お知らせ 資料ダウンロード

1つの端末でクレジットカードや交通系の決済が可能!POSレジと決済端末の連動で打ち間違えがないのが魅力 - シナモンロール専門店 代官山 uzu -

 

かんたんに使えるキャッシュレス決済端末 STORES 決済(ストアーズ 決済)は、さまざまな業種・業態でご利用いただいています。

今回は、東京・代官山にあるシナモンロール専門店 代官山 uzu 店長の青木さまにお話を伺いました。
シナモンロール専門店 代官山 uzuさまは、POSレジである STORES レジ を STORES 決済 と連携してご利用いただいています。

シナモンロールというジャンルを確立させる

- シナモンロール専門店 代官山 uzuさまについて教えてください。

uzuは、「シナモンロールのニュースタンダード」をコンセプトにした、シナモンロール専門店です。定番のフレーバー6種類+期間限定2種類の常時8種類を販売しています。

 

ご時世的にテイクアウトや通販の需要が増え、自宅で楽しむ方が多い時代になってきているので、テイクアウト専門にしました。

 

- なぜシナモンロールに着目されたのですか?

前職は、世界的に有名なシナモンロール専門店で働いていました。そこでシナモンロールについて1から学んでいるうちに、自分だったらもう少しこうしたいなど思うようになったんです。

 

また、シナモンロールは、日本だと「パン屋さんにある1つの商品」という位置付けだと思います。そこをジャンルとして確立させたいという思いがありました。
なので「シナモンロールのニュースタンダード」を作っていきたいと考えています。

青木さま

- 常時8種類のフレーバーを販売していますが、製造時のこだわりについて教えてください。

シナモンロールは、食べ応えのある重たいイメージがあるので、それを少しでも和らげるため、マーガリンではなく香り高いバターを使用しています。

 

また、サイズ感も食べやすい大きさにしています。1個でお腹いっぱいというよりは、2個は食べられちゃうサイズ感です。

 

いろんな種類が並んでいるのがかわいいので、ナチュラルな可愛さも意識しています。ケーキ屋さんにきたときの、ときめきみたいなものを感じてくれたら嬉しいです。

小さい店舗でも幅を取らず、アプリで管理しやすい

- POSレジや決済端末の導入にあたって、課題や解決したかったことはありましたか?

今まで働いていたところで長年使っていたのは、よくある大きいレジ。お店のサイズを考えると、幅を取らない小スペースで済むものがいいなと思っていました。

 

また、アプリ内で管理ができると、いろんなことが迅速に確認できるという話も上がっていました。 

 

- その中で、STORES レジ、STORES 決済 を選んでいただいた決め手を教えてください

アプリ上で簡単に日別や決済別で売上確認ができるので、売上管理がしやすく便利なところです。また、新商品を登録するときの手間やレジの見え方などが好印象でした。

 

あとは、事業計画の段階から、ネットショップを開設することを決めていました。店舗が落ち着いたら始める予定ですが、ネットショップの売り上げが今後入ってくるとして、一元管理できたらいいなと考えていたんです。

 

STORES ならネットショップの売上も一元管理できます。そこが大きな決め手でした。

 

今後店舗を増やす場合、売り上げデータの管理が大切です。STORES ならデータとして見やすく、残しておきやすいというのもありましたね。

店内で製造しているため、店舗付近からシナモンのいい香りが漂う

クレジットカードや交通系を1つの端末で決済対応できる

- 導入してみてサービスの使いやすさはいかがでしたか?

レジに関してメインで使用するのはアルバイトの若い方ですが、スマホと同じ感覚で操作できます。直感的にできて使いやすいです。

 

商品を選択するとき、商品名ではなく商品画像が表示されるので、選びやすくミスがありません。商品の並びを、カスタムパネルで調整できるのもいいですね。

 

また、期間限定商品の追加もしやすかったです。自分たちで対応できるので、いちいち管理会社に依頼する必要がないのは楽でした。
管理のしやすさは普通のPOSレジよりも断然にいいと思います。

単品販売でだけでなく、3個セットや6個セットも販売している

- STORES レジ、STORES 決済 と同じブランドだからこその嬉しいポイントはありますか? 

まず、STORES 決済に関しては、クレジットカードや交通系を1つの端末で決済できるのがかなり魅力的だと思います。

 

同じブランドだからこその嬉しいポイントとしては、決済端末がPOSレジと繋がっているので、金額の打ち間違えがないのが嬉しいです。

 

普通のレジだと端末が別になっているので、どちらかを打ち間違えると金額のズレが生じてしまいます。STORES レジ と STORES 決済 なら同じブランドだからこそ、そういったことが絶対起こりません。

 

レジってほとんどアルバイトさんがやることが多いと思うんです。間違いが起きないのは、働く子達にプレッシャーがかからないし、とてもいいポイントなんじゃないかなと思います。

ネットショップを開設し、店舗を増やす

- シナモンロール専門店 代官山 uzuさまが目指すゴールや、直近の目標を教えてください。 

店舗がもう少し落ち着いたらネットショップを始めたいです。そして、2、3年後には2店舗目を作りたいと考えています。

 

このお店ができて終わりではなく、多店舗展開をしたいという思いでブランドを作っているので、そこは大きな目標ですね。

 

この小ささでもお店としてできることをブランド化できたらなと思っています。

 

- 最後に、STORES レジ、STORES 決済 の利用を検討されている方に一言お願いします! 

まず、使いやすいです。通常のレジだとかなり大きいですが、iPadと決済端末だけで済むので、スペース的にスッキリします。

 

数字が大きく映るので見やすく、打ち間違えません。スマートフォンと同じ感覚で操作できるので、みんなが使いやすいポイントなんじゃないかと思います。

 

アルバイトさんでもプレッシャーを感じずにレジ操作ができるので、お客さまに全集中できるのがありがたいですよ。

 

文、写真:ヘイ株式会社 佐藤 妙

 

関連記事