お知らせ 資料ダウンロード

【店舗向け】キャッシュレス決済とは?導入前に知っておきたい種類やメリット・デメリットを解説

キャッシュレス メリット

 

「キャッシュレス決済の種類が知りたい」

「キャッシュレス決済にメリットはあるの?」

こんな疑問を抱える方のためにキャッシュレス決済の種類などを紹介します。BtoB、BtoCの観点から、キャッシュレス決済のメリットも確認していきましょう。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、読んで字のごとく、現金を使わずにそれ以外の方法で支払いをする方法や仕組みのことです。2019年10月から2020年6月まで、「キャッシュレス・消費者還元事業」が施行され、お得にショッピングができるということから、よりキャッシュレス決済が身近なものになってきましたよね。

しかし、身近になったとはいえ、世界的に見るとまだまだ日本はキャッシュレス決済の普及が進んでいません。一般社団法人キャッシュレス推進協議会が発表した、「キャッシュレス・ロードマップ2019」では、2016年における主要各国のキャッシュレス決済比率は、以下のような結果になっています。

1位:韓国(96.4%)
2位:イギリス(68.6%)
3位:中国(65.8%)
4位:オーストラリア(58.2%)
5位:カナダ(56.3%)
6位:スウェーデン(51.5%)
7位:アメリカ(46.0%)
8位:フランス(40.7%)
9位:インド(34.8%)
10位:日本(19.9%)
11位:ドイツ(15.6%)

日本は第10位。割合は19.9%とあまり浸透していなかったのがわかります。

この結果を受けて、経済産業省は、東京オリンピック・パラリンピック、大阪万博といった国際的なイベントに向けて、「2025年までにキャッシュレス決済の比率40%を目指す」のを目標として「キャッシュレス・ビジョン」を提唱しました。

キャッシュレス・消費者還元事業後には、約4割の方がキャッシュレス決済での支払いが増えたというデータもあることから、今後もどんどんキャッシュレス決済が増えていくと考えてよいでしょう。

キャッシュレス決済の種類は?

ここからは、キャッシュレス決済の具体的な種類について見ていきましょう。それぞれ、BtoB・BtoCの観点から解説します。

クレジットカード決済

クレジットカード決済

キャッシュレス決済のなかでも、最もなじみ深いのがクレジットカードでの決済ではないでしょうか。

実際、日本国内でもクレジットカードによる決済は多く、キャッシュレス決済の9割がクレジットカードでの支払いだといわれています。

世界中の多くの国で使うことができ、最も信用があるキャッシュレス決済の方法といってもよいでしょう。

クレジットカードを作るためには審査が必要で、人によってはクレジットカードを持つことができないケースもありますが、利用額に応じたポイントの付与や、優待サービスの利用ができるなどお得な制度が豊富なことが特徴です。

クレジットカード決済は、利用できる店舗数も多く、商品やサービスの支払いだけでなく、電機やガスといった公共料金、のほか、各自治体への国民年金保険や国民健康保険の支払いも可能です。

もし自分の店舗でクレジットカード決済の導入をされる場合には、お店側は専用の決済端末を用意する必要があります。また、決済手数料はお店側が支払います。

電子マネー決済

電子マネー決済

電子マネー決済は、クレジットカード決済に次いで利用の多いキャッシュレス決済の方法です。

端末にカードや電子マネーアプリの入ったスマートフォンをかざすだけで簡単に支払いができるのが特徴ですよね。

これらの電子マネーは、大きく分けて「プリペイド式」と「ポストペイド式」があります。

プリペイド式は、商品購入やサービスの利用前に、お金をチャージしておく仕組みです。残高が少なくなったら、お店のレジや専用の機械から自分でチャージする方法と、銀行口座やクレジットカードと紐づけして残高が少なくなったら自動でチャージする「オートチャージ」ができるものもあります。WAONやnanacoといった流通系の電子マネーが主流です。

一方、ポストペイド式は、使用した金額をあとから支払う形式です。交通料金などはポストペイド式の支払いになりますよね。交通系の電子マネーは、SuicaやPASMOが主流です。

電子マネー決済も、クレジットカード決済と同じくお店側が専用端末を用意し、決済手数料や端末の利用料を支払う必要があります。

スマホ(QRコード)決済
QRコード決済

少しずつ利用が増えてきているのがスマートフォンを使ってQRコードやバーコードを読み取る、QRコード決済です。「PayPay」「メルペイ」「楽天ペイ」「d払い」「LINE Pay」がメジャーどころで、いくつかのサービスを使い分けている方も多いのではないでしょうか。

お店側は、QRコードやバーコードを置いておき、お客さんに読み取ってもらいます。専用端末が必要ないため、決済手数料や利用料がかからないため、世界中でも急速に広がっているそうです。

