お知らせ 資料ダウンロード

カード決済端末とは?種類や操作方法、選び方などの基礎知識とおすすめ端末

クレジットカード 端末

 

新型コロナウイルスの影響で現金利用が控えられるようになり、キャッシュレス決済の需要が高まっています。政府のあと押しもあり、今後もキャッシュレス決済はより一層浸透するでしょう。

 

今回は、初めてカード決済端末を導入される方や、今使用している端末よりも良い端末を探している方に、端末の種類や操作方法、選び方の基礎知識とおすすめ端末を紹介します。

カード決済端末の基礎知識

クレジットカードや電子マネーなどキャッシュレス決済に対応するためには、決済端末を導入して、クレジットカード会社などの決済事業者と契約を結ぶ必要があります。契約方法は決済事業者と直接契約する「個別契約」と、複数の決済方法やブランドをまとめて導入できる「決済代行会社を通しての契約」の2種類です。

 

個別契約の場合、取り扱いたいブランドが複数あれば、それぞれの事業者と何度も契約手続きをしなければなりません。導入後も、事業者によって締め日や入金サイクルが異なるため、管理が煩雑になりがちです。

 

その点、決済代行会社を通して契約すると、一括で複数のクレジットカードや電子マネーの契約が結べ、売上もまとめて管理できます。入金サイクルも統一されるため、会計管理も効率化されます。

カード決済端末とは?

カード決済端末は、「Credit Authorization Terminal」の頭文字を取って「CAT(キャット)端末」と呼ばれています。カード情報を読み取り、お客さまのクレジットカードの有効性を確認するのが役割です。カード情報はクレジットカード会社に送られ、カードの有効期限、利用限度額、不正利用の可能性などを審査し、問題がなければ会計処理ができます。

カード決済端末の種類

カード決済端末は店頭レジでよく見かける据置型と、持ち運び可能なモバイル式決済端末があります。

 

据置型の決済端末は、電話回線や有線インターネット回線を利用するため、導入には配線工事が必要で、設置まで時間がかかります。プリンター機能が内蔵されているほか、多くの決済方法に対応するなど高機能ですが、レジに直接つながっているため持ち運びできません。配線工事や端末代金など導入費用が高額になりやすいのが難点です。

 

モバイル型はコンパクトなサイズで、無線インターネット環境があればどこでも利用でき、テーブル会計やイベント会場、移動販売にも適しています。携帯電話回線やWi-Fiを利用するため工事の必要がなく、据置型よりも低コストで導入可能です。

モバイル式決済端末はiOS端末(あるいはAndroid端末)が必要

モバイル式決済端末は、iOS端末(iPhoneやiPad)と接続する必要があります。一部の端末では、Androidのスマートフォンやタブレットでも使用可能です。

 

ちなみに STORES 決済 でも、iOS端末だけでなくAndroid端末にも対応していますが、Android端末は電子マネー決済が使えないためiOS端末の利用がおすすめです。STORES 決済 で使用できるiOS端末は、以下の条件を満たしている必要があります。

 

  • 発売開始から2年以内
  • STORES 決済アプリ のダウンロードが可能
  • 決済端末とBluetooth接続が可能

 

詳しくは対応機種一覧のページを参照してください。

 

コストをかけたくない場合iPhoneやiPadの端末レンタルもおすすめです。開業したての方や、スマートフォンやタブレット端末の準備費用を抑えたい方は、端末をレンタルしてみてはいかがでしょうか。キャッシュレス決済端末を試しに使ってみたい方にもおすすめです。

 

レンタル会社はいくつかありますが、調査した結果、下記のレンタル会社がおすすめです。

 

アーラリンク

sp_rental

 

1日単位から携帯電話をレンタルできます。
初期費用は2,200円(税込)、レンタル料金は50円/1日で利用することが可能です。

カード決済端末の操作方法(決済完了までの手順)

カード決済端末の操作方法は、具体的にどのような手順なのか見てみましょう。ここではSTORES 決済 を例に、決済完了までの手順を説明します。

 

まず、クレジットカード(ICカード)の場合を説明します。

 

  1. タブレットなどのアプリ画面で決済金額を入力して、「お支払いへ進む」をタップ
  2. 決済端末の下部にカードを差し込み、カード情報を読み取る
  3. 決済端末に暗証番号を入力して「✓」ボタンを押すと決済完了

 

次に、クレジットカード(磁気カード)の場合です。ICカードで暗証番号がわからない場合も、3以降の手順をとります。

 

  1. タブレットなどのアプリ画面で決済金額を入力して、「お支払いへ進む」をタップ
  2. 決済端末上部のスリットに、カードの磁気部分をスライドさせてカード情報を読み取る
  3. アプリ画面がサイン入力画面になるため、サインを記入する
  4. アプリ画面の「サイン完了」ボタンをタップして決済完了

 

最後に、タッチ決済や電子マネーなどの場合です。

 

