お知らせ 資料ダウンロード

【徹底解説】無料で簡単に!おすすめの予約システムの作り方。自作はできる?

f:id:storesblog:20211001141341j:plain

運営しているWebサイトやホームページに無料で簡単に予約システムを作ることができる、プログラミングの知識なく予約システムを自作できるということをご存知でしょうか?

 

システムやツール、アプリの導入はコストがかかる、設定や運用が複雑で使いこなせないイメージがありますよね。しかし、最近では設定も運用も簡単、しかも無料から使える便利な予約システムが存在します。

 インターネットを通じてお客さまの予約を24時間365日自動的に受け付けられる予約システム。

 予約システムを導入することで、オーナーさまにとっては、予約管理の効率化や予約状況の迅速な確認といったメリットがありますし、お客さまにとっても、気軽に予約が取れるため利便性が高まります。結果的に、売上向上にもつながるでしょう。

 

このように、メリットの大きい予約システムですが、どのように作れば良いのか、疑問に感じているかもしれません。

 今回は、無料で簡単に作れる予約システムの作り方をご紹介します。ぜひ参考にして、予約システム導入にお役立てください!

予約システムとは?

予約システムとは、予約が必要なサービスを利用する際、お客さまがパソコンやスマホなどからインターネットを利用して簡単に予約ができるシステム、ツールのことです。人に代わって予約の受付や管理を行なってくれます。

 

電話やメールでの予約は少なくなり、ネット予約が当たり前の世の中。そんなネット予約に予約システムは欠かせない存在になっています。

予約システムを導入してネット予約ができるようになることでお客さまの予約作業がスムーズに行われるだけでなく、予約システム導入側の予約管理業務の効率化にも予約システムは大きく役立ちますよ!

予約システムについては、「予約システムとは?機能・メリット・選び方」「無料あり!予約システム比較15選」でも詳しくまとめていますので、参考にしてください。

予約システムを導入するメリット

次に、予約システムを導入するメリットをご紹介します。メリットは6つです。

▶︎ 24時間Web受け付けできるため機会損失がない

▶︎ 混雑を嫌うお客さまに安心して予約してもらえる

▶︎ お客さまの利便性が向上する

▶︎ 予約管理・予約対応を自動化できる

▶︎ すぐに予約状況を確認できる

▶︎ 顧客データの収集・・分析が可能(マーケティング)

 

それぞれ、解説します。

24時間Web受け付けできるため機会損失がない

たとえば、予約システムなしでカフェを営んでいる場合、カフェの営業時間なら電話で予約を受け付けられますが、営業時間外だと予約を受け付けられません。

その結果、お客さまが深夜にふと「あのカフェに行ってみたい。予約できるかな?」と思って行動した結果、予約ができず気が変わってしまうかもしれません。

このように、お客さまが来店(予約)したいと考えるタイミングに合わせて、すぐに予約を受け付けられるシステムがあることで、機会損失を防ぐことができます。

ちなみに、営業時間外のインターネット予約が全体の予約数の過半数以上の「51.6%」を占めるという結果も出ています。
また、ネットで予約をする時間帯のピークは「20時〜21時」となっており、就業終了後や子育てや家事が落ち着いた夜の時間帯にゆっくり予約するという傾向が見られます!
(参照元:https://www.corp.coubic.com/single-post/internet-yoyaku

混雑を嫌うお客さまに安心して予約してもらえる

まず、そもそも予約ができるというだけで、お客さまにはメリットがあります。というのも、予約ができなければ、並ぶ可能性もありますし、サービス自体を受けることができない可能正もありますが行ってみなければわかりません。予約さえしていれば、待つことなくサービスを受けることができるという安心感があります。

また、「混雑を避けたい」と考えるお客さまも当然います。お店の混雑状況を可視化できる予約システムがあるからこそ、「この時間なら空いてるな」と、安心して予約をするお客さまもいるのです。