各サービスが独自にポイント還元やキャンペーン、クーポンを発行するなど、うまく利用すれば非常にお得にショッピングができるので、利用者側にもメリットが大きいのが特徴です。

企業間決済サービス

ここまで紹介してきた決済サービスとは少しカテゴリが変わりますが、実際にBtoB、企業間での決済においても、キャッシュレス導入の動きがあります。

クレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済は、個人の決済方法としては非常に身近なものになっていますが、企業間での支払いとなるとあまり浸透しておらず、「銀行振込」が主流となっています。しかし、近年の、金融や決済のサービスとICTを結びつける動きである「Fintech(フィンテック)」の一環として、BtoBの企業間決済においてもキャッシュレス化を進めようとしているのです。

この動きについて、大手金融機関も注目しており、今後、大手決済サービスやクレジット会社などがよりいっそう、キャッシュレス導入に力を入れてBtoB向けのサービスを展開していくと予想できます。

キャッシュレス決済のメリットとは?

キャッシュレス決済の種類について確認してきましたが、どういったメリットがあるのでしょうか。ここでは、キャッシュレス決済のメリット3つを解説します。

お金の管理が楽

人の手でお金を管理していると、どれだけ注意していてもミスが起こる可能性はゼロにはなりません。会計時のつり銭間違いや金額のミスで、売上金に過不足が出てしまうこともよく起こります。

しかし、キャッシュレス決済を利用することによって、お金の管理が楽になるというメリットがあります。キャッシュレス決済ではおつりの受け渡しがないのでそれだけでも人的ミスを減らせますし、売上金の確認も決済システムに任せることができるでしょう。

人が行なっていた細かい確認作業の必要がなくなり、管理業務の負担を軽減することができるのです。

加えて、おつりの用意や売上金をお店に保管しておく必要がなくなり、お店にある現金が少なく済むことから、盗難リスクも減少します。

スピーディーな会計

家電流通業界の動向や、生活に便利な新製品の情報やレビューを発信しているWebメディア「BCN+R」によると、キャッシュレス決済を選ぶ理由で最も多いのが、「スピーディーになるから」という回答でした。

たしかに、キャッシュレスで決済では、クレジットカードを提示したりスマートフォンや電子マネーカードをかざしたりするだけで会計を済ませることができます。レジで財布の小銭を探す手間がなくなり、おつりの受け渡しの時間も不要です。

消費者にとっては非常に利便性が上がり、お店側にとっても、業務の効率化や回転率の向上が期待できます。

非接触での会計が可能

最近では、感染症拡大防止の観点から、人と人との接触をできるだけ減らすためのさまざまな取り組みが進められています。キャッシュレス決済では、現金の受け渡しの必要がないため、感染症対策の一つとしても、メリットがあるといえます。

社会的なコスト削減

「キャッシュレス決済とは」の項目でも解説したように、日本におけるキャッシュレス比率は19.9%、たったの約20%であまり浸透しているとはいえません。一方、中国では約60%(2015年)、アメリカは46%。日本の2~3倍普及していることがわかります。

中国やアメリカをはじめ、ほかの諸外国がキャッシュレス決済を導入する理由には、社会的なコスト削減ができるという点も挙げられます。

経済産業省が公開している資料によると、現金決済を維持するためには年間1兆円のコストがかかるとされています。このコストを、キャッシュレス決済に移行することで削減できると考えられているのです。

特に、QRコード決済では、専用端末を用意するなどのコストが不要です。そのため、お店自体もコストを抑えて業務の効率化ができるうえ、社会的に見ても大きなコスト削減につながることが期待できます。

キャッシュレス決済のデメリットとは?

キャッシュレス決済には、デメリットもいくつかあります。ここでは、お店側が特に意識しておくべきポイントを3つ、ご紹介します。

端末故障時や災害時に使えない可能性がある

キャッシュレス決済は電子端末を利用しておこなうので、端末あるいは利用者のカードやスマートフォンが故障している場合、決済が実行できません。停電などの災害時も同様です。

このようなトラブルに備えて、消費者側は現金もある程度、持ち歩く必要があるでしょう。お店側も、完全キャッシュレスに移行するのではなく、現金決済の選択肢も残しておく必要があり、現金・キャッシュレス2つの会計管理業務が発生することになります。

不正利用やセキュリティリスクがある

クレジットカードやスマートフォンの盗難による不正利用や、QRコードを偽造した詐欺など、キャッシュレス決済はセキュリティリスクが懸念されます。「クレジットカードは怖い」「キャッシュレスは不安」といった印象を抱いている消費者も少なくありませんので、お店側は、セキュリティ基準が十分なキャッシュレス決済の手段を導入する必要があります。

