信頼度も売上もUP!STORESでショップ開設に必要な「住所」を設定すべき理由

 

f:id:tenbitaiko:20200421142707j:plain

 

誰でも気軽にインターネットを通じて商品が販売できるネットショップ。

ショップを開くのが簡単なだけに「どうしてわざわざ住所を設定しなければいけないの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、STORES(ネットショップ)で住所を設定しなければいけない理由と、実際にSTORESで住所を設定する方法について紹介していきます。

 

STORESで住所を設定すべき理由

ネットショップを運営する際に住所を設定しなければならないのは、「特定商取引法に基づく記載」の中で住所の表記が義務付けられているからです。

 

特定商取引法(特商法)とは、特定の販売方法で起こりうるトラブルから消費者の安全を守るための法律のこと。

 

「特定の販売方法」の中にはいくつか種類がありますが、ネットショップのような「通信販売」も対象になっています。

そのため、ネットショップを運営している個人・法人は、消費者とのトラブルが発生しないように特商法に基づき様々な事項を明記する必要があるのです。詳しくは『ネットショップで必須の特商法とは?法律の内容・記載事項を確認しよう』という記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

 

 

上記の理由に伴って、STORESでショップを運営する場合も「特定商取引法に関する表記」にて住所を含む必要事項を記載していただく必要があります。

こちらで記載した内容は「クレジットカード決済」の利用申請をしていただくためにも必要になるため、クレジットカード決済を導入しようと考えている方はぜひ設定しておきましょう。

 

STORESで住所を設定しよう

ネットショップ、ならびにSTORESで住所を設定すべき理由について解説したところで、ここからは実際にSTORESで住所を設定する方法について解説していきます。

 

特商法設定画面1

 

まずSTORESのダッシュボードを開き、画面上で①②の順にクリックしてストア設定の画面に移動します。

 

特商法設定画面2

 

ストア画面設定内で、基本設定> 特定商取引法に関する表記「設定する」をクリックすると、特商法の設定画面になります。

 

f:id:tenbitaiko:20200417164008j:plain

 

移動した先のページの下部にいくと「事業者の名称および連絡先」という見出しと共に上記のような入力フォームが表示されるので、居住地や住所等を入力し保存します。

 

特商法設定画面5

 

スマートフォンでも設定方法は同様。右上のマークから「ストア設定」→「特定商取引法に関する表記」に移動します。

 

特商法設定画面6

 

ページ下部にある「事業者の名称および連絡先」を記載すればOKです。

 

住所を設定する上での注意事項

住所を設定する上で注意しておきたい事項をいくつかまとめました。

 

特商法で表記しなければいけない内容もチェックしよう

今回は「住所」に絞った内容をまとめて紹介していますが、これ以外にも「特定商取引法に基づく記載」によって記載しなければならない項目は多くあります。具体的には

 

  1. 事業者名
  2. 所在地
  3. 連絡先
  4. 注文方法
  5. 販売数量
  6. 商品等の販売価格
  7. 送料などの商品代金以外の付帯費用
  8. 代金の支払時期
  9. 代金の支払方法
  10. 商品等の引き渡し時期
  11. 返品の可否と条件

 

について記載する必要があります。

 

特商法の書き方に迷ったら?〜サンプルやテンプレートを参考にしよう〜

STORESで用意されている特定商取引法に関する表記のテンプレート

 

STORESでは基本的なテンプレートを標準で用意しているので、このテンプレートを元にストアごとで最適な表記にカスタムしていただくことが可能です。

 

「所在地」には業務を行なっている拠点を明記しよう

STORESでは「特定商取引法に関する表記」に記載する「所在地」については、実際に業務を行っている拠点(自宅・事務所問わず)の住所を記載していただいております。

 

お手数をおかけしますが、法律の趣旨をご理解いただき記載いただくよう、お願いします。

 

まとめ

 今回の記事では、STORESでショップを開設するために必要な「住所」を設定すべき理由と、実際に設定する方法、設定する上で注意しておきたい事柄について紹介しました。

 

ネットショップを始めるにあたっては、今回紹介したように一見すると地味に思える作業がたくさんありますが、その全てが「しっかりとネットショップを運営する」ために必要な要素になっています。

 

今回紹介した内容を参考に、まだ設定していない方はお早めに住所を設定してみてください。

 

関連記事
  1. ネット販売で必要な許可・資格まとめ

  2. 特定商取引法の内容・記載事項をチェック

  3. ネットショップで成功するためのポイントとは?


STORES なら誰でも無料で
本格的なネットショップが作れます。

専門知識不要で豊富なテンプレートと
カスタマイズ機能で自分だけの表現が
驚くほどかんたんに!

\毎月10,000店舗開設/

ネットショップを無料作成

 

誰でも簡単にネットショップが
作成できるSTORES
むずかしい知識や
技術は必要ありません。
自分だけのネットショップが、
今すぐはじめられます。