電子チケットがカンタンに販売できるようになりました!

 

電子チケットがカンタンに販売できるようになりました

 

この度、STORESを通して電子チケットが販売できるようになったのはご存知ですか??

様々な催事で必要なチケットをスマートフォン上で発券できる機能がご利用可能となりました!

 

どんな機能なの?

電子チケット発券サービスQuickTicketと連携し、

 

オンライン上にチケット発券、販売をすることができる機能です。

https://stores.jp/ticket

 

アイテム登録をするだけで販売ができ、ご購入者様へは自動で電子チケットの発券URLが送付されます。

 

 特徴はこちら!

 

・初期費用なしでカンタン無料導入!

 

・紙チケット・専用アプリ不要!必要なのはスマートフォンのみ

 

・オリジナルチケットが作成できる!

 

こんなショップへオススメ!

電子決済導入がおすすめなストアの例


 

  • 演劇活動をされている
  • 音楽ライブをやられている
  •  個展や美術館の運営をしている
  •  握手会やクリスマスパーティーなどのイベントを開催されている
  •  コーヒーの入れ方1Day体験など、勉強会などをされている
  •  お料理教室などのスクールを展開されている

 

などなど、

 

公演やライブ・フェス、各種パーティやまたは勉強会や習い事まで!

様々なご利用シーンが想定されます。

 

STORESではモノづくりを得意としたショップオーナー様も多いので、ワークショップの開催などにも是非ご活用いただければと思います!!

 

料金について 

  • 初期費用 / 機能の利用料 0円
  • 決済手数料 5%(販売主負担 / STORES フリープランの場合)
  • 決済手数料 3.6%(販売主負担/ STORESスタンダードプランの場合)


(※通常のSTORESで、売れたらかかる手数料であり、電子チケット専用で「追加でかかる手数料ではありません)

 

  • 発券手数料 2%(購入者負担)

(例:1,000円チケットを販売した場合、発券手数料として20円が購入者さんにかかりますので、購入者さんの合計購入金額は、1,020円となります。)

 

また、STORESでは0円の無料チケット販売も可能です!この場合は、決済手数料、発券手数料共に0円です。

すでにSTORESでネットショップを持っているショップオーナーさんは、特に追加費用もかからず、ご利用ができます! 

 

 使い方について 

電子チケットの販売をしてみよう!

電子チケットの設定は、パソコンからも、スマートフォンからもどちらも可能です!

 

<パソコン>

電子チケットの設定(

まずは管理画面「機能を追加」のアドオンページより、電子チケット機能をONにします!

 

STORES:電子チケットの登録方法



そして「アイテム登録」より電子チケットを選択。

 

STORESの電子チケットの登録方法
 あとはアイテム編集ページにて各項目を入力するだけ!

ここまではいつも通りですね!!

 

なお赤枠で囲ってある項目は電子チケット専用の項目となります。

  • 開催日
  • 開始時間
  • チケット画像
  • スタンプ画像
  • 有効期限(チケットが利用できる期限)

 

STORES:電子チケットの登録方法

登録完了すれば、このように電子チケットアイコン付きでリスト表示されます。

また販売ページ側では下記のように表示がされます!

 

f:id:storesblog:20180221164418j:plain

 

また電子チケットをお試しになりたい場合は下記ショップでサンプルを販売しております。

¥0なので購入後すぐに電子チケットが発券されます!

 

▼デモストアでサンプルチケット販売中!▼

f:id:storesblog:20170721163607p:plain
sample-ticket.stores.jp

 

発券した電子チケットを使ってみよう!

電子チケット

それでは実際に購入した電子チケットを使ってみます!

上記の画像のように購入履歴ページやご注文メールよりまずはチケットを表示します。

※電子チケットはスマートフォンでのみ表示可能です。

 

f:id:storesblog:20200408155004j:plain

 

 

チケットが表示されると画像のようにチケット画像や開催日時などがご確認できます。

そこから「チケット利用」のボタンを押すと・・・

 

 

f:id:storesblog:20200408155022j:plain

 

スタンプを押せる(チケットの消込可能)状態となります。

こちらの状態のまま、指で円を描くように画面操作いただくとスタンプを押すことができます。

  

f:id:storesblog:20200408155016j:plain

 

無事にスタンプが押せると設定したスタンプ画像を表示されます。

もちろんチケットもスタンプもオリジナル画像を設定可能なので、ぜひ設定してみてくださいね!

 

STORESではデジタルコンテンツ販売も出来ます! 

今回電子チケット販売機能についてご紹介しましたが、STORESではデジタルコンテンツの販売も出来ます!具体的には、

  • jpg/pngなどの写真データ
  • 自分で作成した音源
  • 動画データ
  • 拡張プログラム 
  • lrtemplate/xmpなどのプリセット

などを販売出来ます!

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

officialmag.stores.jp

 

 

STORES電子チケットサイト

https://stores.jp/ticket

 

 

関連記事
  1. 【レビュー機能が大幅リニューアル】新しくなったレビュー機能で売上アップを!

  2. 割引クーポンに使用回数制限をつけることができるようになりました!

  3. 販売中アイテムの並び替えができるようになりました!

 

 

STORES なら誰でも無料で
本格的なネットショップが作れます。

専門知識不要で豊富なテンプレートと
カスタマイズ機能で自分だけの表現が
驚くほどかんたんに!

\毎月10,000店舗開設/

ネットショップを無料作成