たとえば金曜日に混雑しがちな飲食店のようなお店だと、「ゆっくりしたい」ことを重視するお客さまは来店(予約)をためらうかもしれません。しかし、予約システム上で混雑していないことを確認できれば、予約して来店しようと思っていただけることも考えられます。

お客さまの利便性が向上する

先ほどご紹介したように、予約システムでは「お店の混雑状況」も可視化できますし「いつでもどこからでも」予約が可能です。電話や問い合わせフォーム(メールでのやりとりが苦手、面倒というお客さまも少なくないはずです。

お店側からしても機会損失を防ぐことにつながりますが、お客さまからしても電話やメール予約しかできないお店よりもネット予約できるお店の方が「利用しやすいお店」という認識を持ってもらえます。

予約管理・予約対応を自動化できる

予約システムを導入していない場合、電話や問い合わせフォーム(メール)などから予約を受け付けるという方法が主流です。

電話や問い合わせフォームで予約を受け付けた場合、予約者名や日時、利用コースなどの情報を人の手で記録したり、エクセルなどで管理しなおさなければなりませんが、予約システムを導入すれば、これらの作業はシステムが全て行ってくれます。

その結果、予約を受け付けるスタッフの負担も軽くなり、人的ミスもなくなるため、業務効率化やトラブル防止につながります。

すぐに予約状況を確認できる

予約システムを導入すれば、お店側とお客さま側双方で予約状況をすぐに確認できます。

お店側は、予約状況がリアルタイムでわかると、休憩時間の調整や他の業務の調整などができて1日がスムーズに進みます。複数人スタッフがいる場合は、スタッフ間ですぐに予約状況が把握できますし、シフトの調整などにも役立ちます。

たとえば、電話で2週間後の予約を受け付けた場合、お客さまが当日までに予約自体や予約日時を忘れていることもあります。つまり「予約はしたものの、来店しない」という、お店側にとって最悪の事態に陥る可能性があるのです。

予約システムを導入しておけば、例えば予約日の2日前や前日にお客さまにプッシュ通知やリマインドメールを送るといったアクションも取れます。その結果、予約したお客さまの来店取りこぼしを防ぐことができます。

顧客データの収集・分析が可能(マーケティング)

予約システムではオンライン上でお客さまからの予約を受け付けます。そこでオンライン上のお客さまが予約フォームに入力した情報などのデータを収集し、分析が可能です。

蓄積できるデータは、以下のようなものです。

 ・予約日

 ・利用コース・サービス

 ・決済情報

 ・その他

これらのデータから、たとえば「火曜日の来客数が少ない」などの事実を客観的データに基づきながら把握でき、「火曜日5%OFFキャンペーンを実施してみよう」といった施策を行なうことができます。

予約システムの作り方

ここまで、予約システムについて、また予約システムを導入するメリットについてご紹介しました。いよいよ、予約システムの作り方です!予約システムの作り方には、以下の3つがあります。

▶︎ 自分(自社)で0から構築する

▶︎ 予約システムを外注する

▶︎ 予約システムサービスを利用する

 

無料で簡単に作ることができるのは「予約システムサービスを利用する」です!が、一旦3種類それぞれ、解説します。

自分(自社)で0から構築する


もし自分(自社)で予約システムを構築できるスキルがあるなら、0から構築していくこともできます。自分で0から構築すれば、オリジナルの予約システムを作ることができます。構築のためのスキルとしては、以下のようなものが必要です。

 

 ・HTML(マークアップ言語)

 ・PHP(プログラミング言語)

 ・CSS(マークアップ言語)

 ・Java(プログラミング言語)

 

さらに、WebサイトのCMS(コンテンツ管理システム)である「WordPress(ワードプレス)」を導入しているのであれば、予約システムのプラグイン(拡張機能・拡張プログラム)を導入することで、比較的簡単に予約システムを作ることが可能です。

