ネットショップで売れる商品とは?ネットショップ販売におすすめの商品まとめ

f:id:storesblog:20181002171418p:plain

フリマアプリやオークションサイト、ネットショップ作成サービスなど、誰もが簡単にインターネット上で商品を販売することができるようになってきました。

 

実際に「インターネットで自分も販売してみたい!」と思っている人もたくさんいるのではないでしょうか?

 

しかし、インターネットで販売してみたいと考える人の中には、すでに販売したい商品が決まっている人も入れば、「販売するものは決まっていないけど、副業として『なにか』販売してみたいな」と考えている人もいると思いますし、「何を販売したら良いかよくわからなくて、登録してみただけ」という人もたくさんいると思います。

 

そこで今回は、

  • なんとなくネットショップを始めてみたいけれど、何を売っていいのかわからない!
  • ネットショップを始めてみたいけど、ネットショップで売れやすい商品てなんだろう?
  • 副業でもネットショップで簡単に売れる商品ってあるのかな?
  • ハンドメイド品を作ってみたけど、ネットショップで売れるのかしら?
  • 自分の農家で育てた野菜やお米はネットショップで売ることはできるのかな?

といった悩みを持っている人たちのために、

  1. ネトショップではどんな商品が売れるのか?
  2. 売れる商品はどこから仕入れたら良い?
  3. 初心者さんや副業したい人にオススメの販売商品とは?

について紹介をしていきます。

 

 

ネットショップで売れる商品ってなんだろう? 

①限定商品

限定商品がインターネット販売でおすすめな理由とは?

限定商品とは、地域や期間が決めらて販売されている商品のことをさします。

 

例えば、沖縄の紅芋キットカットやマンゴー味のハイチュウ、北海道のじゃがぽっくるなど、地域限定のお菓子や特産物、工芸品などが限定商品にあてはまります。

農家を経営されている方などは、自分の土地で育てた野菜やお米などが限定商品に当てはまるでしょう。

 

また、日本では販売されていない海外の洋服やアクセサリー・シューズ・お菓子や健康食品なども、地域が決められて販売されている『限定商品』として分類することができます。

 

では、こうした限定商品がインターネットで売れる理由はどうしてなのでしょうか?

 

  1. インターネット販売の「いつでも」「どこでも」「誰でも」というメリット
  2. 現地に行かないと簡単には手にいれられないという限定商品のデメリット

メリットとデメリットがうまく噛み合っているからなのです。

 

例えば、今までは北海道に行かないと購入できなかった商品も、インターネットで販売することで、「いつでも」「誰でも」「どこからでも」北海道限定の商品が購入できるようになります。

実際に北海道に行くよりも安く限定商品を手に入れられるので、お客さんに購入してもらいやすく、販売しやすいアイテムだと言えます。

  

また、人には、『限定と言われると欲しくなる』という心理効果(「希少性効果」と呼ばれます)やスノッブ効果という『他の人が持っていないものが欲しくなる』という心理が働くこともわかっています。

 

「その地域に行かないと買えないアイテムを手にれたい」

「日本未発売の商品を誰よりも先に手に入れたい」

など、限定商品をインターネットで販売した場合は希少性効果やスノッブ効果を期待することができるので、インターネットでの販売に向いていると言えます。

 

限定商品を仕入れる方法とは?

地域限定の食材やお菓子・工芸品などの特産品ついては、家業や地域事業として生産・販売している人がほとんどだと思います。家業や地域事業として特産品を製造されている方は、ネットショップ開設のサービスを利用して販売してみると良いでしょう。

 

家業や地域事業として特産品の製造をしていない場合、生産している方たちと契約を結んで販売していくこともできますが、個人単位で取引を進めていくのはとても難しいかもしれません。

 

しかし、そうした人たちでも日本未発売の商品については、海外のショッピングモールサイトを利用することで個人でも簡単に仕入れることができます。

 

具体的には、ネットショップを始めよう!商品の仕入れ方やおすすめの仕入れ先〜Part①〜 個人輸入をする で紹介したように、

  • ebay

    限定商品を仕入れる方法:ebay

    限定商品を仕入れる方法:ebay
  • Amazon.com(アメリカ版Amazon)

