お知らせ 資料ダウンロード

Zoomを使ったオンラインレッスンのやり方・はじめ方!事前準備からレッスン当日の流れを徹底解説

オンラインレッスンのやり方・はじめ方


近年急激に利用者数増加している「Zoom」。

英会話レッスンや音楽教室、最近ではヨガなどのフィットネスジャンルのレッスンでも利用されており、Zoom を使ったオンラインヨガやオンラインフィットネスへの注目も集まっています。

今回は、そんな今話題の Zoom を用いたオンラインレッスンのやり方を具体的な設定方法を含めて紹介したいと思います!

Zoomとは?

Zoom とは、いつでも、どこでも、どんな端末からでも、複数人での同時参加が可能な「ビデオ・WEB会議アプリ」になります。

 

Zoom は、Skype などの他のWEB会議アプリと比べ「接続安定性の高さ」や、事前準備において主催者からの URL 通知をクリックすると自動的に Zoom が起動して会議に参加できるなど「参加のしやすさ」が特徴です。

 

また Zoom は、Youtube やその他 SNS のストリーミング配信などと比較するとプライベートな配信を行うことができるため、既存の会員向けにレッスンを行う場合には特におすすめです。

 

なお、無料プランの場合も、レッスン自体の時間制限を除けば、基本的にどんな機能も一通りご利用いただけます。(※ 3 人以上の連続通話は 40 分まで)

 

開催予定のミーティングの規模やミーティングの所要時間によっては有料プランの切り替えが必要ですが、他のビデオ会議アプリに比べてランニングコストが低い点も評価されています。

 

以下は Zoom でオンラインレッスンを行う際のイメージ図になります。

Zoomでオンラインレッスンを行う際のイメージ図

Zoomでオンラインレッスンを行う際のイメージ図

Zoom を利用したオンラインレッスンの流れ

Zoom の特徴をお伝えしたところで、早速オンラインレッスンの準備をはじめていきましょう。

 

Zoom を利用したオンラインレッスンの流れは、大きく以下の ① 〜 ⑤ のステップに分かれます。以下の表では、事業者様とお客様側に分けて、各ステップごとに具体的に何を行うか、またその際に必要となるツールについてまとめてみました。

 

今回は、②レッスン案内〜④レッスン受講方法確認を弊社製品である「予約システム STORES 予約」を使って具体的な設定手順についてご紹介いたします。

 

Zoomを利用したオンラインレッスンの流れ

オンラインレッスン 

 

事業者様の具体的な設定手順

① Zoom ダウンロード

  1. Zoom のアプリのダウンロード

 こちら をクリックし、ページの一番下に表示されている「ミーティングクライアント」を選択

Zoomのアプリダウンロード

ミーティング用 Zoom クライアントのダウンロードをクリック

Zoomのダウンロード

 

  1. Zoom にて無料アカウントを作成する

再度こちらをクリックし、右上に表示されている「サインアップは無料です」をクリックし、アカウントの登録」

 

Zoomのログイン

  1. Zoom にサインインする

登録完了後、こちらより右上に表示されている「サインイン」をクリックし、登録したメールアドレス、パスワードを入力してログイン

 

Zoomのログイン

②レッスン案内

 今回は 無料からで使える「予約システム STORES 予約」を用いた予約サイト作成方法を紹介します。

 

※ 予約システムについては下記の記事を参考にしてください

 

 無料で簡単に!予約システムの作り方

  1. アカウント発行

まずは STORES 予約でアカウント登録 をしましょう!

  1. 予約ページ作成

続いて、予約ページを作成しましょう。予約システム「STORES 予約」は 180 を超える業種に対応している無料から簡単に使える予約システムです。ご自身のビジネスにあった予約ページタイプをお選びください。

 

STORES 予約 管理画面

ヨガやピラティス、料理教室などグループレッスンを実施される場合は「レッスン・イベントタイプ」、パーソナルトレーニングやピアノレッスン、カウンセリングなどマンツーマンレッスンを実施される場合は「メニュー・コースタイプ」がおすすめです。

その際、スタッフ指名を受け付けたい場合は「メニュー・コースタイプ (複数スタッフ登録) をお使いください。

 

自社の業態にあった使い方がわからない、という場合は こちら からお問い合わせいただくと、ご希望に合わせた予約ページが作成できます

 

③決済 (集金) 

  • 支払い方法の設定

STORES 予約 では決済システムが搭載されています!予約ページ > 基本の設定の「お支払い方法設定」にてご設定が可能でございます。

 

