お知らせ 資料ダウンロード

予約システム STORES 予約 のフィットネスジム(オフライン・グループレッスン)向け予約ページ作成方法

f:id:storesblog:20210916172056j:plain

スタートガイドでは、業種ごとのサンプルページをご覧になれます。
本記事では、「フィットネス(オフライン・グループレッスン)」向けのサンプルページの、設定をご説明します。

また、グッズ販売などで STORES 予約 をご活用いただく方法も、記載しています。

 

はじめに

まずは、下記のサンプルページで、お客さまの予約の流れを確認し、イメージと合っているか確認してみましょう!

coubic.com

 

なお、オンラインレッスンを行う場合は、下記のスタートガイドをご覧ください。

officialmag.stores.jp

 

以降は、こちらのページをもとに、設定方法をお伝えします。

STORES 予約 にログイン(https://coubic.com/login)し、設定を進めましょう!

予約ページの作成

作成するページ数

ページ数は、レッスン数に合わせて作成するのがオススメです。

予約ページの例(サンプルページ)

予約ページの例(サンプルページ)

ページタイプ

STORES 予約 には、主に2つのページタイプがあります。

グループレッスンは、 レッスン・イベントタイプ で、ページを作成するのがオススメです。

予約タイプ選択画面

左側の「レッスン・イベントタイプ」の、「選択する」をクリック

 ページの基本設定:わかりやすい動画を見ながら設定しましょう!

ページタイプを選んだら、下記の動画を見ながら、ページを作成していきましょう。

以降では、時間貸し施設のサンプルページの設定を、補足していきます。

 

基本情報

こちらの設定は、上記の動画を見ながら進めていきましょう。

動画の00:15〜01:37をご覧ください。

 

まずは予約ページのタイトル、説明文を入力します。

基本情報の設定画面

基本情報の設定画面

タイトルは、予約ページの最上部に、目立つように表示されます。
説明文は、その下に表示されます。

お客さま画面の、タイトルと説明文

お客さま画面の、タイトルと説明文



説明文には、サービスのアピールポイントや、料金を記載するのがオススメです。
また、レッスン日程、注意事項も、わかりやすく記載しましょう!

サンプルページの、説明文の記載例

サンプルページの、説明文の記載例

任意設定項目

次に、任意設定項目を設定します。
ここでは、会員登録を必須にすること、サービス独自の利用規約を設定することをオススメします。

  • 会員登録は、 STORES 予約 (Coubic)への会員登録を、お客さまの予約時に必須とします。
    お客さまが、 STORES 予約 のアプリを使う場合や、回数券・月謝をご利用の場合は、会員登録が必須です。
  • 利用規約を設定すると、お客さまの予約時に、規約に同意しないと予約できないようになります。
    キャンセルポリシーなど、お客さまに事前に同意してほしい内容を記載しましょう。 

設定が完了したら、画面右上の 次へ をクリックして進みましょう。 

日程・定員数の設定

次に、予約を受け付ける日程を設定します。
サンプルページを参考に、レッスンの日程を登録していきましょう。

こちらの設定は、上記の動画を見ながら進めていきましょう。
動画の01:39〜02:38をご覧ください。

追加した日程が、そのままお客さまが予約できる日程となります。

お客さまの、予約日時の選択画面

お客さまの、予約日時の選択画面

 

 日程を追加したら、画面右上の 次へ をクリックして進みましょう。

 

お支払い方法の設定

次に、お客さまのお支払い方法を設定します。

こちらの設定は、上記の動画を見ながら進めていきましょう。

動画の02:41〜03:10をご覧ください。

お客さまに、クレジットカードを使って決済してもらう場合は、「クレジットカード決済」をクリックし、金額を入力しましょう。
また、現地でお金を受け取る場合は、「現地決済」にチェックを入れましょう。

なお、どちらにもチェックを入れると、お客さま自身でお支払い方法を選ぶことができます。

💡 クレジットカード決済の利用申請

お客さまにクレジットカードを利用してもらうためには、オーナーさま(管理者)にて、クレジットカード決済利用申請 を行う必要があります。

こちらのURL(https://coubic.com/dashboard/seller) より、申請を行ってください。

 

💡複数料金を設定したいときは?

レッスン・イベントタイプの予約ページは、お客さまが支払う料金を、1ページあたり1つのみ設定できます。
もし、複数の料金を設定したい場合は、回数券を作成し、予約ページに紐付けることで可能になります。

手順①:回数券を作成

  • 説明文には、注意事項や、どの予約ページで使えるかを記載しましょう。
  • 予約ページの設定で、この回数券を使える予約ページにのみチェックを入れましょう。

回数券の作成イメージ

回数券の作成イメージ

 

手順②:テスト予約で、お客さまの予約の流れを確認

  • お客さま自身が、回数券を使って決済するか、クレジットカード決済を行うか、選べるようになっています。

お客さまの予約時の、支払い方法の選択画面

お客さまの予約時の、支払い方法の選択画面

 

また、月謝・回数券を使う場合は、後ほど作成して、予約ページに紐付けましょう。
詳しくは、こちらの記事(月謝) や、こちらの記事(回数券) を、確認してください。

作成した予約ページの確認

予約ページの編集

これで、予約ページを作成できました!

予約ページを管理する をクリックすると、作成したページが見られるようになります。

予約ページ作成完了後の画面

予約ページ作成完了後の画面


ここまでの設定内容を修正したり、その他の設定を行ったりするときは、
作成した予約ページをクリックしてください。

予約ページ一覧の画像

予約ページ一覧

番外編: STORES 予約 で物販を行う方法

 STORES 予約 で、物販を行っているオーナーさまもいらっしゃいます。

具体的には、回数券としてグッズのページを作成し、クレジットカードでの決済のみを STORES 予約 で行います。そして、商品のやり取りは、店頭で行います。

まずは、サンプルページの、下記ページをご覧ください。

coubic.com

ページの作成方法

  • 回数券名:商品名を記載します。
  • 説明文:商品の説明を記載します。注意事項も合わせて記載しましょう。 
  • 金額:商品の金額を入れます。
  • 回数 / 有効期限:物販には関係ない項目なので、「1回」、「3ヶ月」などと入力しておきましょう。説明文の中で、「回数と有効期限は、実際は関係ない」旨を記載しておくと親切です。
  • 予約ページの設定:「予約ページと関連付けしない」にチェックしましょう。

物販で回数券を利用する場合の記載例

物販で回数券を利用する場合の記載例(クリックで画像拡大)

ネクストアクション

テスト予約を入れ、その確認や、変更・キャンセルのしかたを確認しよう

□ 管理画面 から、テスト予約を入れよう

□ 管理画面 から、予約を変更・キャンセルしてみよう

 

※プロフィール / 定休日と営業時間 の、スタートガイドの記事はこちら(https://officialmag.stores.jp/entry/rsv-guide-account

月謝・回数券を設定しよう

管理画面 から、月謝を作成しよう

管理画面 から、回数券を作成しよう


※月謝・回数券の作成 の、スタートガイドの記事はこちら(https://officialmag.stores.jp/entry/rsv-guide-products

スタートガイド一覧