    限定商品を仕入れる方法:Amazon.com

    限定商品を仕入れる方法:Amazon.com
  • アリババ

    限定商品を仕入れる方法:アリババ

    限定商品を仕入れる方法:アリババ

などの海外のオンラインショッピングモールを参考にすると良いでしょう。

 

これらのサイトは、利用客数が多いため、売れ筋商品をチェックすることで海外で人気の商品をリサーチすることもできますし、良い商品があれば個人輸入としてそのまま仕入れることも可能です。

 

officialmag.stores.jp 

②低価格で販売できる商品

低価格で販売できる商品がインターネット販売でおすすめな理由とは?

インターワイヤード株式会社が実施した『店舗とネット比較検討・消費行動』に関するアンケートによると、オンラインで購入した経験のある人のうち、約70%がインターネットで購入をした決め手が「価格」であると回答したそうです。

 

また、ウィルゲートにより実施された「ネットショッピングに関する購買障壁のアンケート調査」では、10,000円未満であればネットショップでもためらわずに購入ができるという結果が得られたそうです。

 

これらの調査結果からも、多くの人にとってインターネットで買い物をする時のキーポイントは『価格』であることが分かります。

 

インターネットで販売する場合、管理費(店舗の家賃や人件費など)を抑えることができる分、実店舗よりも低い価格で販売することができます。また、仕入れコストを低価格に抑えることで、さらに低い価格で販売することも可能です。

こうしたことからも、低価インターネットでの販売に適していると言えます。

 

低価格で販売できる商品を仕入れる方法とは?

より低価格で販売するためには、どれだけ安く商品を仕入れることができるかという点がキーポイントにります。

 

低価格で販売商品を準備する方法としては

  1. 一度にたくさん仕入れる
  2. インターネットで仕入れをする
  3. ハンドメイドアイテムで必要コストを下げる

があげられます。

 

1. 一度にたくさん仕入れる

一度に大量に仕入れることで、1点あたりの単価を下げることができ、低価格で商品を仕入れることができます。

 

ただし、大量に仕入れた場合は在庫保管について注意をする必要があります。

自宅で保管できる時は問題ありませんが、保管用の倉庫を借りる時は倉庫利用料など、予期せぬ追加費用が発生してしまう場合もあります。

 

大量に商品を仕入れる場合は、保管場所の確保などを確認してから仕入れるようにしましょう。

 

2. インターネットで仕入れるをする

インターネットの特徴の1つ、『低価格』は仕入れにも活用することができます。

 

NETSEAなどのサイトが良い例ですが、商品を卸している問屋も、インターネット上で販売をすることで管理費(店舗の家賃や人件費など)を抑え、通常よりも安い価格で商品を卸しているケースが多くみられます。

 

インターネット上で仕入れを行えば、現地に行く交通費や宿泊費が省かれ、仕入れた商品の送料だけに抑えることができるのも、低価格に抑えられる理由の1つです。

低価格で仕入れる方法:インターネットで仕入れる

低価格で仕入れる方法:インターネットで仕入れる

 

インターネットでの仕入れについては、ネットショップを始めよう!商品の仕入れ方やおすすめの仕入れ先〜Part①〜 インターネットで仕入れるも合わせて確認してみてくださいね!

officialmag.stores.jp

 

また、ハンドメイトブームの影響もあり、アクセサリーや雑貨、洋服やインテリア用品などのアイテムをハンドメイドしているという方も多いと思います。

 

 ハンドメイドアイテムの場合、自分のペースで商品を作ることもできますし、商品製作におけるデザイン依頼費や製作費、人件費などもかからないので、材料費をおさえることで、結果的に低価格な商品を販売することができる=ネットショップで売れやすいアイテムに当てはまるのです。

 

材料費をおさえるための方法もとても簡単で、身近にあるホームセンターや専門店などから準備することができます。

 

  • 材料は問屋から低価格で仕入れる
    昔から問屋街として有名な浅草橋ですが、特にビーズや皮、宝石などの問屋が多くあることで有名です。
    ネットでも販売を行なっている問屋が多く、比較的簡単に個人でも仕入れをすることができます。

