お知らせ 資料ダウンロード

STORES 決済 導入の決め手はサポート体制!キャッシュレスで手間もリスクも削減

STORES 決済 マリノス

 

「一般社団法人F・マリノススポーツクラブ」(以下、F・マリノススポーツクラブ)は横浜マリノス株式会社が「スポーツによるサステナブルな地域社会の実現」と「世界で活躍する選手の育成」に向けた取り組みを加速させるために設立されました。

今回は、F・マリノススポーツクラブのキャッシュレス決済化をはじめとした新しい取り組みについてスポーツ事業本部 スクール・ふれあいグループ事務局 グループリーダーの水上さんにお話を伺いました。

コロナ禍に限らず受付方法などの運営方法は見直すタイミングだった

STORES 決済 F・マリノス

F・マリノススポーツクラブ 水上さん

-水上さんの現在のお仕事について教えてください

 

サッカースクール事業部門、普及部門のマネジメント担当をしています。スクールや普及活動の運営、クラブの会員管理、サイト運用やプロモーション、施設運営など事業全般の管理と運営をしています。

 

-STORES 決済 導入のきっかけを教えてください

 

通常のサッカースクールの月謝は口座引き落としで対応していますが、通常のスクール以外でも土日などにスクール会員以外の方も参加ができるような単発参加のサッカーイベントも行っており、そちらの参加費に関しては現金で回収していました。

 

昨年はコロナの影響もありイベント自体があまりできなかったのですが、受付方法をはじめとした管理や運営方法は見直さなければならないと考えていました。

情報管理の強化のために、各校の拠点を集約し、これまで紙ベースで行っていた入会手続きをWEB申し込み切り替えたり、現金回収していたイベント参加費回収をSTORES 決済でのキャッシュレス決済へ移行したりしました。

 

選抜クラスのセレクションも行っているのですが、昨年まではチケットを事前に購入いただき、当日持ってきていただいてもぎりを行うという流れだったのですが、今年はSTORES 決済 を導入しキャッシュレス決済で受付を行いました。現場スタッフからは例年より、受付がスムーズだったと聞いています。
チケットはチケットの良さもあったのですが、キャッシュレス決済の導入は対応してくれたスタッフもお客さまにも好評でした。


今回、さまざまな運営方法を変更しましたが、コロナ禍だったからというよりはキャッシュレス化を含めた見直しはコロナ禍が後押しして加速したというイメージです。

これまで、普及活動として行っているイベントも多いのですが、そのほとんどが現金回収で行っている状況です。まだ一部イベントでしか実施していないのですが、ゆくゆくは全てをキャッシュレス化させていきたいですね。一気に変えてミスが起こっても良くないので、対応スタッフにも慣れてもらう時間を作りながら徐々に変えていく予定です。

STORES 決済を選んだ理由は困っていることに真摯に対応してくれるサポート体制

STORES 決済 F・マリノス

 

-STORES 決済 導入の決め手を教えてください

 

他社さんのサービスも含め、キャッシュレス決済に対応している会社さんを調べて何社かに問い合わせてみました。
その中で、困っていることに対して真摯に対応してくれたのが STORES 決済 でした。私たちの持っている課題をきちんと理解し、「この課題はこういう使い方で解決できます」ときちんと相談に乗ってもらえたというところが一番の決め手です。


手数料や端末代に関しては、私が見る限り各社それほど大きな差はなく、決済ブランドの数だけでいうと他社さんの方が多かったりもしました。

しかし、より自分たちの運営体制に合っているサービスは何かという視点で考えた時、様々な悩みや不明点をサポートいただける体制がしっかりしている STORES 決済 がすごく心強かったですし安心できました。

 

-STORES 決済 導入後の変化を教えてください

 

STORES 決済 導入前まではイベントの多くは参加費を現金でお支払いいただいていたのですが、集金や管理する大変さもありました。しかし、それ以上に万が一の事故が起こったときのリスクが高いところが懸念点でした。私もコーチをやっていたので、当時は現金回収での受付を当たり前のように行っていたのですが、管理する立場になってみると改めてリスクが高いことに気がつきました。


だからこそ現金を扱う機会は少なくしたいと思っています。現金のやり取りをなくすことでお客さまが不利になってしまうのであれば本末転倒ですが、いろんな決済方法があったほうが喜ばれる時代なので STORES 決済 を導入して良かったと思っています。

キャッシュレス決済以外にもいろんなチャレンジをしていきたい

STORES 決済 F・マリノス

 

-今後の目標を教えてください

 

社団法人を設立してスタートしたこと自体が新しい取り組みではありますので、大事なことは残しつつ、変えていくべきところは変えていかなければならない、先手を打ってやっていかなければならないと思っています。

マリノスというチームでしかできないことで、地域の人たちに楽しんでいただきたいと思っていますし、役に立ちたいとも考えています。決済方法の変更以外でもいろんなチャレンジをしていきたいですね。


僕自身も幼い頃からサッカーと出会い、今こうして、サッカーに関わる仕事にも就くことができたと思っています。スポーツに触れたことによって人生が楽しくなった、夢を持つことができたと思ってもらえるような存在になりたいですし、そのきっかけがマリノスでありたい、そんな目標を持って、これからもスポーツを軸としたさまざまな活動をしていきたいと思っています。

スポーツが持つ無限の可能性に挑戦し、地域社会と共に「夢」と「幸せ」、そして「未来」を創出するという理念のもと、現在の活動に限らず、例えば、中学校に部活の先生がいないといった悩みがあれば、我々が持つノウハウを生かして協力するなど地域の課題を解決していければいいですね。我々の活動にはそういう可能性があると思っています。

 

-最後に、STORES 決済 導入検討をされている方に一言お願いします

 

新しいシステムや仕組みを導入する際、サポート体制がしっかりしているというところは安心できるポイントだと思います。STORES 決済 は、困っているところをしっかり理解し悩みを解決できるような使い方を提案してくれます。

STORES 決済 に決めて良かったと思っていますよ。

 

 

www.f-marinos-sportsclub.com

 

文:ヘイ株式会社 小池亜希
写真:一般社団法人F・マリノススポーツクラブ 提供
 

 

STORES 決済 サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:0120-343-577
(平日10:00−18:00)

 

関連記事