WordPressでなくとも、最近では予約システムつきのホームページ作成サービスがあるため、そちらを利用しても良いでしょう。

予約システムを外注する

自分(自社)で構築することが難しい、構築の手間をかけられない、といった場合は、外注することも1つの手段です。

予約システムは、Web制作会社やホームページ制作会社、システム制作会社またはフリーランスに外注できます。外注にかかる費用は規模や外注先によりピンキリですが、期間は少なくとも1~2ヶ月程度を見込んでおきましょう。

参考までに、クラウドソーシングサイトである「Lancers(ランサーズ)」における相場は50万円以上で、納期は60日前後とあります。

参考:予約システム開発の仕事·依頼|Lancers For 発注者

予約システム作成ツールを利用する

予約システム作成ツールを提供しているサービスがあり、高機能なシステムを低コストで導入できます(無料で使えるサービスもあります)。0から構築する手間がかからず、すぐに予約システムを使える点が大きなメリットです。

多くのサービスでは、予約情報の登録・管理はもちろん、オンライン決済や集客、メール配信など、予約管理業務の自動化・効率化に必要な機能が網羅されています。なお、予約フォームと何が違うの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、「予約システムと予約フォームの違い」の記事もチェックしてみてください。

 

以上、予約システムの作り方として3つをご紹介しました。

 

費用や手軽さを考えると、予約システム作成ツールを利用することをオススメします!予約システム作成ツールは即導入可能であるうえに、初期費用を大きく抑えられるからです。予約管理業務に必要な機能も網羅されています。

予約システムを自作!予約システムサービスを選ぶポイント

予約システム STORES 予約

無料プラン・無料トライアル

予約システムを提供するサービスのなかには「無料プラン」や「無料トライアル」を選択可能なものもあります。まずは、お試しで利用できるサービスを選ぶと良いでしょう。

というのも、良いシステムを選ぶ上で基準にしたい「操作性」を確かめて欲しいからです。いろんな機能があって便利そうに見えるシステムでも、実際使ってみるとパソコンの専門的な知識や煩雑な入力が必要とされる場合があります。そういったシステムを選んでしまうと、実際に使用するスタッフの負担が減るどころか、業務効率が悪化してしまう可能性があります。そのため、誰でも簡単に受付入力ができるシステムである必要があるのです。

 

弊社サービス「STORES 予約」も、初期費用、月額料金無料の「フリープラン」を提供しています。STORES 予約 は「簡単に設定ができた」との声を多くいただいているシステムですので、まずはその操作性を試してみてください!

STORES 予約の料金については、「フリープラン」と月額費用がかかるプランのそれぞれでできることを、詳しく資料でまとめています。ぜひご確認ください。

ほかにも、「STORES 予約の手数料・料金・費用」でもまとめていますし、STORES 予約 以外も含めての予約システムの料金については「予約システムの機能・料金を徹底比較」の記事が参考になります。

 

予約システムの料金プラン

予約システム導入実績・導入事例

予約システムの選定においては、導入実績や導入事例を確認することも重要です。

なぜなら、フィットネスジムに向いている予約システム、カフェ等飲食店に向いている予約システム、オンラインレッスンやオンライン接客に向いている予約システムなど、予約システムにもそれぞれ特徴があるからです。

向き・不向きを検討しておくと安心できますし、さらに、より多くの人に使われているサービスや口コミの良いサービスのほうが信頼できます。

自身の店舗に合った予約形式ができるかどうか、より多くの人に使われていて信頼できるかなどを見てみましょう。

株式会社コーエン リモート接客

株式会社コーエンさまのリモート接客の様子
STORES 予約の導入事例はこちら

予約管理機能

予約といっても、予約の形式(タイプ)はさまざまです。

そのため、店舗に適した予約形式が取れるかどうか、使いやすいかどうかなどをチェックしておく必要があります。

予約形式については、たとえば以下のようなタイプが考えられます。

 

 ・レッスン・イベントタイプ:運営者がスケジュールを設定しており、既に決まっているスケジュールから予約するタイプ

 ・スクールタイプ:特定の曜日・時間に受講生が在籍している前提で、欠席の連絡や振替予約を受け付ける予約タイプ

 

