お知らせ 資料ダウンロード

「ライフスタイルの変化」にあわせて - GRILL BURGER CLUB SASA -

stores 決済 事例

 

毎月10,000件のショップがお商売を始めている STORES(ストアーズ)には、個性豊かなショップオーナーさまがたくさんいらっしゃいます。

今回は、グルメバーガー有名店「FIRE HOUSE」で修行を積んで代官山に「GRILL BURGER CLUB SASA」をオープンした佐々岡さまにお話を伺いました。

きっかけはインバウンドと世の中の変化

昔ながらのアットホームな雰囲気のお店を目指していたので「デジタル機器」の導入は当初検討していなかったんです。

 

特に宣伝広告など行っていないのですが、SNSやネット上で自然とお店の情報が広まって海外のお客様が増えました。都内勤務の海外の方もわざわざいらっしゃいます。

 

海外の方たちは当然のようにクレジットカード払いを希望されるのですが、導入前はATMでお金をおろしてもらったりしていました。

みなさんのライフスタイルの変化を感じました

「キャッシュレスなライフスタイル」をおくる方が増えているとここ数年で感じています。 来店時に現金以外の決済が使えないと知ると帰るお客様もいました。


Uber Eatsなどのデリバリーが流行している今、「飲食店に行く」流れが減っていくのを感じています。 そんな中わざわざ来てくれるお客様に対して、チャンスロスをなくしたかったんです。

 

電子マネー決済のお客さまはたくさんいます

 

国の施策や軽減税率の対応を考えると「キャッシュレス化」の流れはまったなしだなと。 これからオリンピックも控えているし、「オリンピックの前」に対応することは必須だと判断しました。そんなとき、お付き合いのある金融機関さんから STORES 決済 を紹介いただいて、導入を決めました。

思ってた以上に使われてます

導入前は「カードは大変そう・レジの流れが詰まりそう…」とそんなイメージがありました。しかし実際に導入してみるとはやくてかんたん!とくに電子マネー決済はスピーディー!「グループで来店されて会計が別々」というときもお待たせすることなく、次々と決済できますね。

 

クレジットカード決済よりも電子マネー決済の方がスムーズで使いやすいかも。予想以上にクレジットカード・電子マネー決済を選択される方が多いです。

 

null

キャッシュレス・ペーパーレス

金額の大小に関係なくカード払い・電子マネー払いを希望される方が増えていますね。ドリンクだけでクレジットカード払いの方もいれば、合計金額が5,000円くらいで電子マネー決済の方もいて驚きました。

 

うちはプリンターを用意せず、STORES 決済 のレシート(売上票)はお渡ししてないんですが、支払い完了後にレシートを希望されることもないですね。

 

世の中的に「キャッシュレス・ペーパーレス」が一般化しているんだなと。この流れに置いていかれないように!と感じています。

 

入り口のシールを見て、安心して入店いただけるようになりました

 

 

STORES 決済 サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

 

関連記事