お知らせ 資料ダウンロード

WordPressでネットショップを開業できる?注意点も紹介

WordPress ネットショップ

 

フリマアプリが台頭し、個人でも気軽にネット販売ができるようになりましたが、自分でオリジナルのネットショップを作りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はWordPressを使ってネットショップを開業するポイントや注意点、さらにはWordPress以外でおすすめのネットショップ構築方法を紹介します。ネットショップ開業の参考にしてみましょう。

WordPressでネットショップ開設がおすすめの人

WordPressは、ブログ作成・管理を行えるCMS(コンテンツ管理システム)の一つです。オープンソースのシステムなので誰でも無料で気軽に利用できますが、ネットショップの開設・運用については、メリットがある人・ない人が存在します。

WordPressでネットショップを開設してメリットを得られるのは、どのような人なのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

扱っているサービスや商品が少ない小規模店

WordPressを使ったネットショップは、小さく展開するネットショップに向いています。ネットショップのターゲット層が広かったり、扱う商品・サービスが多かったりする場合、不便を感じやすくなるでしょう。

そもそもWordPressはブログやHPを作成するためのサービスで、ECサイト構築のために提供されるものではありません。ネットショップを構築するには多様なプラグインを取り込む必要があり、サイトが重く、動作が遅くなることが予想されます。

本格的なネットショップを経営したい場合は、WordPress以外の方法も検討した方が良いかもしれません。

ブログやメディアをすでに持っている

現在WordPressでブログやオウンドメディアを運用している場合、新たにサイトを構築する必要がありません。ネットショップの構築ではプラグインを追加するだけでよく、ショップオープンまでが早いというメリットがあります。

また、WordPressはSEOに強いともいわれており、検索上位に掲載されやすいのもメリットです。ネットショップを開設すれば高い集客効果を発揮して、スムーズな新規顧客獲得が期待できます。

ネットショップをWordPressで作るメリット

WordPressはブログ・HP作成・管理ツールとしての使い方が一般的ですが、ネットショップを経営する人も少なからず存在します。WordPressによるネットショップ構築のメリットについて見ていきましょう。

①コストを抑えられる

WordPressを使ってネットショップを作る場合、基本的に必要なコストは、月々のサーバー代やドメインの取得にかかる費用のみです。有料ASPやECパッケージを利用するよりも、はるかに安価でネットショップを構築できます。

プラグインを取り込めば、ネットショップに必要なカート機能・顧客管理機能・受注管理機能等を無料で使えます。ネットショップ開設後も、ランニングコストはほぼ必要ありません。

ネットショップ開設に当たりコストがネックになっている人には、特にメリットが大きいと言えるでしょう。

②拡張機能が充実している

ECパッケージなどを使ってネットショップを構築した場合、ショップデザインのカスタマイズ性が低くオリジナリティに欠けるというケースが散見されます。

しかしWordPressには自由に使えるテーマが豊富に用意されており、運用者の好み・センスに合わせたサイトデザインが可能です。

また、WordPressには、無料で使えるプラグイン機能も多数提供されています。ネットショップに必要なカート機能や顧客管理機能等も自由に取り入れられるため、コストをかけずにショップとしての体裁を整えられます。

③ショップとブログを統合できる

ブログコンテンツによる集客が可能なのも、WordPressならではです。注目を集めたい商品やサービスについて質の高い記事を書けば、それを目的とした多くの見込み顧客獲得を期待できます。

見込み顧客が商品・サービスの紹介記事に共感してくれれば、そのままネットショップで購入してくれるでしょう。

またWordPressは、ほかのSNSとの親和性が高いという特徴があります。プラグインを追加すればWordPress内の記事を自動でFacebookやTwitterに反映させることができ、より広範囲な販促が可能です。

近年は、SNSからバズる商品・サービスが少なくありません。SNSを使ったマーケティングが可能なのは、大きなメリットといえます。

ネットショップ構築に必要な機能

ネットショップとして『店舗』の体裁を整えるためには、WordPressにさまざまな機能を追加する必要があります。ネットショップを運用していく上で、「これだけは備えておくべき」という機能を紹介します。

カート・決済機能

カート機能は、顧客が選んだ商品を自動リスト化したり、自動計算したりする機能です。実店舗の『買い物かご』のような役割があり、顧客は購入確定前に選んだ商品をチェックしたり、削除したりできます。

カート機能があれば、商品購入を終えた顧客に確認メールを送ったり、サイトに購入履歴を保存したりすることも可能です。

また決済機能は、支払いに関わる機能です。商品購入手続きを行う顧客に対し、対応可能な決済方法を提示します。支払い方法が少ないとそのまま離脱してしまう顧客も多いため、なるべく多彩な決済方法をそろえておきましょう。

特に人気の高い決済方法としては、『クレジットカード決済』『後払い決済』『電子決済』などがあります。

受注管理システム

受注管理システムは、注文受付から出荷管理までを行うシステムです。

顧客がネットショップで商品を購入した場合、受注管理システムが『注文商品の出荷指示』『在庫量のアップデート』『注文確認・出荷メールの送信』など、受注に関する業務を一元的に管理します。

注文から配送までがスムーズになり、顧客の満足度向上につながるでしょう。

ただし、店舗とネットショップを同時運用する場合は、実店舗のシステムとの親和性も重要です。プラグインを追加する際は、どのように連携できるのかをチェックしておくことが重要となります。

集客・顧客管理機能

ネットショップの集客力を上げたいなら、集客機能があると便利です。プラグインの中には、顧客に訴求力の高いメールを配信したり、それぞれの好みに合ったレコメンドを提示したりできるものがあります。

