お知らせ 資料ダウンロード

飲食店におすすめのPOSレジアプリ6つを比較!選び方の基準も解説

pos レジ 飲食 店

 

飲食店を経営するのであれば、POSレジがあったほうがなにかと便利です。売上アップに必要なデータを自動的に収集・分析してくれたり、キャッシュレス決済など各種サービスとも連携できたりします。しかしPOSレジとはいっても、さまざまな種類があり、どれを選んだらいいのかわかりにくいのも事実。

 

今回は飲食店におすすめのPOSレジアプリを比較します。POSレジの概要や選び方の基準などもお伝えしますから、POSレジの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

POSレジとは?

pos レジ 飲食 店

 

POSレジとは、従来のレジスターにPOS機能を加えたものです。

 

POSとは「Point of Sales」の略で、日本語に訳すると「販売時点情報管理」になります。簡単にいうと、販売情報などをリアルタイムで管理するシステム。商品やサービスを販売したら、販売データをすぐにシステムへ反映させて、在庫情報や顧客情報などと連携させます。こうした売上情報・在庫情報・顧客情報など各種データを一括で管理するのがPOSの役割です。

 

従来のレジスターは金額の計算だけしかできませんでしたが、POSレジではさまざまな機能をもつようになりました。データを自動的に集計できるほか、集計したデータから分析も可能です。飲食店向けのPOSレジであれば、セルフオーダー、キャッシュレス決済などと連携できるPOSレジもあります。

POSレジの種類

POSレジは「ターミナル型」と「タブレット・モバイル型」の2つに大きく分かれます。それぞれのメリットやデメリットを確認していきましょう。

①ターミナル型の特徴

ターミナル型はPOSレジ専用の端末に専用のソフトウェアをインストールするタイプで、スーパーやコンビニなどに設置してあるタイプのものです。導入する店舗に合わせてシステムの内容をカスタマイズし、端末も専用のものを使うため、多機能で使いやすいのがメリット。

 

一方で、導入コストは50万~100万程度と高額になってしまうのがデメリットです。数年おきに端末ごとシステムを更新しないといけないことも、コストがかかる原因になってしまいます。

②タブレット・モバイル型の特徴

タブレット・モバイル型は、iPadなどの一般用端末にPOSレジアプリをインストールするもので、近年シェアを伸ばしています。クラウドを使っているため、Wi-Fi環境が必要です。

 

ターミナル型と比べて導入コストが大幅に安いのがメリット。サービスにもよりますが、初期費用・月額料金が無料のところもあり、タブレットや周辺機器の費用だけで導入できます。周辺機器をそろえた場合でも20万円程度で済むでしょう。

 

デメリットは、一般用のタブレットを使っているため、耐久性に劣ることが挙げられます。また保守サービスは、ターミナル型と比べると充実していないところがあるのもデメリットです。

 

このようなデメリットもありますが、通常の飲食店であれば、タブレット・モバイル型のPOSレジがおすすめです。多数の店舗を展開していて大規模なシステムが必要な場合や、タブレット・モバイル型では提供されていない特殊な機能を使いたい場合などを除けば、たいていのことがタブレット・モバイル型で実現できますし、コストも抑えることが可能だからです。

 

詳しくは以下の記事でも解説しています。

iPad対応のタブレット型POSレジアプリを使うメリット・デメリットや導入費用

飲食店におすすめのタブレット・モバイル型POSレジ6選

ここでは、飲食店におすすめのタブレット・モバイル型のPOSレジを6つ紹介します。

①STORES レジ

STORES レジ

 

STORES レジ はヘイ株式会社が提供するPOSレジです。初期費用0円で、月額料金も0円のフリープランがあります。飲食店での利用であれば、フリープランでも十分でしょう。シンプルなPOSレジのため、操作しやすいのもメリットです。

 

