お知らせ 資料ダウンロード

ネイルサロンの経営に必要な資格や開業資金はどれくらい?

f:id:storesblog:20211126171426j:plain

 

ネイルサロンで働く方の中には、将来独立を目標にされてる方は少なくないはず。しかし、開業するとなると必要な資格があるのか、どのくらい資金を用意すればいいのかなど不安もありますよね。

そこで今回は、ネイルサロンを経営するために必要な資格や開業資金などについてご紹介していきます。

ネイルサロンの経営スタイルにはどんな種類がある?

ネイルサロンの経営スタイルは、大きく3つに分けられます。それぞれのメリット・デメリットをご紹介するので、ご自身の望むお店に近い経営スタイルを選びましょう。

①店舗型を借りて経営

f:id:storesblog:20211126171737j:plain

こちらは、路面店などテナントを借りて経営するスタイルです。好きな場所から立地を選べますし、内装もこだわれるので、働きやすい環境づくりができるというメリットがあります。

 

しかしその分、物件代や内装代などの開業資金が大幅にかかってしまうデメリットも。また、月々の賃料も発生します。

②マンションを借りて経営

マンションの一室をネイルサロンとして借りて経営するスタイルです。開業場所は自分の好きな場所で決められ、ある程度内装をアレンジすることができます。

 

店舗を借りるよりは抑えられますが、物件代や賃料などの開業資金がかかってしまう点はデメリットです。また、マンションの一室ということで、集客が難しくなる可能性もあります。

③自宅の一部を活用し経営

f:id:storesblog:20211126172224j:plain

自宅の一部を活用、または敷地内にネイルサロンを増設し経営するスタイル。こちらは、上記2つに比べると、大幅に初期費用を抑えることが可能で、賃料もかかりません。

また、自宅のため家事と仕事の両立もしやすいです。

 

デメリットとしては、立地を選べないので、アクセスがしにくい場所だと集客が難しいでしょう。また、自宅を公開することになるため、安全面での不安を抱えてしまう可能性も。

ネイルサロンを経営するために必要な資格とは

f:id:storesblog:20211126172335j:plain

ネイルサロンを経営するのに必要な資格は、実は特にありません。ご自身でネイルのスキルを磨き、お客さまに満足いただけるサービス提供に注力することが大切です。

 

ただ、ネイルサロンを経営する上で、取得しておくと役に立つ資格があるのでご紹介します。

JNECネイリスト技能検定

爪の健康と美容のプロであるネイリストとして、正しい知識と技術があると証明できる資格です。公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催し、3級、2級、1級とあります。

 

試験内容は、筆記試験と実技試験の両方。2級を取得すると、「プロで通用するスキル」を証明することが可能です。    

JNAジェルネイル技能検定

f:id:storesblog:20211126172412j:plain

ジェルネイルが主要メニューになったため、2010年に始まった検定です。NPO法人日本ネイリスト協会が創設しました。

 

初級・中級・上級とあり、初級・中級は筆記試験と実技試験の両方で、上級に関しては実技試験のみです。

その他

ネイルサロンでは、お客さまの爪を施術します。そういったことから、健康面を配慮し、衛生管理が重要です。そこで、厚生労働省の「ネイルサロンにおける衛生管理における指針」を把握しておくとよいでしょう。

 

また、ネイルサロンの衛生管理の専門知識をもつ「ネイルサロン衛生管理士」という資格もあるため、取得しておくとよりお客さまに安心して施術を受けてもらうことが可能です。

ネイルサロンの開業資金はどれくらい?

f:id:storesblog:20211126172506p:plain

店舗を借りてネイルサロンを開業する場合、約300万円ほど用意があれば開業が可能です。一番コストがかかるのは物件費用なので、場所選びを工夫すれば多少抑えることができます。

 

もし自宅でネイルサロンを開業する場合は、約100万円程で開業することが可能。物件費用や内装費もかからないため、開業資金を大幅に抑えることができます。

 