STORES 予約 の決済機能について詳しい設定方法が知りたい方は以下 URL からご確認ください。

 

クレジットカードによる事前決済機能の利用方法

 

④レッスン受講方法確認

今回は、Zoom の「ミーティング機能」を使って、オンラインレッスンを実施します。

 

「ミーティング機能」とは別に Zoom には「ウェビナー機能」というオプション機能がありますが、「ウェビナー機能」の場合、受講者の方のカメラやマイクをオンにすることができません。

 

オンラインヨガやオンラインピラティスなどのレッスンの場合、受講者の方の姿勢やポーズを確認したり、レッスン内容によっては参加者の方のお声を聞く必要がある場合があると思います。そうした場合にも「ミーティング機能」がおすすめです。

 

以下の手順にて Zoom 上にてレッスンの受講 URL を作成・お客様へ共有します。

 

  1. こちら よりサインイン 
  1. 左側に表示されている「ミーティング」をクリック

Zoom画面

3.「新しいミーティングをスケジュールする」をクリック

Zoom画面

  1. 各項目を記入

Zoom画面

※項目に関しての詳細は以下からご確認ください。

項目名 概要・設定方法
トピック、説明 レッスン名、レッスン詳細をそれぞれ記入しましょう
例) オンラインヨガ 〇〇クラス
開催日時、所要時間、タイムゾーン 開催日時、所要時間、タイムゾーンを設定しましょう
※ここで設定した時間が過ぎても、ミーティングルームは閉じません
ミーティングID 自動的に生成を選択しましょう
ミーティングパスワード ミーティングへの参加にパスワードを設定できます
ビデオ ミーティングに参加した時のホスト (主催者)、参加者 両者のカメラのデフォルトのオン・オフを決められます
なお、こちらはミーティング中にも変更ができます
音声 コンピューター音声のみで設定しましょう
ホストの前の参加を有効にする ホスト (主催者) がミーティングルームに入っていない状態でも、参加者はミーティングルームに入ることができます
チェックを入れることをおすすめです
待機室を有効にする 待機室機能により、ホスト (主催者) はミーティングに参加する参加者を制御することができます。こちらを ON にするとミーティングでホストの前に参加オプションは利用できません。
認証されているユーザーしか参加できません Zoom にサインインしている方でないとミーティングに参加できなくなります
ミーティングを自動記録 ミーティングの開始時に、ホスト (主催者) がミーティングの録画をローカル記録 (使用端末への記録) やクラウド記録を自動的記録行うことができます
無料プランの場合はローカル記録のみになります
代替ホスト

自分以外のメンバーにあらかじめホスト(主催者) 権限を与える場合、権限を与えるアカウントのメールアドレスを入力してください

(参考)「定期ミーティング」にすると URL が変わりません 

定期ミーティングにチェックを入れておくと、参加用の URL が固定されるので、毎回その URL を開くと参加者は Zoom のミーティングに参加できるようになります。

 

URL が固定されると、お客様に毎回新しい URL を案内する必要がないので、予約システム側でメール内の URL を一度設定すれば、その後変更する必要はありません。

 

  1. 各項目の記入が終わったら、ページ下部の「保存」をクリック 

Zoom画面

  1. 「ミーティング」をクリックし、作成したミーティングをクリック

Zoom画面

7.「参加者を招待」という項目に表示されている参加用URLをコピー

Zoom画面

8.予約システム側 (今回は STORES 予約) にて、予約確定時に送られる「予約通知メール」、予約前日などに送られる予約確認メール (予約わすれないでねメール) に参加用の URL や参考方法を記載。

 

予約確認メールの作成例

 

※ 上記メール例にお客様がレッスンを参加するためにしていただきたいことを記載しておりますのでご参考ください!

 

【2020/06/09 追記】

STORES 予約 のZoom機能を使えば、STORES 予約 により、ミーティングの作成が自動化されます。

 

STORES 予約 とZoomの設定をスタッフがサポートしながら一緒に作れる無料のワークショップもありますので、お気軽にご参加ください。

⑤レッスン受講

 いよいよ、最後のステップになります。レッスン前日までにやっておくべきこと、当日にやるべきことをそれぞれまとめましたのでご確認ください。

 

