お知らせ 資料ダウンロード

イベント運営で予約システムを導入する際のポイントとは?無料で使えるサービスも紹介

イベント 予約システム 導入

 

イベント運営は、事務処理の負担が大きく、予約の管理も大変ですよね。イベントを成功に導くためにも予約システムの導入は必須と言えます。

では、イベント運営にはどのような予約システムが適しているのでしょうか?

 

今回の記事では、イベントを成功に導く予約システムのチェックポイントを詳しく解説します。おすすめの予約システムもご紹介しますので、予約システム導入の際にご活用ください。

【イベント運営向け】予約システム導入時のポイント

予約システムは、機能・初期費用・プラン料金・導入時の利便性など、それぞれのサービスごとに違いがあります。

 

イベント運営に予約システムを導入する際は、「導入後、イベント運営がどれだけ楽になるか?」をイメージしながら、候補となるサービスを比較しましょう。

 

検討の際には、以下のポイントをしっかりチェックするのが大切です。

導入実績が豊富かどうか

運営するイベントに最適な予約システムを選ぶためには、まず導入実績をチェックしましょう。企業や個人への導入件数はもちろん、どのような組織・団体が採用しているかは、良い目安です。

 

また、豊富な実績はノウハウ・スキルの蓄積につながります。実績をもとに、さらに使い勝手が良くなっているシステムは珍しくありません。豊富な導入実績 = 質の高い予約システムと考えていいでしょう。

イベント運営に役立つ機能があるかどうか

イベント運営の内容によって、予約システムに求める機能は違ってきます。イベント運営における悩みや課題を洗い出し、どの予約システムが、最も課題を解決してくれそうか、という軸で検討しましょう。

システムの導入は簡単かどうか

予約システムの運用は、導入時に混乱なくスタートできることが重要です。

どんなに機能が優れていても、使いこなすのが難しい複雑なシステムはおすすめできません。

 

予約システムを使うだれもが簡単に使いこなせるかどうか、普段パソコンやスマートフォンの操作を得意としていない方でも、スムーズに使えるかどうか、を確認しましょう。

イベント運営におすすめの予約システムの導入実績やプランを比較

イベント運営におすすめの予約システムをいくつかご紹介します。

実績や初期費用、導入プラン・導入に必要な日数など、比較検討の参考にしてください。

STORES 予約(旧 Coubic)

STORES 予約

STORES 予約(旧 Coubic)

 

STORES 予約 は、イベント・ワークショップの予約管理・顧客管理・決済に対応。

規模に関係なく、各種イベントからワークショップまで幅広く利用できます。事前の集金や出席の管理に加え、アフタフォローもシステム上で一括して管理・運用可能です。

 

最短3ヵ月から、必要なタイミングで必要なときだけ利用できます。IT・Web関連の知識が豊富でなくても簡単に専用予約サイトが作れるので、採用しやすいシステムです。

 

個人の予約だけでなく、代表者の複数人数分のまとまった予約にも対応。予約時の入力情報がカスタマイズでき、運営イベントに合わせて必要な情報を蓄積できます。また、予約と同時の決済完了も可能。

 

初期費用はなし、月額0円から利用できます。

 

STORES 予約 の詳細はこちら

RESERVA予約

RESERVE予約

RESERVA予約

 

RESERVA予約は、セミナーからまちおこし・パーティーまで、あらゆるイベントに対応できる予約管理システムです。予約をオンライン受付にすれば、スタッフはイベント・セミナーの準備・運営業務に集中でき、イベント内容がより充実します。

 

直感的に予約できる設計で、初めての利用者も簡単に予約が可能。
予定しているイベント内容に合うサンプルサイトが豊富に用意されており、使い勝手がイメージしやすいのも魅力です。

集計分析ツールを使えば月日別・時間帯別・曜日別の予約実績の分析・比較ができ、次のイベント計画に活かせます。

 

利用は無料プランからOK。

 

RESERVA予約の詳細はこちら

SELECTTYPE

SELECTTYPE
SELECTTYPE

 

SELECTTYPEを使えば、機能の充実した予約システム付きホームページを簡単に作れます。

 

「イベント・セミナー」「婚活パーティー・街コン」「商品発表会/展示会」「舞台公演/コンサート/ライブ」「勉強会・ハッカソン」から利用内容に近いカテゴリをセレクトすると、候補テンプレートが表示されます。

 

好みのテンプレートを選んでアカウントを作成すれば、ホームページの作成と予約システム利用が可能。

 

すでにホームページがある場合は、インターネット予約を受け付ける「予約フォーム」だけを作って埋め込むこともでき、目的・用途に合わせて利用できます。

 

SELECTTYPEの詳細はこちら

Airリザーブ

Airリザーブ
Airリザーブ

 

Airリザーブでは、イベント予約受付はもちろん、セミナーやワークショップなど定員のあるイベントの予約上限数の管理もできます。

 

キャンセル受付機能もあり、キャンセル待ち顧客を逃さず定員割れも防げます。オンラインでアンケートも可能。

 

複雑で時間・労力のかかる予約業務をシステムに一任すれば、イベントスタッフは面倒な予約業務から解放され、運営のコア業務に集中できます。イベントのクオリティ・生産性の向上が期待できるはずです。