    吉田商事オンラインショップ

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その1

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その1

    などを参考にしてみると良いでしょう。

  • 専門店で安く購入する
    布生地など縫製専門のユザワヤやアクセサリーやハンドメイドアイテムのパーツ専門の貴和製作所など、専門店で比較的低価格で材料を購入することができます。

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その3

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その3

     

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を問屋から仕入れる その4

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を問屋から仕入れる その4

    また、東京 日暮里には繊維街と呼ばれる生地専門店が集まっている地域があり、生地の種類も豊富で安く手に入ることから、わざわざ繊維街に生地を購入しに来る人もいるそうです。


    店舗にもよりますが、ネットで販売にも対応しているお店もあるので、地方に住んでいる方も日暮里繊維街ホームページを参考に購入してみても良いでしょう。

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その5

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その5

    こうした専門店は、スタッフに相談しながら材料を選べるというメリットもあるので、ハンドメイドにそこまで慣れていない人は利用してみると良いでしょう。

  • 木材などはホームセンターで安く仕入れる
    木材などは、ホームセンターや材木店から簡単に仕入れることができます。

    また、最近はDIY(Do It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、専門家ではない人が何かを自分で作ったり修繕したりすること)をする人が増えており、「安いだけでなく重い木材を家まで届けてくれる」という点からインターネットから木材を仕入れる人も増えてきているそうです。

    近くにホームセンターなどがない場合は
    材木商店

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その6

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その6

    MARUTOKU SHOP

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その7

    低価格で販売できる商品:ハンドメイドアイテムの材料を低価格で仕入れる その7

    など、木材のインターネット販売を参考に材料をそろえてみると良いでしょう。

 

③流行の商品

流行の商品がインターネット販売でおすすめな理由は?

洋服やカバンやアクセサリー、シューズなどのアパレル商品や、スマートフォンケースなどの雑貨など、流行がはっきりしているアイテムはインターネットの販売に適していると言えます。

 

総務省が発表した平成27年度版 情報通信白書よると、

  • 商品やサービスの内容、評判について調べたいことがある場合
  • 個人的な趣味や娯楽について調べたいことがある場合
  • 特に目的のない暇つぶし的に調べたいことがある場合

など、いずれの場合も『インターネットで検索をする(SNSでの検索や質問サイトなどを含む)』という人が80%を超えていたそうです。

 

また、「バンドワゴン効果」という言葉があるように、多くの人は「みんなが持っているなら自分も欲しい!」と感じる心理が働くため、流行や話題になっている商品は需要(商品を買いたいという欲求)がとても高くなります。

 

つまり、流行アイテムをインターネット上で販売することで、

  • SNSやブログなどで、簡単に商品を宣伝・拡散することができる
  • インターネットを使って情報収集している人たちが、お客さんとして自分のネットショップへ集まってくる
  • 「流行の商品(みんなが持っている商品)」=「自分も欲しい」という心理が働き、商品購入に繋がり売上が上がる

という集客から購入までの流れを自然に作ることができるのです。

 

こうした理由から、流行の商品はインターネットで売れやすいアイテムの1つだと言えます。

 

流行の商品を仕入れる方法とは? 

 ②インターネットで売れるオススメ商品:低価格で販売できる商品 でも紹介したように、インターネットで販売する場合はできる限り低価格であることが好ましいとされます。

 

つまり、流行の商品かつ安く販売できる商品を販売することは、たくさんのお客さんに購入してもらえるチャンスに繋がるので、流行の商品を仕入れる方法は、少しでも低価格で仕入れができるインターネットでの仕入れがおすすめです。

officialmag.stores.jp

 

また、仕入れるにあたり、今どんな商品が流行しているのかを知っておく必要がありますよね?