  1. タブレットなどのアプリ画面で決済金額を入力して、「お支払いへ進む」をタップ
  2. 決済端末の画面付近に、読み取り音が鳴るまでカードやスマートフォンをタッチする

ここに注目!カード決済端末の選び方

カード決済端末は多くの端末が提供されていて、どれが良いのか迷うかもしれません。カード決済端末を選ぶ際に注目すべきポイントを説明します。

セキュリティ対策のレベル

カード決済は個人情報を取り扱うため、セキュリティ対策がしっかりしているカード決済端末を選びましょう。クレジットカード情報が漏えいすると、お客さまに多大な迷惑をかけるだけでなく、お店に対する信頼も失われます。国際基準に準拠したセキュリティ環境を整えている決済端末を導入すると安心です。

対応している決済手段

現在はクレジットカード決済が最も多く利用されていますが、今後は電子マネーやQRコードでの決済も増えると予想されるため、クレジットカード決済以外への対応も必要です。最近は財布を持たずに買い物する人も増え、キャッシュレス決済ができない店舗への来店意欲が下がる傾向にあります。現金決済よりもカード決済のほうが1.7倍多くお金を使うとする調査結果もあり、決済手段が多いほど売上拡大につながるでしょう。

導入費用

サービスを利用する初期費用や月額利用料、カード決済端末の購入費用は各社で異なるため、きちんと比較検討して導入を決めましょう。

 

据置型の決済端末は100,000~200,000円程度かかりますが、モバイル型は8,000~20,000円程度と手頃な値段の端末が多く、コストを抑えられます。初期費用や月額利用料は、無料のところもあるため、導入前にしっかり確認しましょう。

STORES 決済端末 の特徴

決済端末を導入するなら、STORES 決済 の端末もおすすめです。ここでは、STORES 決済端末 の基本仕様と特徴をご紹介します。

基本仕様

取引可能なインターフェース

・IC

・磁気ストライプ

・電子マネー(FeliCa)

接続方式

Bluetooth® v4.0 Class1

本体サイズ

103 mm x 71 mm x 18 mm

(縦 x 横 x 高さ)

本体重量

118g

電池

リチウムイオン電池(800 mAh)

充電方式

USB給電

セキュリティ

暗号化方式:トリプルDES

鍵管理方式:DUKPT

認定

・PCI-PTSV3.0EMVLevel1 / Level2

・MasterCard TQM

・FeliCaリーダライタRF性能検定Ver1.4 Mクラス

>>決済端末の仕様の詳細はこちら

充電式で持ち運びも簡単

STORES 決済端末 は手に持てるサイズで、充電式のため簡単に持ち運びできます。コンパクトなためレジ周りがスッキリし、テーブル会計も可能です。一日に100回以上決済利用がある場合は、残電池料が一日で30%未満になる可能性がありますが、最長で3時間程度充電すれば満充電になります。普段使いのスマートフォンやタブレットと同様のサイクルで充電するとよいでしょう。

クレジットカード、電子マネー、QRコードなど豊富な決済に対応

STORES 決済 では、クレジットカード決済以外にも電子マネー決済やQRコード決済に対応しています。対応決済手段は以下のとおりです。

 

クレジットカード:Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーカード

電子マネー:Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

QRコード:WeChat Pay

 

なかでも、電子マネー決済手数料は1.98%と業界最安水準のため、電子マネーを導入したい場合は特におすすめです。

トリプルDESやDUKPTなど高いセキュリティ性能

STORES 決済 は国際的なセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠し、通信時の情報は高い強度を持つ標準暗号化方式「トリプルDES」と暗号鍵管理方式「DUKPT」を使用しています。

 

ほかにも、決済端末やスマートフォン、タブレットにカード情報を保存しないなど、不正利用のリスクを可能な限り軽減しており、安心して利用可能です。

決済端末0円のキャンペーン実施中

STORES 決済 では、決済端末0円キャンペーンを実施中です。下記の2条件を満たすと、通常19,800円の決済端末を1台無料で導入できます。

 

  • キャンペーン対象期間中にSTORES 決済 の新規申し込みが完了している
  • 加盟店審査を通過している 

 

STORES 決済 を始めるために必要なのは、決済端末とインターネットにつながったiOS端末のみです。そのため、このキャンペーンを利用すれば、初期費用をほとんどかけずにカード決済端末を導入できます。

カード決済端末の基礎知識まとめ

キャッシュレス化の進行で、多くの事業者から機能豊富なカード決済端末が提供されています。

 

導入を決める際は導入費用やセキュリティ、対応する決済方法を比較して自分のお店に合う端末を選びましょう。決済端末には据置型とモバイル型があり、モバイル型は価格も安く、iOS端末などにつなげばどこでも使えます。

 

STORES 決済 で開催中の決済端末0円キャンペーンを使えば、初期費用をほとんどかけずにお得にキャッシュレス決済が始められます。この機会にぜひ導入を検討してみてください。

 

STORES 決済 サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:0120-343-577
(平日10:00−18:00)