自分の“好き”を信じて未経験から立ち上げたランジェリーブランド「Elliy&J」

自分の“好き”を信じて未経験から立ち上げたランジェリーブランド「Elliy&J」

 

みなさんが毎日身に着ける下着。自分の体のことを考えて選んだことはありますか?

 

「ふんどしパンツの概念を変えたい」

 

今回はそんな熱い想いを持って、年齢問わず身につけられる、おしゃれで体に優しいランジェリーブランド「Elliy&J」をSTORESで立ち上げた高橋さんにお話を伺いました。



- まず高橋さんの自己紹介をお願いしてもよろしいですか?ブランドを立ち上げる前は何をされていたのでしょうか?

 

実は私は、ブランドを立ち上げる前、10年近く精神疾患を患っており、引きこもり生活をしていました。部屋から出れないほど辛い時期もありましたが、病気が治って少しずつではありますが仕事にも前向きに取り組むことができるようになりました。

 

断薬したことで病気が改善したことから、食べるものや身に着けるものから体を大切にしようという意識が芽生え、オーガニックの食品や雑貨を取り扱うセレクトショップでの勤務をはじめました。そのショップは取り扱う商品も素晴らしかったですし、一緒に働くメンバーも素敵な人ばかりだったのですが、パートナーとの引越し、結婚をきっかけに仕事をやめることになりました。

 

最初からブランド作りを仕事にしようと思っていたわけではないですが、「自分のペースで自分の興味のあることをやろう」と決心したのはこのときです。

 

人生が終わったような感覚に苛まれていたときから比べると、生まれ変わったような感覚になって好きなことをやってみようという気持ちになったんです。

 

- そこからふんどしパンツに目をつけたんですね!なぜでしょうか?

 

ふんどしパンツは睡眠の質を良くしてくれるので、東急ハンズさんやLOFTさんでも売り出されて人気になっていたんです。健康への意識が芽生えてから、気にはなっていたのですが、実際に履いてみたらハマってしまって。

 

ネットで調べてみるとデザインも色々あって、自分も作れたら楽しいだろうなとぼんやり考えていました。

 

それまではミシンを触ったことすらなかったけれど、実際に試しに作ってみると楽しくて。最初は仕組みも分からず見たままを形にしていたのでクオリティも良いとは言えませんでしたが、自分で作って履いて、改良を続けていきました。友人や家族にも履いてもらって、感想を貰ったりもしましたね。

 

Elliy&J ふんどしパンツ

 

- 未経験からすごい行動力ですね・・・!大変だったことはなかったのでしょうか?

 

もちろんありましたよ。最初はもともと購入していたふんどしパンツを参考に作ってみましたが、作っているうちに「オリジナル商品を作らなくていいのか?」という葛藤が強くなっていきました。

 

その後、友人の後押しもあって、自力で作ってみたりはしたのですが、商品として売るにはまだまだ未完成でした。

 

ランジェリーを専門で学べるところは少なく悩んでいたのですが、たまたま本場フランスで下着のことを学び、ブランドを立ち上げている方がランジェリーのパターン教室をしているのを見つけて、すぐに参加をしました。

 

それまではパターンも引けなかったですし、細かい技法も知らなかったですが、その教室に参加したおかげできちんとしたプロの製法で作ることが可能になり、オリジナルランジェリーの製作を開始することができるようになったんです。

 

オリジナルブランドを開始してからも、自分の時間の使い方には悩まされました。

 

過去に一度だけ、やりたいことを全部やろうとして、1ヶ月間全く作れないというスランプに陥ってしまったことがあったんです。その時はとことん自分が満たされることだけを続けて、自分を甘やかし、自然とまた作りたいという気持ちが湧いてくるのを待ちました。それでも本当に辞めたいとは思わなかったので、やはり好きなんでしょう。余裕がなかっただけですね。

 

一人で全てを抱えると精神的にも体力的にも辛いので、今は周りの人にサポートしてもらいながら楽しく続けられています。

 

 

Elliy&J ふんどしパンツ2

 

- 紆余曲折あって、今があるんですね。商品へのこだわりを教えてもらえますか?