STORES 決済 とも簡単に連携でき、キャッシュレス決済を手軽に導入できます。クレジット決済や電子マネー決済、QRコード決済と多彩な決済方法に対応できるようになるため、他店との差別化が可能です。

 

初期費用

0円

月額料金

フリープラン0円

スタンダードプラン2,178円

対応端末

iPad

キャッシュレス対応

対応(専用端末の契約が必要)

運営元企業

ヘイ株式会社

公式サイト

https://stores.jp/regi

②ユビレジ

ユビレジ

 

ユビレジは、株式会社ユビレジが提供するPOSレジです。初期費用は0円で、月額料金0円のお試しプランもあります。しかし、お試しプランは機能が限定されるため、飲食店向けの機能を使いたいのであれば、月額7,590円のプレミアムプランがおすすめです。ハンディ端末を使う場合はオプションで1台あたり1,650円が必要。

 

お客さまの端末から注文や決済が可能なセルフオーダーにもオプションで対応しています。価格は要問い合わせです。

 

初期費用

0円

月額料金

お試しプラン0円

プレミアムプラン7,590円

対応端末

iPad

キャッシュレス対応

対応(専用端末の契約が必要)

運営元企業

株式会社ユビレジ

公式サイト

https://ubiregi.jp/

③blaynレジ

blaynレジ

 

blaynレジは、ブレイン株式会社が提供する飲食店専用のPOSレジです。タブレット・モバイル型ですが、専用端末を使っているため耐久性が高く、飲食店でも安心して使えます。

 

料金プランは3つあり、月額0円の無料プランと月額3,080円のスタンダードプラン、月額10,780円のプレミアムプランです。無料プランではかなり機能が制限されているため、スタンダードプラン以上が必要かもしれません。プレミアムプランではハンディ端末が利用できるようになります。また、セルフオーダーにもオプションで対応しています。

 

初期費用

月額料金

無料プラン:0円

スタンダードプラン:3,080円

プレミアムプラン:10,780円

対応端末

タブレット・スマートフォン

キャッシュレス対応

有料プランで対応

運営元企業

ブレイン株式会社

公式サイト

https://www.blayn.com/

④かんたん注文

かんたん注文

 

かんたん注文は、WSST JAPAN株式会社が提供する飲食店に特化したPOSレジアプリです。月額料金は19,800円からですが、公開されていない初期費用などと合わせて、問い合わせから確認したほうがよいでしょう。

 

セルフオーダーに対応しており、お客さまのスマートフォンから注文などが可能です。また、日本語のほか英語と中国語にも対応しているため、インバウンド需要など外国人のお客さまにも対応できます。

 

初期費用

月額料金

1万9,800円~

対応端末

タブレット・スマートフォン

キャッシュレス対応

運営元企業

WSST JAPAN株式会社

公式サイト

https://www.kantan-order.com/

⑤Airレジ

Airレジ

 

Airレジは、株式会社リクルートが提供するPOSレジアプリです。初期費用・月額料金無料で使用できます。シンプルでわかりやすいのが特徴で、メニューの登録や設定などが直感的に操作可能です。

 

キャッシュレス決済サービスの「Airペイ」やオーダーシステムの「Airレジ オーダー」とも連携できますが、「Airレジ オーダー」は別途料金がかかります。ほかにも、freeeなどの会計ソフトやデリバリー総合サービスの出前館など連携可能なサービスが多いのも特徴です。

 

初期費用

0円

月額料金

0円

対応端末

iPad

キャッシュレス対応

対応(専用端末の契約が必要)

運営元企業

株式会社リクルート

公式サイト

https://airregi.jp/

⑥Squareレジ

Squareレジ

 

Squareレジは、Square株式会社が提供するPOSレジです。日本だけでなく世界中でサービスを展開しており、200万以上の事業者が利用しています。初期費用・月額料金無料で利用が可能です。機能はそれほど多くありませんが、飲食店で利用するための最低限の機能はそろっているため、シンプルに使用できるでしょう。