 ・メニュー・コースタイプ:営業時間内で好きな時間に予約するタイプ

 ・メニュー・コースタイプ(複数スタッフ登録):営業時間内で好きな時間とスタッフを指名して予約するタイプ

 

他にも、グループ予約受付が可能か、オプション予約ができるのか、回数券や月謝購入機能があるのか・・・など、予約を受け付けたい業種によって、何の機能が必要か導入の際はチェックしておくことをおすすめします。

決済機能

予約と同時に決済が完了できると、無断キャンセルや料金の未徴収といったトラブルを防げます。そのため、可能であれば決済機能を備えた予約システムを選ぶことをオススメします。

また、先ほど予約管理機能のところでもご説明しましたが、例えば、回数券を販売したい、月謝制を導入したいなど決済のところでさらに希望があれば、導入前にチェックしておくことをおすすめします。

例えば、STORES 予約 であれば、無料で月額課金機能や回数券機能を利用することができますよ!

顧客管理機能

先述のとおり、予約システムのなかには「予約フォームに入力された情報」を収集できます。しかし、店舗によっては予約システムを導入する前から、顧客データを収集していたという場合もあることでしょう。

そのため、顧客情報をCSVデータなどで一括登録できる機能があると便利です。

セキュリティ

予約システムを導入することで、顧客情報を取り扱うことになります。そのため、情報漏えいなどには十分に配慮しなければなりません。

予約システムによってセキュリティ機能の有無が分かれるため、以下のポイントをチェックすると良いでしょう。

 

 ・SSLサーバー証明書

 ・WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール) 

 ・JIS Q 15001(個人情報に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項)準拠(プライバシーマーク)

自店舗にあった予約システムを選ぼう

繰り返しになりますが予約システムを導入すれば、店舗側、お客さま側双方に大きなメリットをもたらします。まずは初期費用・月額料金無料のプランを提供する予約システムサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ぜひこの記事の内容を参考に、自店舗に合った予約システムを選んでください。

予約システムなら STORES 予約

STORES 予約 を選ぶ理由

STORES 予約 では、一般的な予約管理機能に加えて、予約者との日程調整も可能。予約後の確認メールのほか、予約日前日のリマインド、来店後のフォローメールの送信も自動で行ないます。

口コミの記載を促す仕組みや、SEO対策など集客支援の機能、Zoom連携によるオンラインレッスン、オンライン接客など、豊富な機能が盛りだくさんです。

 

普段、Googleカレンダーをご利用の方は Stores 予約 のGoogleカレンダー連携でGoogleカレンダー上でも予約確認ができ便利です。

初期費用0円、月額費用8,778円(税込)~66,000円(税込)と、必要な機能に応じてプランを選ぶことができます。予約管理機能とオンライン決済などシンプルな機能だけで十分という方は、無料で利用できるフリープランも用意されています。

STORES 予約の導入・設定方法は簡単!アカウントを作って、項目に情報を入力していくだけで導入・設定完了。すぐに予約を受付することが可能です!

 

管理者さま向け、利用者さま向け、どちらのアプリもご用意があり便利です。アプリについては、予約管理を劇的にラクにするシステム・ツール・アプリを徹底解説! の記事に詳しくまとめています。

様々な業種にも対応

STORES 予約では、180以上の豊富な業種・用途に対応しています。

ヨガ・ピラティスなどのスクールや教室、リラク・マッサージ・エステなどのサロン、美容院、病院、セミナーなど導入実績も豊富です。

 

◎実際の予約ページイメージ

 

ー PC画像 ー

ー スマホ画像 ー

まずは無料から、ぜひお試しください。

 

STORES 予約 の料金プランや無料で使える機能について詳しく知りたい方は、こちらから資料を無料でご覧いただけます。ぜひご確認ください!

予約システム「STORES 予約」についてはお電話でのお問合せも受け付けています!

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:03-6705-8497
(平日10:00−18:00)

予約システム STORES 予約

関連記事