 

こうした情報は、

  1. 情報の拡散スピードが早いTwitterやInstagramなどのSNSを活用する
    ● たくさんの人にタグがつけられたハッシュタグ(#で始まるキーワード)を調査する
    ● 芸能人のアカウントやインスタグラマー(一般人の中でもフォロワー数が多く影響力のある人)のアカウントをフォローし、情報を集める

  2. キュレーションサイトと呼ばれるまとめサイトや口コミサイトを参考にする
    ● ファッションやコスメなどの女性向けまとめサイト(by.S4meee!
    ● 旅行のまとめサイト(RETRIP
    ● 生活に関するまとめサイト(キナリノ
    ● 買い物に関するまとめサイト(カウモ
    などのまとめサイトの中から、読まれている回数(レビュー数)が多い記事を参考にする

  3. ショッピングモールサイトの売れ筋アイテムを参考にする
    ZOZOTOWNや楽天市場など、顧客数が多いショッピングモールサイトの売れ筋ランキングを参考にし、需要のある商品(買いたいと思われている商品)について調査する

    流行の商品を仕入れるために情報を集める方法:ショッピングモールのランキングを参考にする

    流行の商品を仕入れるために情報を集める方法:ショッピングモールのランキングを参考にする

といった方法で入手すると良いでしょう。

 

④重たい(運びにくい)商品

重たい(運びにくい)商品がインターネット販売でおすすめな理由は?

飲料やお米などの重い商品を購入した時に、自分で持ち運ぶのはとても大変ですよね?

 

Asahiグループの青山ハッピー研究所が行なった『ネットショッピングで何を買う?』の調査では、ネットで「お酒」や「飲料」を買う理由として、「重たい缶や瓶を自宅まで運んでもらえるから」という回答が8割弱だったそうです。

 

こうした調査からもわかるように、飲料やお米・家具や家電・ペットフードなどの重たくて運びにくい商品を販売することは、近くに買い物ができる場所がない人や年配の方、子供連れの方など、幅広い人をターゲットにした集客ができるので、インターネットでの販売に適しているのです。

 

運びにくい商品を仕入れる方法とは? 

家具や家電についてはドロップシッピングという形をとれば、個人でも販売することが可能です。

ドロップシッピングについては、ネットショップを始めよう!商品の仕入れ方やおすすめの仕入れ先〜Part② ドロップシッピングのサービスを利用するから確認してみてください。

officialmag.stores.jp

 

また、飲料なども仕入れサイトから個人で仕入れることもできます。

 

主な仕入れサイトとしては、

  • 海外の飲み物やオーガニックドリンクなどが豊富なスーパーデリバリー

    重たい(運びにくい)商品を仕入れる方法 その1

    重たい(運びにくい)商品を仕入れる方法 その1
  • ドリンクだけでなく調味料なども豊富に取り扱っているMマート

    重たい(運びにくい)商品を仕入れる方法 その2

    重たい(運びにくい)商品を仕入れる方法 その2
  • 豊富な種類のドリンクをより低価格で販売しているドリンク一番

    重たい(運びにくい)商品を仕入れる方法 その3

    重たい(運びにくい)商品を仕入れる方法 その3

などを参考にすると良いでしょう。

 

なお、飲料などの食品を扱う場合は、販売をするために必要な許可や届け出について、必ず事前に確認をしましょう。(今後の記事にリンク)

 

⑤定期的に購入できる商品

どうして定期的に購入できる商品がインターネット販売でおすすめなの?

定期的に購入が必要になる日用品(お水や野菜、お米、洗剤やトイレットペーパーなど)や化粧品、サプリメントなどの健康食品など、なくなるたびに買いに行くのは大変ですよね?

また、せっかくお店に買い物に行ったのに買い忘れてしまった…と言う経験をしたことがある人もたくさんいると思います。

 

実際に内閣府の発表によると、消費者委員会が行なった消費者の「健康食品」の利用に関する実態調査では、50代以上の50%以上はインターネットで健康食品を購入すると回答をしたそうです。

 

また、Asahiグループの青山ハッピー研究所が行なった『ネットショッピングで何を買う?』の調査が行なった調査では、ネットで「お酒」や「飲料」を買う理由の第二位として「スーパーや酒屋まで足を運ぶ手間や時間が省ける」が挙げられています。

 

インターネットでは24時間いつでもどこでも購入ができるので、「なくなりそう」「なくなった」というタイミングで買うこともできますし、定期的に商品が届けられる定期コースなどを利用すれば、商品を切らすことなく安心して過ごすことができます。

 

こうした理由から、定期的に購入できる商品はインターネット販売で売れやすく適していると言えます。

 

定期的に購入できる商品を仕入れる方法とは? 

