「好きなことを続けられている」ネットショップで世界観を表現するヨハクのお話

ヨハク


毎月10,000件のショップがお商売を始めているSTORESには、個性豊かなショップオーナー様がたくさんいらっしゃいます。

今回は、独特の世界観でオリジナリティ溢れるマスキングテープを中心とした文具を展開しているヨハクのオーナー兼デザイナーである渡邊さんにお話を伺いました。

大好きな紙もので自分を表現

ーヨハクのコンセプトを教えていただけますか?

昔から物作りが好きで色んなものを作り続けていたのですが、最終的に一番大好きで自分を表現出来る紙ものにたどり着きました。

 

ヨハクのスタイルはシンプルでスタイリッシュなもの、そして両極端とも思えますが、水彩画の淡い色彩と可愛いもの両方があります。

 

ー元々デザインを勉強されていたのでしょうか?

 

デザインを勉強したことはありません。ただ、絵が好きで海外の美術館を訪れたりしていました。

 

出産を機にスクラップブッキングを始めたのですが、コンテストで優勝したこともあり、アメリカのメーカーのお仕事を依頼されたり、フランスの雑誌に何年か掲載して頂いたり。ワークショップも開いていました。

 

その頃からコラージュが好きで、オリジナルのペーパーやカレンダーなどの紙もの作家もこの頃からしていました。コラージュを作る時のインスピレーションは海外を旅したときの経験が活きていると思います。

 

ーヨハクの主力アイテムはマスキングテープだと思うのですが、マスキングテープはいつから作り始めたのでしょうか?

 

ヨハク

 

マスキングテープを作りたいとずっと思っていたのですが、いきなりはハードルが高く、なかなか踏み出せず数年間あたためていました。

 

地元のイベントでペーパーやカレンダーを販売していて、そろそろ新しいアイテムを展開したいと考えていた頃、小ロットで作れることを知りどうしても作りたくなって、作りはじめました。

 

好きなことを続けられている

ーInstagramもネットショップも世界観が素敵ですよね。撮影はどうされているんですか?


すべて自分で撮影しています。ヨハクの世界観を表現することを優先しています。

 

ー今はネットショップだけで販売しているのでしょうか?

 

基本はネットショップで、紙博などのイベントに定期的に出展しています。また、ロフトさんやTSUTAYAさんの一部店舗にも卸しています。

 

ー7月に開催された紙博にお邪魔しましたが、すごく人気でしたね!イベントに出展されるとネットショップのお客様も増えますか?

 

イベントでご購入いただいたお客様や商品が品切れた時にネットショップをご案内させて頂いているのですが、少しずつ見てくれているお客様が増えている印象はあります。その一方で、まだまだネットショップで購入することにハードルを感じているお客様もいるなぁと思います。

 

ーネットショップを始める時、なぜSTORESを選ばれたのでしょうか?

 

無料なのに素敵なデザインのショップを作れるのがいいと思って選びました。ショップデザインのテンプレートがとてもシンプルで。ネットショップの相談を受けたときは、STORESのことを伝えています。

 

以前使用していたカートシステムは少し使いづらかったのですが、STORESはとても使いやすいと思います。

 

ーSTORESで使いやすいと感じている点を教えていただけますでしょうか?

 

通常はPCで作業をしていますが、外出先など携帯電話でも簡単にアップ出来ますし、管理画面がとても分かりやすく、あっという間にショップを開設できてしまうことです。

 

ーありがとうございます。ヨハクを始めてよかったと思うことを教えてもらえますか?

 

好きなことを続けられているので、今が一番充実していると思います。作り続けるということはとても大変ですけど(笑)。

 

イベントに出展した時に、自分のデザインしたものを楽しそうに選んでいるお客様の姿を見ると感動します。ヨハクを始めて良かったなぁと思います。

 

ー今後挑戦したいことはありますか?

 

今のヨハクはマスキングテープがメインですが、ほかの紙ものも沢山作りたいものがあるので、少しずつ形にして行きたいと思っています。

 

ーこれからも楽しみにしています!

 

ヨハクはこちら▼ 

 

文:ストアーズ・ドット・ジェーピー広報 加藤千穂
写真:ヨハク提供