前日までにやること

  • 通信環境の確認

こちら の SPEED TEST というツールを使い、通信環境を確認。以下手順になります。

  1. こちら をクリック
  1. 表示されたページの真ん中の GO のボタンをクリック

SPEED TEST

3. クリック後以下の画像のページが表示されます。Zoom のヘルプセンターに以下のように記載もありますが、少し余裕を持って SPEED TEST の項目のUPLOAD の Mbps が 4 以上であれば十分かと思います。(以下画像の赤枠の数字をご確認ください)

SPEED TEST

・1対1のビデオ通話の場合:高品質ビデオの場合は600kbps(上り/下り)、HDビデオの場合は1.2 Mbps(上り/下り)

・グループビデオ通話の場合:高品質ビデオの場合は600kbps/1.2Mbps(上り/下り)

・ギャラリービューの場合:1.5Mbps/1.5Mbps(上り/下り)

  • リハーサルを行い、映像・音声の確認

Zoom にてリハーサル用のミーティングを上記の手順で作成し、ミーティングを開始しましょう。

 

<ミーティングの開始の仕方>

  1. Zoom の管理画面へログイン後、「ミーティング」をクリックし、対象のミーティングの「開始」ボタンをクリック

Zoom画面

  1. 画面が切り替わり、ポップアップが表示されるので「zoom.us を開く」をクリック

Zoom画面

  1. Zoom アプリが立ち上がるので、「スピーカーとマイクをテスト」をクリック

Zoom画面

  1. スピーカー&マイクのテストが立上がるので、指示に従ってテストを行う

Zoom画面

  1. テストが完了したら、コンピューターオーディオに参加する
  1. 最後に Zoom の操作方法を確認

Zoom画面

番号 概要
マイクとスピーカーの確認・設定ができます。マイクをミュートにすると他の人には音声は聞こえません。
カメラの確認・設定ができます。カメラをオフにすると他の人にはカメラの映像が見えなくなります。
参加者の招待ができます。
現在の参加者をリアルタイムで確認できます。
参加者に対してアンケートの投稿を求めることができます。
Web ブラウザなど端末の画面を参加者に共有することができます。
参加者とチャットができます。
録音の開始・一時停止・停止ができます。
ミーティングを終了することができます

 以上で準備は OK です。自分自身で映像・音声の確認を行い、カメラの位置や音声がどれくらい拾われるのかを確認します。この時、Zoom 上で記録 (録音) を行っておくことでお客様の目線で確認ができます。

 

当日にやること(配信前)

  • 端末の充電の確認

使用する端末の充電の残高を把握。

 

当日にやること(配信開始・配信中) 

  • ミーティングの開始

 

上記の方法でミーティングを開始しましょう。本番環境でも映像・音声の最終確認を行う為、レッスン開始の10 ~ 20 分前にミーティングを開始しておくことをおすすめします。

 

早くミーティングに参加してくれたお客様にも映像・音声に問題がないか、確認をとっていただくとより安心かと思います。

 

STORES 予約 なら Zoom 連携に対応【2020/06/09追記】 

上記でも少しご案内しましたが、2020 年 6 月に STORES 予約 は Zoom 連携をリリースしました。

 

本連携により、STORES 予約 で予約が入ると自動的に Zoom のミーティングが作成され、予約者様にミーティングの ID / URL が自動でメール案内されます。

 

オンラインレッスンを少しでも効率化する為にオススメの仕組みですので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

まとめ

Zoom を使ったオンラインレッスンのやり方について、全体の流れや抑えていただきたいポイントをご理解いただけたのではないでしょうか。

 

もっと詳しく知りたい!という方には、無料でご参加いただけるセミナーを開催しております。ぜひご参加ください。

 

こちらのセミナーでは、本記事の内容を動画で分かりやすくご紹介。

 

STORES 予約 セミナー 

なお、オンラインレッスン、オンライン接客については「オンラインレッスン・オンライン接客ができる予約システム」の記事が参考になります。オンラインミーティング・オンラインレッスン・オンライン接客の始め方や活用方法などは「STORES ウェビナー」でじっくり学ぶことも可能ですよ!

 

なお、STORES 予約 については「STORES 予約のメリット・デメリット」の記事や「予約管理を楽にする予約システム・ツール STORES 予約」の記事が参考になります。

 

予約システムの比較は「無料あり!予約システム比較15選」「予約管理システム20選を徹底比較」をチェックしてみてください。

 

少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです!最後までご拝読いただきありがとうございました!

 

予約システム

 

予約システム「STORES 予約」についてはお電話でのお問合せも受け付けています!

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:03-6705-8497
(平日10:00−18:00)

予約システム STORES 予約