農家として野菜やお米などを生産している方は、自分の農家で収穫したものを販売すると良いでしょう。

また、飲料などを販売したい場合の仕入れ方法は、 運びにくい商品を仕入れる方法とは? で紹介したように、

  • 海外の飲み物やオーガニックドリンクなどが豊富なスーパーデリバリー

    定期的に購入できる商品を仕入れる方法 その1

    定期的に購入できる商品を仕入れる方法 その1
  • ドリンクだけでなく調味料なども豊富に取り扱っているMマート

    定期的に購入できる商品を仕入れる方法 その2

    定期的に購入できる商品を仕入れる方法 その2
  • 豊富な種類のドリンクをより低価格で販売しているドリンク一番

    定期的に購入できる商品を仕入れる方法 その3

    定期的に購入できる商品を仕入れる方法 その3

などを利用すると良いでしょう。

 

また、

  • 日用品から健康食品、サプリメントなどを取り揃えている爽快ドラッグ

    定期的に購入できる商品を仕入れる方法 その4

    定期的に購入できる商品を仕入れる方法 その4

からも仕入れをすることができます。

 

なお、飲料をふくめ食品を扱う場合も、販売をするために必要な許可や届け出・資格が必要な場合もあるので、仕入れ前に必ず確認をしましょう。(今後の記事にリンク) 

 

⑥対面で購入しづらい商品

どうして対面で購入しづらい商品がインターネット販売でおすすめなの?

育毛剤など、購入しているところを人に見られたくないなと言う商品もありますよね?

インターネットでの購入は、店員さんと直接顔を合わせることもなく、また配達員の人も中に何が入っているかはわからないので、対面では購入しずらい商品も、誰にも知られずに購入することができます。

 

こうした理由から、対面では購入しづらい商品はインターネットで購入されることが多く、売れやすい商品となっています。

 

対面で購入しづらい商品を仕入れる方法とは? 

 育毛剤などもNETSEAなどのインターネットから仕入れを行うことができますが、医薬品に該当する商品などは販売をするために必要な許可や届け出が必要となります。

仕入れ前に必ず、販売許可や届け出、資格について確認することを忘れないようにしましょう。

 

初めてインターネットで販売するのにおすすめな商品とは?

  • これからネットショップをスタートさせたいけど、売る物は決めていない!
  • とりあえず副業として簡単に販売できるものが知りたい!
  • 何を売ったらいいのかわからない

など、初めてインターネットで販売をする人たちにおすすめなのが、紹介した6種類の販売商品の中でもこの2つです。

 

<初めてインターネットで販売するのにおすすめな商品>

  1. インターネットで仕入れる『低価格の商品』
  2. 流行の商品の『アパレル商品』

インターネットでの販売初心者さんにおすすめ:インターネットで仕入れる低価格の商品

  1. 現地にいかなくてもインターネットから簡単に取引を進めることができる
  2. 複数の問屋が卸しサイトに登録をしているので、仕入れの際に様々な商品を一度にたくさん見ることができる

など、仕入れ先のツテがない初心者でも簡単に取り組むことができます。

また、

  • 卸しサイトの場合は小ロットで販売してもらうことができる
    ※ロットとは1つのアイテムを注文する際に必要な最低個数のことで、小ロットとは、その個数が1点〜などの少量のことを
  • 低価格の商品はお客さまにより購入してもらいやすくなる 

といった点からも、インターネットでの販売初心者さんにおすすめできる商品です。

 

インターネットでの販売初心者さんにおすすめ:アパレル商品

インターネットで仕入れる商品の中でも、特に『アパレル商品』はおすすめ商材の1つです。

 

  1. 雑誌やまとめサイト・仕入れサイトの売れ筋ランキングなど、参考にできる情報がたくさんある
  2. SNSを活用した宣伝がしやすく、比較的バズりやすい(※バズる=インターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられること)

など、初心者でも簡単に情報入手・情報発信をしていくことができるので、インターネットで初めて販売する人の中でも「ハンドメイド品を作るほどの時間は確保できないな」という場合は、洋服やカバン、アクセサリーなどのアパレル商品からスタートしてみると良いでしょう。

 

なお、ハンドメイドアイテムを作成されている人はぜひネットショップのでの販売に挑戦してみましょう!