このほか新規顧客獲得に有益な機能として『新規会員登録で自動的にポイント付与』『お友達紹介でポイント付与』などもあるので、戦略的に活用してみましょう。

またネットショップでは、商品を購入した顧客の情報管理も必要です。選択肢はさまざまありますが、個人情報の管理は慎重に行わなければなりません。選択肢には有料も含め、信頼できるプラグインを選びしましょう。

問い合わせフォーム

ネットショップでは使い勝手が良い問い合わせフォームを設置すると顧客の反応がよくなると言われます。ネットショップとつながりを持とうとしている顧客を逃さないよう、使いやすく魅力的なデザインがベターです。

WordPressには、カスタマイズ性の高い無料のプラグインがいくつかあります。自動返信や画像認証機能が付随しているものもあるので、ネットショップの形態・ニーズに合わせて選択しましょう。

WordPress以外でネットショップを作るなら?

「誰でも気軽にネットショップを開設できる」として人気・注目を集めているのが、ASPカートシステムです。ネットショップについて「より安全性を高めたい」「将来的に大きく展開したい」と考えている人は、WordPress以外の方法も検討してみましょう。

多くの人が活用するASPカートシステムについて、詳しく紹介します。

最近の主流は「ASPカートシステム」

ASP(Application Service Provider:アプリケーション・サービス・プロバイダ)カートシステムとは、誰でも簡単にネットショップを構築できるシステムです。構築に必要な仕組みは全てクラウド上で提供されるため、自分でサーバーを用意する必要がありません。

料金は無料・有料さまざまあり、機能やネットショップの規模に合わせて選択できます。比較的大規模の店舗にも対応できるため、本格的なネットショップを始めたい人も使いやすいでしょう。

ASPカートシステムのメリット

ASPカートシステムのメリットとして、主に以下のものがあります。

  • ネットショップに必要な機能が一通りそろっている
  • 導入・運用コストが低い
  • 保守管理が不要

ASPカートシステムはネットショップ構築に特化したシステムのため、カート機能や受注管理機能などは標準装備されています。システムを導入すれば、何も手を加えずにショップ運用が可能です。

また、初期費用・月額料金のバリエーションは多く、シンプルなネットショップなら無料で作れます。お試しでネットショップを作りたい人や、「個人でのんびり経営していきたい」という人も、参入のハードルは低いと言えるでしょう。

システムは自動でアップデートされるため、個々でアップデートに対応する必要はありません。契約中、システムは常に最新の状態です。

ASPカートシステムのデメリット

ASPカートシステムのデメリットとしては、『ネットショップが画一的になりがち』という点が挙げられます。

ASPカートシステムは、ユーザーに全て同じプラットフォームが提供されるシステムです。「独自機能を追加したい」「自分だけのサービスを提供したい」という希望には対応できません。

ネットショップの運用が軌道にのって大きく収入を得られるようになった時点で、自由度の高いフルスクラッチなどに移行するケースもあるようです。

プラットフォームの活用も有効

WordPressよりも簡単・手軽にネットショップを開業したい場合は、ネットショップ用のプラットフォームを活用してみてはいかがでしょうか。

 

数あるネットショップ用のプラットフォームから、特に注目度の高い『STORES』について紹介します。

手軽に始められるSTORES


STORES は、パソコン・スマホから簡単にネットショップを構築できる、ASPカートシステムのプラットフォームです。直感的に使えるUIを搭載している上、カスタマイズ機能も豊富にそろっています。HTML・CSSの知識がゼロの人も、不安なくネットショップを構築できるでしょう。

STORES の料金プランは、『フリープラン』『スタンダードプラン』の2種類です。どちらも業界最安水準で、コストをかけずにネットショップを運用できます。

フリープランを選択した場合は、月額料金無料・決済手数料5%、スタンダードプランを選択した場合は、月額料金2,178円(税込)・決済手数料3.6%が必要です。

フリープランでも販売商品の登録数は無制限なので、まずはこちらから始めてみると良いでしょう。

STORES のメリット

STORES を利用するメリットとしては、主に以下のことが挙げられます。

  • カスタマイズ性が高い
  • 決済手段が豊富
  • 店舗経営に必要なあらゆる機能を使える
  • Instagramと販売連携可能


STORES には48種類のテンプレートがそろっており、好みのサイトを作れます。1商品につき15枚〜の画像が掲載できるため、詳細な商品紹介も可能です。

決済手段は、クレジットカード・銀行振込・キャリア決済などがあります。スタンダードコースなら、代引きやAmazon payも使えます。

また、顧客管理・在庫管理・販売実績の分析までを一元的に管理できるのも STORES の魅力です。「ネットショップできちんと売上を出したい」という人も、効率的・戦略的なショップ運営がかないます。

Instagramと販売連携できるため、SNSから顧客の流入が期待できるでしょう。
STORES 公式サイト

安全性の高いショップ開設がおすすめ!

WordPressでもネットショップ構築は可能ですが、プラグインの取り込みが必須です。あまりたくさんの機能を追加すると重くなり過ぎる恐れもあるため、必要な機能を見極めて追加していきましょう。

また、無料で使えるASPサービスも一緒に検討し、ご自身のお店のスタイルにぴったりなものを選ぶことがおすすめです。

 

また以下の記事『ネットショップを開業するために実践したい12の行動リスト』『ネットショップ開業の7ステップ!開業の基本的な流れと集客・販促のコツ』では、ネットショップの開業手順やコツに関して詳しく解説されています。参考にしてください。

 

 

STORES サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規開設の電話相談はこちら
TEL:050-3137-4629
(平日10:00−18:00)

ネットショップ開設 STORES

 

 

関連記事