と一緒にレシピを含めた教材資料を送るというサービスも喜ばれるかもしれません。

パソコン、スマホ、その他

パソコンやスマホ、カメラ、マイク、照明などは必要に応じて準備しましょう。まずは、お手持ちパソコンやスマホで十分かと思いますが、例えば、ヨガ教室などであれば、ヘッドセットがあった方が便利かもしれませんし、料理教室などではカメラスタンドやスマホスタンドがあった方が便利かもしれません。行うレッスン内容に応じて、必要機材は準備しましょう。

オンラインスクールの事例

SOZOW

 

Go Visionsさまは小中学生向けのオンラインスクール「SOZOW(ソーゾウ)」を開催しています。オンラインスクール開講と同時に予約システム STORES 予約 を導入いただいているGo Visionsさま。STORES 予約 を選んだ理由についてインタビューでこのように答えていただいています。

 

オンラインスクール開講に向けてチケット制で予約ができるように自社で開発もしていました。しかし、どのような形でお客さまに提供すれば快適にご利用いただけるのか、検証する項目があまりに多すぎたため、予約システムの導入を検討するようになりました。


様々な予約システムを比較・検討したところ、導入実績を含め、月謝制とチケット制の機能がしっかりしていてすぐに使うことができるというところが決め手となり STORES 予約 を導入することにしました。

 

オンラインレッスン

 

スパルタ英会話さまは、新型コロナウイルスの影響で、以前から構想していたオンラインレッスンを開始されました。STORES 予約 を使ってオンラインレッスン運営上で工夫している点についてインタビューでこのように答えていただいています。

 

今までは一部を除いて教室ごとに予約ページがあり、お客様は通われている教室の予約ページからレッスンを予約・受講されていました。


しかしオンラインレッスンを開始するにあたり、既存のお客様や今まで教室でのレッスンを受講することのできなかった遠方のお客様を一括で管理する新たな予約ページの作成が必要であると考えました。


STORES 予約 のシステムは新たな予約ページの作成が大変容易であったため、スムーズに準備を進めることができ、お客様への新たな予約ページの告知とアプリの登録方法のご案内を行い、スムーズにオンラインレッスンを運営することができています。

まとめ

オンラインスクールを作るのは難しそうに思えますが、会員管理システム(予約システム)を利用すると驚くほど簡単にオンラインスクールを作ることができますよ!どうやったらいいのかわからないと迷われていた方はぜひ、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

オンラインレッスンのはじめ方は、資料でも解説しています。
もっと詳しく知りたい方は、下のボタンからダウンロードしてみてください!

 

オンラインレッスン

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:03-6705-8497
(平日10:00−18:00)