お知らせ 資料ダウンロード

ネットショップは仕入れの無在庫でも運営可能?おすすめサービスの機能も紹介

stores 仕入れ 無在庫

 

ネットショップの開業にあたり、どのように商品を仕入れるか、在庫はどの程度必要なのか検討しているオーナー様もいるでしょう。実は、ネットショップは在庫がなくても運営可能です。

 

そこで今回は、ネットショップの仕入れにおける無在庫、すなわち無在庫販売をする際の仕入先の種類や、仕入れを無在庫にするメリット・デメリットなどを解説します。

 

本記事の後半では、ネットショップ開業サービス STORES を活用して無在庫販売をしているショップの事例をご紹介するので、併せて参考にしてください。

【ネットショップの開業】ネットショップ(ECサイト)の商品仕入れ方法、おすすめサービスを徹底解説

ネットショップの仕入れにおける無在庫とは?

ネットショップの仕入れにおける無在庫とは、無在庫販売とも呼ばれ、ネットショップが在庫を持たずに商品販売をすることを指します。無在庫販売は古くからある方法で、オーダーメイド品や受注生産も無在庫販売の一種です。

 

ネットショップにおいては、在庫を持たずに商品を出品し、注文を受けてから商品を仕入れるという流れが一般的でしょう。

ネットショップが無在庫販売する場合の仕入先の種類

ネットショップが無在庫で販売する場合、仕入れの選択肢は大きく分けて4つです。
以下では、それぞれの仕入先の概要を解説します。

①ドロップシッピング 

ドロップシッピングとは、ネットショップ上で注文が入ったら、ショップの代わりにメーカーや卸売業者がお客様へ商品を発送する方法です。商品の販売価格はネットショップ側で自由に設定でき、販売価格と卸売価格の差がネットショップの利益になります。

 

ドロップシッピングのより詳しい説明は、以下の記事をご覧ください。

【ネットショップ開業】ドロップシッピングとは?在庫ゼロのネットショップ運営の仕組みや始め方を解説

②メーカー

無在庫販売では、メーカーと直接契約し、メーカーからお客様へ直接商品を発送してもらうことも可能です。前述したドロップシッピングでは、商品を取り扱う代理店を経由しメーカーへ発送を依頼しますが、メーカーと直接契約の場合は自らメーカーと連絡をとる必要があります。

③仕入れサイト

仕入れサイトに登録すれば、在庫を持たなくても、そのサイトの商品を販売できます。商品が購入されれば、仕入れサイトが商品の梱包から発送まで対応してくれるため、ネットショップ側の負担が軽減されるでしょう。仕入れサイトのなかには、ドロップシッピングが可能なサイトも存在します。

④自社製造・生産

外部から商品を仕入れるのではなく、自社で製造・生産するという選択肢もあります。近年では、好きなデザインで簡単にオリジナルグッズを制作できるサイトも存在するため、取り扱う商品によっては気軽に自社製造・生産が可能です。

ネットショップの仕入れを無在庫にするメリット

ネットショップを在庫ゼロで運営することは、初期費用や業務の効率化などの面でメリットがあります。

 

以下で、ネットショップにおける無在庫販売のおもな3つのメリットを確認しましょう。

①初期費用を安く抑えられる

ネットショップを開業する際、在庫を確保するとなると、まとまった初期費用がかかります。しかし無在庫販売なら、仕入れ資金や在庫を保管する倉庫の準備などが不要になるため、初期費用を安く抑えられるでしょう。

②在庫を置くスペースが要らなくなる

在庫を持たないなら、在庫を保管するための大きな事務所や倉庫は不要です。ケースによっては、ワーケーションやノマドワーカーなどの多様な働き方でも、ネットショップを運営できます。

③業務の効率化ができる

大量の在庫を仕入れる場合、一度にたくさんの検品を行なわなければなりません。また、注文を受けた際にスムーズに商品を取り出すため、棚を使って整理したり、ラベリングで管理したりと手間もかかります。

 

一方、無在庫販売ならこれらの作業が不要となり、空いた時間を集客力アップの施策検討などに充てることが可能です。

ネットショップの仕入れを無在庫にするデメリット

メリットの多い無在庫販売でも、場合によってはデメリットと感じられる特徴があります。続いては、ネットショップにおける無在庫販売のおもなデメリットを確認していきましょう。

①利益が少なくなる

無在庫販売は、商品の梱包や発送などの作業を業者に対応してもらうことになるため、一般的に仕入れ価格が高くなりやすい傾向にあります。結果として、利益が少なくなってしまうでしょう。

②問い合わせ対応が難しくなる

商品が手元にないため、手触りや色の濃淡、持ちやすさなどの細かい問い合わせには答えにくくなります。曖昧な回答しかできないと、見込み客が商品の購入を諦めてしまうケースもあるでしょう。

