お知らせ 資料ダウンロード

店舗にキャッシュレスを導入!いますぐやるべき3つの理由とは

キャッシュレス 導入

 

この記事では、キャッシュレス決済をお店に導入することでうまれるメリットをご紹介します。

レジ周りのコスト削減 

キャッシュレス決済を導入すると、レジ周りの作業時間を短縮することができます。 まずお会計がスムーズになるため、繁忙する時間帯でお客様が並んでいてもお待たせすることがありません。釣り銭も不要なため、釣り銭金額のミスも防止できます。

またキャッシュレス決済の売上金額は一目で確認できるため、現金を数えるなどのレジ締めにかかる時間も短縮できます。

これにより人員コストの削減や作業効率アップにつながり、接客サービスや商品開発など、他のことに使える時間が広がります。

 

キャッシュレス

集客力アップ・機会損失を防げる

経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」の効果もあり、日本でも幅広い年齢層がキャッシュレス決済を利用するようになりました。それと同時に店舗へのキャッシュレス導入ニーズも高まっています。 すでにキャッシュレス対応を開始した店舗へ行なったアンケートでも、導入理由として「顧客ニーズの増加」がもっとも多く、ついで「客層や売上の拡大」「キャッシュレスポイント還元」という結果となりました。


またキャッシュレス決済が主流である諸外国からの観光客も年々増加しているため、店頭でキャッシュレス対応店舗とアピールすることで来店促進に繋がります。
お客様の欲しい商品が高額で手持ちの現金が不足していても、お店がキャッシュレス決済に対応していれば購入機会を逃すこともありません。

 

集客力

決済場所が広がり利便性も向上

モバイル型のカード決済用端末は充電式で持ち運びが可能なため、ネット環境があれば日本国内どこでも利用することが可能です。決済場所が広がると、様々なシーンでの利便性が向上します。 例えば客席でお会計することでレジ周辺の混雑回避にもなり、訪問・配達先でのお会計時には手持ちの釣り銭不足を気にする必要がありません。


また催事イベントへ出店する際も店舗で使っている端末をそのまま持ち運べるため、店舗と催事の売上を一括管理することができます。


さらにオンライン決済(※)を活用すれば、来店前の事前決済で当日会計の手間を省いたり、店舗への来店が難しい方へも請求が可能です。

 

※オンライン決済(STORES 請求書決済)について詳しくはこちら▼

 面倒な請求作業はもう不要!メール1通でかんたん請求「STORES 請求書決済」とは?

 

請求

 

現金でのお会計は、慣れている作業であっても思っている以上に時間や人員コストが発生しているものです。キャッシュレス決済を導入することによって、集客力アップとコスト削減が同時に実現します。 これを機に、ぜひ店舗への導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

STORES 決済 サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:0120-343-577
(平日10:00−18:00)