また、人件費や賃料も抑えられるため、少ない資金で運営が可能です。

ネイルサロンを経営するのに必要な手続き

f:id:storesblog:20211126172627j:plain

ネイルサロンを経営するのに専門的な手続きはありません。しかし、開業するにあたって必要な手続きがあるためご紹介します。

開業届

開業して1ヶ月以内に、税務署へ開業届の提出が必要です。

 

書類は税務署窓口で入手できますが、国税庁のホームページからPDFファイルに入力しダウンロードすることも可能です。提出する際には、マイナンバーの確認が求められるため、忘れないようにしましょう。

青色申告申請書

青色申告申請書は、確定申告の際の申告方法の種類です。事業主として経営を行っている場合は、売り上げや経費の集計などを国に申告しなければなりません。 

 

その際の申告方法で、青色申告・白色申告と2種類ありますが、青色申告の方が特典がいっぱいです。

 

青色申告については、「青色申告と白色申告の違いを解説! 「節税になる」と言われるのはなぜ?」「個人事業主の青色申告。節税に役立つ裏ワザ6選」で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ネイルサロンを経営するのに保険に入っておいてほうがいい?

f:id:storesblog:20211126173106j:plain

ネイルサロンでは、お客さまに直接施術を行うため、怪我を負わせてしまう可能性が付き物です。万が一に起こってしまったときのために、保険に入っておくと安心できるでしょう。

施設賠償責任保険

施設内(=店舗内)にて、お客さまや第3者に怪我をさせてしまったり、持ち物に損壊を与えてしまった場合に生じる賠償責任を保障してくれる保険です。

ネイルサロン賠償責任保険

MPO法人日本ネイリスト協会会員専用ではありますが、ネイルサロンに特化した賠償責任保険です。店舗を持たない出張サービス専任の方も入ることができます。

 

指を傷つけてしまったり、お客さまの持ち物を壊したり汚してしまったりなど、さまざまなリスクに対応することが可能です。

ネイルサロン経営におすすめな予約システム

f:id:storesblog:20211126173330p:plain

ネイルサロンを経営するにあたり、お客さまの管理や予約管理は必ずある業務です。電話や紙ベースで管理していると、記入漏れなど人為的ミスが発生してしまう可能性も。

 

そこで、おすすめなのが予約システムの導入です。ネイルサロンが予約システムを導入するメリットに関しては、「ネイルサロンで無料の予約システム活用!導入メリットとおすすめサービス12選」にてご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

予約システムなら STORES 予約 がおすすめ!

f:id:storesblog:20211126173420p:plain

予約システム STORES 予約 は、180以上の業種・業態に対応した予約システムです。もちろん、ネイルサロンやエステサロンでも利用することができ、サロンでの導入実績も多くあります。

 

例えば、サロン運営には嬉しい下記のような機能があります。

  • 空いている時間から選択できる
  • スタッフやメニューを選んで予約できる
  • 予約一覧カレンダーが自動作成
  • 予約完了と同時に自動配信メールが送信できる

他にも、キャンセル待ち設定ができたり、アンケート機能があったりと便利な機能が充実しています。
なお、導入や設定は簡単!パソコンが苦手な方でも大丈夫です。

 

※機能は、無料で利用できるものもありますが、有料プランでないと利用できない機能もあります。詳細は料金プランをご確認ください。

ネイルサロンの経営に必要な資格や開業資金まとめ

必ず必要な資格はなく、開業資金も工夫次第で大幅に抑えることができるため、開業しやすいというメリットのあるネイルサロン。

 

しかし、よりお客さまへ安心や信頼してもらうために資格の取得や、もしもの時のための保険に加入するとよいでしょう。

 

また、予約システムを導入することでより経営しやすくなり、お客さまにとってもいつでもどこでも予約ができるというメリットがありますので、ぜひ一緒にご検討ください。

 

関連記事