 

Airリザーブの詳細はこちら

RESERVEN

RESERVEN

RESERVEN

 

RESERVENは、スマートフォン対応のクラウド予約管理システムです。

 

メールアドレスかFacebookアカウントがあれば利用できます。

登録すればスマートフォン対応の予約ホームページがすぐに運営可能。すでにホームページをお持ちなら、予約ボタンで予約機能を導入してもいいでしょう。

 

不定期な料理教室やセミナーに利用する場合、通常の時間帯予約と同時にイベント予約の管理もできます。

 

直感的に操作できるよう設計されており、IT・Webの専門的な知識がなくても問題ありません。登録は最短1分、無料で利用スタートできます。

 

RESERVENの詳細はこちら

EDISONE

EDISONE

EDISONE

 

EDISONEは、期間限定のイベントから勉強会・セミナーまで、幅広いタイプのイベントに対応できます。

 

どのような業種でも利用できるよう、特殊機能を持った予約タイプのラインナップが豊富。

 

予約ページはもちろん、ホームページも自動生成可能。ホームページのない組織・団体でもすぐにスタートできます。

 

EDISONEの詳細はこちら

リザエン

リザエン

リザエン

 

リザエンは、予約時の事前アンケートもOK。クレジットカードの事前決済もでき、円滑な現地対応を実現。参加者・運営側双方に可能な限りストレスの少ない状況が作れます。

 

予約受付・定員管理・メール返信なども自動化。さまざまなタイプのイベントスケジュールに柔軟に対応でき、開催日・開始時間・開催時間・定員などが細かい設定ができます。

 

集中した大量の予約が予想される大規模イベントの場合、専任エンジニアによるヒアリング・提案もお願いできます。5営業日以内で導入できる点も魅力です。

 

リザエンの詳細はこちら

ご紹介した予約システムの一覧表

それぞれの予約システムの特徴を、下記の一覧表にまとめました。

導入検討にお役立てください。

 

 

導入実績

初期費用

導入プラン

導入スケジュール

STORES 予約

10万件以上

0円

無料プランあり

最短数分

RESERVA予約

広い範囲のイベントで導入

0円

無料プランあり

ビジネスID登録で利用可能

SELECTTYPE

予約システム付きホームページとして人気

0円

無料プランあり

アカウント作成で利用可能

Airリザーブ

定員・キャンセル対応が人気

フリープランは0円

無料プランあり

AirIDの作成で利用可能

RESERVEN

スマートフォン対応が人気

0円

無料プランあり

メールアドレス登録のみで利用可能

EDISONE

特殊機能対応が人気

0円

無料プランあり

アカウント作成で利用可能

リザエン

高度なセキュリティが人気

ビジネス版1万1,000円〜

1ヵ月無料トライアルあり

5営業日以内で導入可能

STORES 予約 の導入事例

予約システム導入にどのようなメリットがあるのかイメージしやすいよう、SHAPPY様の「STORES 予約」導入事例をご紹介します。

お客様にも大きなメリット!

SHAPPY様では「STORES 予約」を導入してクレジットカード決済の予約受付を実施。

お客様は予約画面で予約と決済が同時にでき、今までの銀行振込などと比較しても、手間がなく簡単・スピーディーに。振込手数料などの負担も軽減されました。

 

結果、8割のお客様がクレジットカードによる決済予約を選択。クレジットカード決済導入は予想以上の反応でした。

 

また、「STORES 予約」の決済予約のフローがシンプルでわかりやすいと好評で、予約・決済方法に関する問い合わせは1件もなかったそうです。

予約〜決済まで管理コストが最小化!

「STORES 予約」導入で予約から決済までが一元管理できるようになり、イベント当日の受付での集金など手間のかかる業務が可能な限り軽減、管理コストが最小化できたとのことです。

 

「STORES 予約」では予約の管理はもちろん、顧客管理・メール配信も行なえます。この点もSHAPPY様はとても満足されているとか。イベント終了後、来場者の方へサービス改善に向けたアンケートの一斉配信などが簡単に設定でき、活用していらっしゃるそうです。

 

SHAPPY様の「STORES 予約」導入の事例の詳細は以下をチェック。

SHAPPY 〜予約〜決済までを一元管理。管理コストを最小化!〜

 

STORES 予約 の詳細は、以下のページをご覧ください。

「STORES 予約」イベント・ワークショップ向け予約システムのサービス詳細はこちら

まとめ

イベント運営でスタッフが本来の業務に専念できれば、イベントのクオリティ・収益性が向上するはず。予約システムを導入して予約管理業務を軽減するのがおすすめです。

 

また、クレジット決済を導入すればお客様にもメリットが多く、当日の受付業務もスムーズ。キャッシュレス化は新しいライフスタイルにもぴったりです。主催者様はぜひ、予約システム導入を検討されてはいかがでしょう。

 

最短数分で開始できるシステムもあり、簡単に利用できます。

 

STORES 予約

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:03-6705-8497
(平日10:00−18:00)

予約システム STORES 予約

 

関連記事