お知らせ 資料ダウンロード

予約システム STORES 予約 のスクール向け予約ページ作成方法

f:id:storesblog:20210916172843j:plain

スタートガイドでは、業種ごとのサンプルページをご覧になれます。
本記事では、「スクール」向けのサンプルページの、設定をご説明します。

サッカー教室、スイミングスクール、ランニングスクールなど、
お客さまが決まった日程に在籍している場合に、おすすめのページタイプです。 

※こちらの記事は、スタンダード / プラチナプランにご契約の方向けの記事です。

 

はじめに

まずは、下記のサンプルページで、お客さまの予約の流れを確認し、イメージと合っているか確認してみましょう!

coubic.com

 

以降は、こちらのページをもとに、設定方法をお伝えします。

STORES 予約 にログイン(https://coubic.com/login)し、設定を進めましょう! 

予約ページの作成

作成するページ数

ページ数は、複数のクラスを1ページにまとめるか、クラスごとにページを作成するかで異なります。
1つのページに、複数のクラスを登録することができるため、どちらのパターンでも作成可能です。
お客さまにとってわかりやすい形で作成くださいませ。

ただし、振替ができるクラス同士は、必ず1ページ内に登録する必要があります。

予約ページの例(サンプルページ)

予約ページの例(サンプルページ)

例えば、サンプルページでは、「Over18クラス」で1ページ、「U8/U12/U16クラス」で1ページを作成しています。

そのため、U8クラスに在籍するお客さまが、U12クラスの日程に予約を振り替えることはできますが、Over18クラスには振り替えられない、ということになります。

ページタイプ

スクールタイプ で、ページを作成するのがオススメです。

予約ページタイプの選択画面

画面下部の「スクールタイプではじめる」をクリック

スクールタイプが向いているスクール

スクールタイプは、お客さまが決まったクラスに在籍している場合に、おすすめのページタイプです。 

お客さまが、毎回ご自身で予約するのではなく、予約のキャンセルや振替を行いたいときに、 STORES 予約 を使うようなイメージです。
(例:サッカー教室、スイミングスクール、ランニングスクール、学習塾など)

 

一方、お客さまが、毎回ご自身で予約するタイプのスクールは、レッスン・イベントタイプで作成するのがオススメです。
(例:ゴルフスクール、英会話スクールなど)

レッスン・イベントタイプの作成方法は、こちら(リンク)を参考に、予約ページを作成しましょう。

ページの基本設定:わかりやすい動画を見ながら設定しましょう!

ページタイプを選んだら、下記の動画を見ながら、ページを作成していきましょう。

 

以降では、スクールのサンプルページの設定を、補足していきます。

 

基本情報

こちらの設定は、上記の動画を見ながら進めていきましょう。

動画の00:42〜01:45をご覧ください。

 

まずは予約ページのタイトル、説明文を入力します。

 

基本情報の入力画面

基本情報の入力画面

タイトルは、予約ページの最上部に、目立つように表示されます。
説明文は、その下に表示されます。

お客さま画面の、タイトルと説明文

お客さま画面の、タイトルと説明文



説明文には、クラスの日程・定員担当する先生、注意事項などを記載するのがオススメです。

サンプルページの、説明文の記載例

説明文の記載例

任意設定項目

次に、任意設定項目を設定します。
ここでは、会員登録を必須にすること、サービス独自の利用規約を設定することをオススメします。

  • 会員登録は、 STORES 予約 (Coubic)への会員登録を、お客さまの予約時に必須とするものです。
    お客さまが、 STORES 予約 のアプリを使う場合や、回数券・月謝をご利用の場合は、会員登録が必須です。
  • 利用規約を設定すると、お客さまの予約時に、規約に同意しないと予約できないようになります。
    キャンセルポリシーなど、お客さまに事前に同意してほしい内容を記載しましょう。

設定が完了したら、画面右上の 次へ をクリックして進みましょう。 

クラスの作成

次に、クラスの日程を設定します。1クラスずつ、作成しましょう!

こちらの設定は、上記の動画を見ながら進めていきましょう。
動画の01:48〜03:25をご覧ください。

クラス名・説明文の設定

まずは、クラス名、説明文、カレンダーの色を設定します。
カレンダーの色は、お客様がカレンダーから日程を見る際に、クラスを見分けるために必要です。クラスごとに異なる色を設定しましょう。

 

クラス名、説明文、クラスの色の設定画面

クラス名、説明文、クラスの色の設定画面

設定したら、画面下部の追加をクリックします。

クラスの定員や曜日の設定

次に、定員、繰り返し期間、曜日、時間を設定します。

定員、繰り返し期間、曜日、時間の設定画面

定員、繰り返し期間、曜日、時間の設定画面

画面下部の、クラスを追加するを押して、クラスを追加します。
画面右上の 次へ をクリックすると、作成完了ページに進みます。

クラスの追加 / 作成ページの編集方法

複数のクラスを追加する場合は、続けてクラスを作成するをクリックします。
すると、さきほどのクラスを追加する画面に戻るため、こちらでさきほどと同じことを繰り返しましょう。

作成ページの確認

クラスの追加が完了したら、予約ページを管理する をクリックすると、予約ページが作成できたことが確認できます。

クラスの日程追加後の画面

クラスの日程追加後の画面

ここまでの設定内容を修正したり、その他の設定を行ったりするときは、
作成した予約ページをクリックしてください。

予約ページ一覧の画像

予約ページ一覧

 💡 お客さまの支払い方法は?

スクールタイプでは、お客さまがレッスンごとに都度予約することが、あまりありません。

そのため、支払い方法は、都度払いではなく、主に月謝を利用することが多いです。

貴社のお客さまがはじめて STORES 予約 を利用する際の、一般的な流れは以下です。

手順①:クレジットカードを使って、月謝に加入する
(あわせて STORES 予約 の会員登録を行う)

手順②:スクールの主催者(貴社)に、加入したい日程を伝える

手順③:スクールの主催者(貴社)が、 STORES 予約 上で、お客さまを希望日程に在籍させる

これにより、以降はお客さまが STORES 予約 で予約をせずとも、クラスに在籍することができます。

また、お客さまの月謝の支払い状況を、 STORES 予約 で管理することもできます!

 

*1

 

月謝を作成したい場合は、詳しくは、こちらの記事(月謝) を確認してください。

💡 クレジットカード決済の利用申請

また、お客さまに月謝や回数券を利用してもらうためには、オーナーさま(管理者)にて、クレジットカード決済利用申請 を行う必要があります。

こちらのURL(https://coubic.com/dashboard/seller) より、申請を行ってください。

ネクストアクション

テスト予約を入れ、その確認や、変更・キャンセルのしかたを確認しよう

□ 管理画面 から、テスト予約を入れよう

□ 管理画面 から、予約を変更・キャンセルしてみよう

 

※プロフィール / 定休日と営業時間 の、スタートガイドの記事はこちら(https://officialmag.stores.jp/entry/rsv-guide-account

月謝・回数券を設定しよう

管理画面 から、月謝を作成しよう

管理画面 から、回数券を作成しよう


※月謝・回数券の作成 の、スタートガイドの記事はこちら(https://officialmag.stores.jp/entry/rsv-guide-products

スタートガイド一覧

*1:

※お客さまが、毎回予約を行うように設定することも可能ですが、クレジットカードでの都度払いは利用できません。現地払いか、回数券・月謝を選ぶ必要があります。