 

QRコード決済には対応していませんが、クレジットカード決済、電子マネー決済には対応しています。決済端末が、多機能タイプと簡易タイプの2種類用意されているのも特徴です。

 

初期費用

0円

月額料金

0円

対応端末

タブレット・スマートフォン

キャッシュレス対応

対応(決済端末の購入が必要)

運営元企業

Square株式会社

公式サイト

https://squareup.com/jp/ja/point-of-sale



最後に、これまで紹介した6つのPOSレジの料金などをまとめてみました。

 

 

初期費用

月額料金

対応端末

キャッシュレス決済

公式サイト

STORES レジ

0円

0円

有料プランあり

iPad

対応(専用端末の契約が必要)

https://stores.jp/regi

ユビレジ

0円

0円

有料プランあり

iPad

対応(専用端末の契約が必要)

https://ubiregi.jp/

Blaynレジ

0円

有料プランあり

タブレット・スマートフォン

有料プランで対応

https://www.blayn.com/

かんたん注文

19,800円~

タブレット・スマートフォン

https://www.kantan-order.com/

Airレジ

0円

0円

iPad

対応(専用端末の契約が必要)

https://airregi.jp/

Squareレジ

0円

0円

タブレット・スマートフォン

対応(専用端末の購入が必要)

https://squareup.com/jp/ja/point-of-sale

飲食店に適したPOSレジの選び方

飲食店におすすめのPOSレジを紹介しましたが、自分のお店に合ったものを選ぶためにはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。飲食店に適したPOSレジの選び方を説明します。

タブレット・モバイル型を選んで導入コストを抑える

POSレジには大きく分けて「ターミナル型」と「タブレット・モバイル型」がありますが、多くの飲食店ではタブレット・モバイル型が適しています。タブレット・モバイル型は導入コストを大幅に抑えられるからです。

 

ターミナル型にもメリットはありますが、どちらかというと多店舗を展開している大規模チェーンなどに適したシステムです。小~中規模であれば、タブレット・モバイル型でも十分に対応でき、コストを抑えられるメリットのほうが大きいでしょう。

セルフオーダーシステムの併用も検討する

飲食店向けのPOSレジのなかには、セルフオーダーシステムに対応しているものもあります。セルフオーダーシステムとは、お客さまのスマートフォンから専用のWebサイトにアクセスし、注文や会計ができるシステムです。

 

注文を受けたり、会計をしたりする人手が不要になりますし、お客さま側もいちいち店員を呼ばなくて良いため、満足度が向上します。オペレーションの効率化とサービスの向上が可能なため、セルフオーダーシステムの併用を検討してみてはいかがでしょうか。

売上向上のための分析機能の有無を確認する

POSレジにはメニューや期間ごとの売上管理や分析ができるものがあります。売上の向上を目指すにはデータの分析が欠かせませんが、手動でデータを集めて集計、分析するのは大変です。

 

POSレジであれば、集計や分析を自動で行なってくれます。分析機能が充実したサービスを選ぶと、売上アップのための施策も立案しやすくなるでしょう。

飲食店にPOSレジを導入するなら「STORES レジ」がおすすめ

STORES レジ

 

POSレジは、金銭の計算だけを行なう従来のレジに加えて、販売情報をリアルタイムで取り扱い、売上情報・在庫情報・顧客情報など各種データを一括管理できるようになります。ターミナル型とタブレット・モバイル型がありますが、飲食店に向いているのはタブレット・モバイル型です。

 

STORES レジ であれば初期費用・月額料金0円で利用できます。飲食店に必要な機能を網羅しており、周辺機器も充実しています。また、STORES 決済 と連携すれば、キャッシュレス決済にも対応可能。導入サポート窓口もありますので、POSレジの導入を検討している飲食店オーナー様は、お気軽にご相談ください。

STORES レジ の詳細はこちら

 

STORES レジ サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

関連記事