お知らせ 資料ダウンロード

長く愛されるブランドに!ネットショップを趣味で運営し続ける秘訣 - 81TEEZ -

f:id:storesblog:20211101094412j:plain

毎月10,000件のショップがお商売を始めている STORES(ストアーズ)には、個性豊かなショップオーナーさまがたくさんいらっしゃいます。

今回は、個性的でおしゃれなアイテムを生み出すアパレルブランド81TEEZ(ハイチーズ)さんにお話を伺いました。

自分が着たいものを作りたい!趣味で運営しているネットショップが大人気に

- ブランドについて教えてください。

「自分が着たいものを作りたい」という気持ちでアパレル製品の製造・販売を行っています。

 

ジャンルも特に意識はしていません。この服かっこいいけど気になるなと思う点を改善してデザインしたり、街ゆく人を見てアイディアを出したりしています。

f:id:storesblog:20211101094456j:plain

- 起業の経緯を教えてください。 

本業でもなく副業でもなく趣味ではじめました。今も趣味で続けています。

 

最初はInstagramでキャラクターに服を着せた落書きのようなイラストをアップしていたのですが、それが好評でした。
フォロワーさんから、自分のブランドを立ち上げるときにイラストを描いてほしいと依頼されたのをきっかけに、せっかくなら屋号を付けたいなと思ったんです。その屋号を81teezにしました。

- 趣味で運営されていたのですね!全てお一人でされているのですか?

基本的には一人で運営をしていますが、服の製作はOEM会社さんにお願いしています。

 

プリント物はイラストレーターさんにイメージを伝えて依頼をしていますが、細かく指示をしてしまうとイラストレーターさんの持つよさが出なくなってしまうので、お任せしている部分が多いですね。

 

- OEM会社さんやイラストレーターさんはどのように探しているのですか?

全てInstagramです。

 

OEM会社さんは、Instagram経由でお声掛けいただきました。
ブランドをはじめて半年くらい経ってから連絡をいただき、根気よく声をかけてくれていた会社さんです。作れる物も多く、芸能人のグッズも作っていて安心感もあったのでお願いすることに決めました。

 

イラストレーターさんは、Instagramの投稿を見てコラボレーションしたいなと思った方に声を掛け、承諾いただけた方にお願いしています。

f:id:storesblog:20211101094635p:plain

STORES 導入の決め手は倉庫サービスがとにかく便利!

- ネットショップをはじめたきっかけを教えてください。

最初は、InstagramのDMからご連絡いただいた方に販売をしていました。だんだんご連絡いただく数も多くなってきて、せっかくなのでオンラインで販売してみようと思い、ネットショップ作成サービスを検討し始めたんです。

 

STORES ともう1社で悩んだのですが、倉庫サービスが必須だったので当時から倉庫サービスがあった STORES の導入を決めました。

f:id:storesblog:20211101094913j:plain

 

- 実際に STORES を導入してみていかがですか?

とても満足しています!
導入の決め手ともなった倉庫サービスがとにかく便利で助かっています。

 

ネットショップ運営のサポート体制も充実していますし、機能も問題ありません。

 

POPUPができたのも STORES のおかげです。ラフォーレの White GALLARYで出店したとき、スタッフさんの対応が120満点でした。STORES 主催でまたぜひ開催して欲しいです!

※ White GALLARY:2019年2月23日から初の常設店としてラフォーレ原宿2Fにオープンし、計34企画、116ブランドの方にご出店いただきました。
https://officialmag.stores.jp/entry/200514/news-whitegallery-close

 

- 集客にも成功されているかと思いますが、集客で工夫していることはあるのでしょうか?

過去に色々やっていますが、今は特に意識していることはありません。


ただ、ブランドをスタートした頃は、インフルエンサーさんにギフティングを行っていました。恐らくですが、当時ギフティングをしてるお店があまりいなかったので、それがよかったんだと思います。

 

フォロワー数やコメント数が多い方にギフティングをお願いしていましたが、フォロワー数が1,000人に満たなかったとしても着方がお洒落な方、この方に着ていただきたいなと思う方がいればInstagramで連絡をとり、その方にもお願いをしていました。

 

今は、継続的にお願いしている方がいらっしゃるのですが、「いいね」してくれた人から「いいな」と思う人にギフティングすることもあります。

 

Instagramは、基本的に81teezの服を来てくださっている方のリポストで運用しています。

 

また、広告を何回か打ったことがありますし、新作を出した際も広告を利用しています。ただ、そこで大きな結果を残そうということは思ってないですね。

f:id:storesblog:20211101095119j:plain

 

- ネットショップを副業や趣味でやるコツはありますか?

実はInstagramのDMでも質問されることが多いのですが、私がお伝えしていることは、

  • やりたいことをブレずにやる
  • マネごとをしない

というこの2点です。

 

デザインやロゴは、パロディだろうがリスペクトだろうがマネして作らない方がいいです。ネタも尽きてしまう。自分のブランドらしさを磨いていくことをおすすめします。

 

81teezも、完全オリジナルでやるようになって上手くいきました。

 

副業や趣味でやるならば、儲けをあまり気にしすぎないことも大切でしょうか。
私の場合、ちょっとだけお小遣いがあればいいな、損しなければいいなという気持ちでやっています。
楽しむことがまず大事ですね。

長く愛される続くブランドに!名脇役のような服でみんなの期待を裏切りたい

f:id:storesblog:20211101095233j:plain

- 今後の展望を教えてください。

細く、長く続けたいと思っています。その人の一番になるブランドになろうという気持ちではないですね。

 

2番手、3番手の服でよくて、服選びに迷ったら、とりあえずこれを着ようと思っていただけるような名脇役となる服が作れるといいですね。

 

また、期待を裏切る展開もしたいです。
物作りもそうですし、コラボレーション企画もそうですけど、次はあそこでやるのかなと予想されたくなくて、こんなの作りやがったと思われたいです!笑

 

- 最後に、STORES 利用を検討されている方に一言お願いします!

他のサービスと比較したわけではありませんが、ネットショップ作成サービスの中では一番使いやすいと思えるぐらい便利なサービスです。ネットショップやるなら STORES がおすすめです!

81teez.stores.jp

 

文:ヘイ株式会社 小池 亜希 
写真:81TEEZさまご提供

 

関連記事