たとえばクレジットカード決済であれば、業界のセキュリティ基準(PCI DSS)に準拠して設計されている決済端末を選ぶと良いでしょう。

STORES 決済 のセキュリティ(個人情報の保護)について

初期費用や月額費用、決済手数料の負担がある

キャッシュレス決済による手数料はお店側が負担することになります。導入するサービスによっては初期費用や月額費用(固定費)がかかる可能性もあります。なかには初期費用・月額費用が無料のものもありますが、決済手数料の負担は避けられません。導入するサービスを検討するときは、決済手数料を比較することをおすすめします。

ここまで見てきた通り、キャッシュレス決済にはメリット・デメリット両方が存在します。メリットだけでなくデメリットもよく理解したうえで、導入を検討しましょう。

はじめての導入には STORES 決済 がおすすめ!

stores決済

 

キャッシュレス決済の一つである STORES 決済 は、決済手数料は業界最安水準で、初期費用(キャンペーン中)や固定費もかからないため、まずはキャッシュレス決済を導入してみたい方におすすめです複数の決済手段が選べるので、専用端末やQRコードをいくつも用意する必要がなく、これまでキャッシュレス決済を導入したことがないというお店でも始めやすいサービスです。

決済手段はクレジットカード決済・電子マネー決済・QRコード決済の3種類があります。それぞれの特徴や決済手数料について說明していきます。

クレジットカード決済

日本のキャッシュレス決済で最も主流なクレジットカード決済。STORES 決済 でも、もちろん対応しています。決済処理がスピーディーで、お客さんを待たせる心配はありません。また、VISA、MasterCardでは、「1回払い」「2回払い」「リボ払い」から支払い方法を選択することが可能です。

STORES 決済 に対応しているカードブランドと決済手数料は、以下のとおりです。

・VISA/手数料:3.24%

・Mastercard/手数料:3.24%


以下のブランドは、2次審査を通過した対象業種に限り、対応可能です。

・American Express/手数料:3.24%

・JCB/手数料:3.74%

・Diners Club/手数料:3.74%

・Discover/手数料:3.74%

電子マネー決済

STORES 決済 では交通系電子マネーでの決済も可能です。ICカードを専用端末にタッチするだけで、スピーディーに決済できます。

利用できる交通系電子マネーは以下のとおりです。決済手数料はすべて3.24%となります。

・Kitaca
・Suica
・PASMO
・TOICA
・manaca
・ICOCA
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん

QRコード決済

QRコード決済は、WeChat Payに対応しています。WeChat Payは、世界で8億人ものユーザーがいる決済サービスです。旅行先でも使い慣れているという方も多いため、販売機会を逃すことはありません。

決済手数料は3.24%です。

まとめ

今後も、日本国内だけでなく世界中でキャッシュレス決済は増えていくことが考えられます。

そのため、飲食店をはじめ、商品やサービスを提供する店舗では、クレジットカードや電子マネー、QRコードなどのキャッシュレス決済を早いうちに導入しておくのがよいでしょう。キャッシュレス決済には多くのメリットがあります。以下には、あらためてキャッシュレス決済導入のメリットをまとめています。

 

お金の管理が楽

 

スピーディーな会計


非接触での会計が可能


社会的なコスト削減


STORES 決済 は、導入後にかかるのが決済手数料のみで、初期費用や固定費ゼロで導入できるキャッシュレス決済です。

解説したとおり、6種類のクレジットカードと9種類の交通系電子マネー、そして、世界で8億人ものユーザーを有するWeChat PayのQRコード決済と、お客さんがさまざまな決済方法が選べるのも魅力です。

 

STORES 決済 の管理は、スマートフォンやタブレットなど身近な端末で可能なため、操作も非常に簡単です。そのため、初めてキャッシュレス決済を導入するという多くの店舗に選ばれています。

決済端末は、通常販売価格が1万9,800円(税込)となっていますが、2020年11月現在では、条件を満たせば、決済端末の費用が実質無料になるキャンペーンが実施されています。達成条件は、以下の3つです(新型コロナウイルス感染拡大の状況から、条件を一部緩和しています)。

 

・新規で STORES 決済 を申し込む方


・加盟店審査を通過している方


・審査通過月を含んだ半年以内で、合計20万円以上の決済がある月がある店舗


さらに、合計50万円以上の決済があった月があれば、もう1台の決済端末が無料になるという追加条件もあります。このキャンペーンは予告なく変更や終了の可能性がありますので、気になる方は早めにお申し込み、問い合わせをしてみてくださいね。

今後も多くの店舗でどんどんキャッシュレス決済は導入されていくでしょう。現在、キャッシュレス決済を検討しているのならば、販売機会を逃す前に、早めに導入するのがおすすめです。そして、そのときには、ぜひ STORES 決済 を選択肢の一つに加えてくださいね。

https://coiney.com/

 

STORES 決済 サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:0120-343-577
(平日10:00−18:00)