 

まず1つ目は健康面です。

 

従来のパンツは鼠蹊部にゴムが付いていますが、鼠蹊部には血液、リンパが集まっているのでゴムで締め付けると血流が悪くなってしまうんです。血流が悪くなると体が冷えたり、自立神経が乱れたり、生理痛やPMS(月経前症候群)の原因にもなります。ふんどしパンツは鼠蹊部のゴムを無くし、ウエストも半分だけゴムにするなどにして、できるだけ下着による締め付けをなくしています。

 

肌触りにもこだわっています。肌に当たる面はコットンやシルクなどを使い、1日履いていてもストレスを感じません。

 

Elliy&J オリジナルランジェリー

 

2つ目はデザイン性。

 

「ふんどしパンツ」は正直、名前の印象から敬遠されることも多くあります。Elliy&Jではそのイメージを払拭したいと思っていて、履き心地の楽さだけでなく、見た目の可愛さにもこだわっています。デザインは全て自分の中でテーマを決めて、デザイン画を書いて作っています。

 

バックレースがついていたりなど、豪華な作りなので、30~40代の方だけでなく、若い女性などが着ても恥ずかしくないようなものが作れたら良いなと思っています。

 

実際にご購入してくださるお客様の年齢層も20代から70代と幅広く、「パートナーに可愛いと言ってもらえた」、「Elliy&Jのランジェリーをきていると楽なのはもちろんだけれど、何よりも気分が上がるので全部買いたいです」などデザインも気に入ってくださっています。

 

 

- なぜネットショップではじめたのでしょうか?

 

ネットショップ自体は購入者として利用したことがあったので、元々興味はありました。販売をはじめたいなと思ったタイミングで色々なオーナーさんを見させていただいたのですが、みなさんイベントに出店したりネットで販売されたりが主流だったので、私も自然とネットショップを選んでいました。


元々は別のサービスを使っていたのですが、もう少し本格的に自分のサイトやホームページを作りたいなと思い、インターネットでネットショップ開設サービスを色々検索をしました。

 

最終的にSTORESを選んだ一番の理由は憧れていた作家さんが使っていたからです。それ以外にも月額1,980円で必要なことは全てできてしまうのも魅力的でした。他サービスと比べても手数料が低いのも嬉しいですね。

 

- 今後挑戦してみたいことはありますか?

 

直近だと今月中旬にポップアップショップを原宿でオープンする予定なので、それを成功させたいと思っています。

 

<<Elliy&J POPUP SHOP>>

 

<<Elliy&J POPUP SHOP>>
日時:2019/11/10(Sun) 12:00〜19:00
場所:ROUROU Playroom 原宿
東京都渋谷区神宮前3-27-15 HIサンロード原宿1階
明治神宮前 (原宿)駅 7分

 

いずれ全国を回って、多くの人に実際に商品を手で取ってもらった上で、ご購入いただきたいですね。昔の私のように、ふんどしパンツを作りたい人もいると思うので、教室も開催してみたいです。

 

- 最後にお商売をはじめて、よかったと思うことを教えてください

 

働けるとすら思っていなかったので、まさか自分が一人でお商売をやることになるとは思いませんでした。

 

お商売をはじめて、本当に人生が変わりました。前の写真と比べると表情も違って、生き生きとしていると思います。大変なことも多いですが、やりがいの方が大きくて、人生で今が一番楽しいですね。一度きりの人生なので、やりたいと思ったことは積極的にチャレンジしていきたいです。

これからも見ていて飽きないようなブランドであり続けるよう、頑張ります。

 

▼Elliy&Jはこちら

 

文:ストアーズ・ドット・ジェーピー広報 上野瑠衣
写真:Elliy&J提供

 

関連記事
  1. 年間で30本のプレスリリースを発信する「NATIONAL DEPARTMENT STORE」にインタビュー

  2. 独特の世界観でオリジナリティ溢れる文具を展開している「ヨハク」にインタビュー

  3. 茨城県で通販・卸・イベント出店をメインにパン屋を営む「せたがやブレッドマーケット」にインタビュー

STORES なら誰でも無料で
本格的なネットショップが作れます。

専門知識不要で豊富なテンプレートと
カスタマイズ機能で自分だけの表現が
驚くほどかんたんに!

\毎月10,000店舗開設/

ネットショップを無料作成

誰でも簡単にネットショップが
作成できるSTORES
むずかしい知識や
技術は必要ありません。
自分だけのネットショップが、
今すぐはじめられます。