お知らせ 資料ダウンロード

飲食店がキャッシュレス決済を導入すべき5つの理由

飲食店 キャッシュレス

 

飲食店に、キャッシュレス決済は必要なの?」
「コロナの影響で、非接触決済を導入する飲食店が増加中って本当なの?」

この記事では、こんな疑問を抱えるお店の方向けに、キャッシュレス決済の特徴や飲食店が導入すべき理由をご紹介します。コロナによってクレジットカードや非接触決済の必要性を感じている方は、ぜひ確認してみてください。

キャッシュレス決済の種類と特徴

非接触決済などを導入する利点を解説する前に、まず飲食店でも導入できるクレジットカードなどのキャッシュレス決済の種類と特徴をご紹介します。

・クレジットカード決済
・電子マネー決済
・QRコード決済

それぞれ、見ていきましょう。

クレジットカード決済

クレジットカード決済について詳しくは、以下の記事をチェックしてみてみださい。
クレジットカード決済の種類やメリット・デメリット、導入費用について徹底解説!

また、近年は「デビットカード」の人気も高まっています。後払いの「クレジットカード」に対し、「デビットカード」は銀行口座から即日引き落とされるので、使い過ぎを防ぐことができ、信用に問題がある人でも保有できるカードとして利用機会が増えてきています。

電子マネー決済

電子マネー決済は、「PASMO」や「Suica」などに代表される交通電子系マネーカードや、スマホ決済アプリに事前チャージをすることで、支払いができるプリペイド式の決済方法です。

キャッシュカードと連携することで、事前チャージせずに利用できるタイプもあります。

QRコード決済

QRコード決済は、スマートフォンアプリを使い、カメラで二次元バーコードを読み込むことで支払える決済方法です。

「PayPay」、「LINE Pay」、「d払い」、「メルペイ」など、聞きなじみのあるものが多いのではないでしょうか?スマートフォンがあれば誰でも利用可能なので、利便性が非常に高いです。特別な設備が必要なく、導入コストも抑えられます。

飲食店がクレジットカードなどキャッシュレス決済を導入すべき5つの理由

contactless

 

ここからは、飲食店がキャッシュレス決済を導入すべき理由を5つ、ご紹介します。

・コロナ禍でも顧客層を広げられる

・業務効率をアップできる

・導入時のハードルが下がっている

・未回収のリスクを解消できる

・防犯リスクも解消できる

それぞれ、見ていきましょう。

1.コロナ禍でも顧客層を広げられる

今現在のコロナ禍において、支払いの際の現金の受け渡しが感染経路の一つであるとされています。キャッシュレスを導入すれば、店頭での現金受け渡しに不安を感じている顧客層を取り込めるでしょう。

またアフターコロナになっても、キャッシュレス決済の重要性は増すばかりです。
2020年の東京オリンピック時には、中東地域を中心に裕福で社会的地位の高い観光客が多数来日されることが予想されています。

彼(彼女)らは他国の現金をあまり持ち歩かないので、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を多用することになります。キャッシュレス決済を導入していれば、海外の富裕層による購買チャンスを逃すことなく、売上につなげられます。

2.業務効率をアップできる

キャッシュレス決済を導入することによって、会計が楽になり、お釣りの間違いなどのミスを防げるのも、大きなメリットの一つです。会計スピードが上がることで業務効率がアップするのはもちろん、レジ待ちの行列も解消できるので回転率もアップします(売上の増加)。

3.導入時のハードルが下がっている

キャッシュレス決済の導入にあたり飲食店を経営する方々が懸念しているのは、初期費用や設備費、そしてキャッシュレス決済手数料かもしれません。しかし、それらも以前に比べればかなり負担が軽減しており、キャッシュレス決済導入へのハードルは徐々に低くなってきています。

また、日本政策金融公庫により、中小・小規模事業者のキャッシュレス決済導入支援として、低金利の融資制度が創設されたり、設備費なしや初期費用無料のモバイル決済サービスが導入されたりなど、社会全体的にもキャッシュレス化を目指した方向に向いてきています。
参考:日本政策金融公庫による低利融資制度について

4.未払いのリスクを解消できる

現金による支払いだと、顧客の手持ちの現金が足りずに会計できない……という事態も起こりえます。その場合、ツケ払いの約束をすることもあるかもしれませんが、ツケの代金を回収できないという未払いリスクを抱えることになります。

その点、キャッシュレス決済であれば、未払いのリスクは抑えられます。たとえばクレジットカード決済の場合、決済代行業者が代金を立て替えるので、顧客に手持ちの現金が一切なくても問題ありません。

5.防犯リスクも解消できる

キャッシュレス対応にすれば、お店に置いておく現金を減らすことができます。そうすることによって、アルバイトなどの内部の人間による盗難や、銀行に納金するタイミングでの盗難被害なども最小限に済ませることができ、防犯リスクも解消できます。

まとめ

飲食店がクレジットカードやキャッシュレス決済を導入すべき理由とメリットを改めてまとめると、以下の通りです。

・コロナ禍でも顧客層を広げられる

・業務効率をアップできる

・導入時のハードルが下がっている

・未回収のリスクを解消できる

・防犯リスクも解消できる

飲食店を経営されている方は、ぜひこの機会にキャッシュレス決済の導入を考えてみてはいかがでしょうか?

キャッシュレス決済ならSTORES 決済

キャッシュレス決済を導入したいと考えているなら「STORES 決済」がおすすめです。

STORES 決済 は、クレジットカード(デビットカード)/電子マネー/QRに対応したキャッシュレス決済サービスです。キャッシュレス決済手数料が業界最安の「3.24%」(※一部ブランドを除く)で、入金サイクルも「最短翌々日入金」に対応しています。

飲食店のキャッシュレスをかんたんにできるので、はじめてキャッシュレス決済を導入する場合は、ぜひご検討ください。
STORES 決済 公式サイト

 

STORES 決済 サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:0120-343-577
(平日10:00−18:00)