③発送までに時間がかかる

商品の注文を受けてから発送までにかかる時間は、メーカーや卸売業者、仕入れサイト次第です。手元に在庫があれば「○○日までに届けてほしい」などのお客様の要望に対応できる可能性もありますが、無在庫販売の場合は難しくなります。

④仕入れできないことがある

テレビで紹介されたなどの理由で、消費者の関心が特定の商品に一気に集まることがあります。その商品を仕入れたくても、競合店に買い占められてしまうかもしれません。
また、仕入先の在庫システムのトラブルや商品管理ミスなどにより、注文後に商品の売り切れが発覚し、仕入れができなくなるケースもあります。

ネットショップの無在庫販売には STORES の活用がおすすめ

ネットショップの無在庫販売を効率的に行なうには、ネットショップ開業サービス STORES  の「予約販売機能」を活用するのがおすすめです。

STORES の予約販売機能とは?

STORES の予約販売機能は、入荷前の新商品や、受注生産前のアイテムの先行販売ができる機能です。STORES を導入している方は、無料で予約販売機能を活用できます。

 

STORES の予約販売機能についての詳細は、以下の記事をご覧ください。

商品の予約販売が出来るようになりました!

STORES の予約販売機能は以下のネットショップに最適

STORES の予約販売機能は、「無在庫販売や予約販売であることをお客様に伝えたい」「在庫がある商品との配送を分けたい」と考えるネットショップに最適です。

無在庫販売や予約販売であることをお客様に伝えたい

予約販売機能では、商品ページや購入履歴の画面に「予約商品」と表示されます。無在庫・予約販売であることがお客様にわかりやすいため、発送に関する問い合わせの削減にもつながるでしょう。

在庫がある商品との配送を分けたい

販売する商品が、在庫があるものとないものに分かれている場合、配送のタイミングや送料の負担に関するトラブルにつながりかねません。予約販売機能を活用すれば、そもそも同時購入ができないため、商品の配送を分けられます。

STORES における予約販売機能の活用事例 

STORES の予約販売機能は、すでに多くのネットショップに活用されています。

【STORES 活用事例】HI MOJIMOJI「早期割引などの予約特典も取り入れる」

stores

 

アイデア文具を中心に販売する「HI MOJIMOJI(ハイ モジモジ)」では、何が売れるかわからないなかで在庫を持つことをリスクととらえ、STORES の予約販売機能を活用しています。販売数を見込めることで、生産数が調整できるようになりました。

在庫がないため、お客様に商品が届くまでに時間がかかってしまうという点は、早期割引などの予約特典を取り入れることでプラスに変えています。

【STORES 活用事例】漆とロック株式会社「適量生産・適速生産を目指す」

stores

 

漆器のショップ「めぐる」を運営する漆とロック株式会社では、「適量生産・適速生産」を目指し、年1回・3ヵ月間だけの受注期間を設けて漆器の予約生産制をとっています。STORES の予約販売機能を活用することで、漆器が生まれるまでの背景を時間とともにお客様に伝えられるメリットが生まれました。

お客様が漆器の到着を待っている期間は、毎月メールやはがきなどで漆器が育つ様子をお知らせしています。

【STORES 活用事例】「子や孫の代まで繋いでもらえる漆器を作りたい」十月十日のシステムで漆器を届ける「めぐる」

【STORES 活用事例】ユタカ工房「予約販売機能で刺繍の入った服の受注生産」

stores

 

刺繍工房が立ち上げたブランド「ユタカ工房」では、高すぎない価格で、お客様に刺繍をまとう喜びを伝えることを大切にしています。刺繍の入った服は、刺繍を入れる生産工程に時間がかかり、ショップの規模からも在庫販売が難しかったことから、受注生産ができる STORES での開業を選びました。

 

STORES の予約販売機能で受注生産を実現し、多くの方に刺繍の魅力を伝えています。

【STORES 活用事例】「着る人が思ったように、感じたように、着てほしい」身につける人の歴史とともにありたい、刺繍工房のブランドiCONOLOGY



なお、STORES のサービス詳細は以下からご確認いただけます。

STORES の詳細はこちら

ネットショップは無在庫でもはじめられる!

ドロップシッピングや仕入れサイトなどを活用すれば、在庫を持たない無在庫販売も可能です。ネットショップの無在庫販売は、初期費用を安く抑えられたり、業務を効率化できたりと多くのメリットがあります。

 

本記事でご紹介した事例のように、ネットショップの無在庫販売には STORES の予約販売機能がおすすめです。STORES を導入し、在庫を持たないネットショップ運営を始めてみてはいかがでしょうか。

STORES の詳細はこちら

 

また『ネットショップを開業するために実践したい12の行動リスト』やネットショップ開業の7ステップ!開業の基本的な流れと集客・販促のコツ』もぜひチェックしてみてください!

 

STORES サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規開設の電話相談はこちら
TEL:050-3137-4629
(平日10:00−18:00)

ネットショップ開設 STORES

 

関連記事