 

また、

  1. 個人でも簡単に材料の仕入れがしやすい
  2. 定期的にホームセンターなどでワークショップが開催されていたり、ハンドメイドの本や動画サイトなど参考にできるものがたくさんある
  3. 他の人とかぶらない、オリジナリティのある商品=他では買えない限定商品の一面もあわせ持っている

など、ハンドメイドアイテムは初心者の人でも簡単に挑戦することができるので、比較的まとまった時間が取れるという人はハンドメイド品の制作・販売にも挑戦してみると良いでしょう。

 

まとめ

インターネットで販売しやすい商品=売れる商品には、

  1. 限定商品
  2. 低価格で販売できる商品
  3. 流行の商品
  4. 重たい(運びにくい)商品
  5. 定期的に購入できる商品
  6. 対面で購入しづらい商品

があり、それぞれの商品の仕入れ場所として

  • 限定商品
    日本未発売の海外商品をebayやアリババ、Amazon.comなどの海外のショッピングサイトから仕入れる

  • 低価格で販売できる商品
    インターネット販売を行なっている問屋から仕入れる
    材料を専門店や問屋から低価格で仕入れ、ハンドメイドアイテムを作る

  • 流行の商品
    SNSやまとめサイト、ショッピングサイトのランキングから売れ筋をチェックし、インターネット販売を行なっている問屋から仕入れる

  • 重たい(運びにくい)商品
    家具家電はドロップシッピングのサービスを利用する
    飲料などはインターネット販売を行なっている問屋から仕入れる
    ※事前に必要な資格・販売許可・届け出が必要ないか、必ず確認しましょう!

  • 定期的に購入できる商品
    インターネット販売を行なっている飲料や健康食品などの問屋から仕入れる
    ※事前に必要な資格・販売許可・届け出が必要ないか、必ず確認しましょう!

  • 対面で購入しづらい商品
    インターネット販売を行なっている医薬品などを扱っている問屋から仕入れる
    ※事前に必要な資格・販売許可・届け出が必要ないか、必ず確認しましょう!

を紹介しました。

 

また、これからインターネット販売をスタートさせる人には、

  • 個人でも簡単に材料の仕入れがしやすい
  • 定期的にホームセンターなどでワークショップが開催されていたり、ハンドメイドの本や動画サイトなど参考にできるものがたくさんある
  • 他の人とかぶらない、オリジナリティのある商品=他では買えない限定商品の一面もあわせ持っている
  • 初心者でも挑戦しやすい

といった特徴を持っている『ハンドメイド品』や、

  • 雑誌やまとめサイト・仕入れサイトの売れ筋ランキングなど、参考にできる情報がたくさんある
  • SNSを活用した宣伝がしやすく、比較的バズりやすい(※バズる=インターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられること)

といった特徴をもつ『アパレル商品』から挑戦してみることをおすすめします。

 

なんとなくネットショップを始めてみたいと思っていた人も、副業でインターネットで何か売れないかなと考えていた人も、とりあえずサービスに登録してみたけど、何を売れば良いかわからなかった人も、

この記事を参考にぜひフリマアプリやネットショップ作成サービスを使ってインターネットでの販売に挑戦してみてくださいね。

 

 

関連記事
  1. ネットショップを始めよう!商品の仕入れ方やおすすめの仕入れ先〜Part①〜

    officialmag.stores.jp

  2. ネットショップを始めよう!商品の仕入れ方やおすすめの仕入れ先〜Part②

    officialmag.stores.jp

  3. ネットショップを開いている人たちの声を聞いてみよう!

    officialmag.stores.jp 

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)は、最短2分!無料で誰でも簡単にネットショップ/オンラインストアが作れるサービスです。


ネットの知識がなくても、あらかじめ用意されている背景テンプレートや背景色をクリックひとつで利用できます!

 

ご登録がまだの方はこちらから。無料からご利用いただけます!

 

\ これからネットショップを運営されるオーナー様へ /

STORES.jpはこちら

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

☆最新情報はSNSの公式アカウントで随時配信中☆

f:id:storesblog:20161122172142p:plain  f:id:storesblog:20161122172131p:plain  f:id:storesblog:20161122172231p:plain