ネットショップの売上公式を理解して、効率的に売上を伸ばそう!

f:id:storesblog:20200331153223j:plain

 

ネットショップの売上を作っている要素をご存じですか?売上の公式は「訪問者数×購入率×単価」となっています。

 

この記事では、売上を構成するこれらの要素を説明し、売上アップに活かすためのポイントを解説します。ネットショップの売上を効率的に伸ばすために、ぜひお役立てください。

 

 

ネットショップの売上=訪問者数×購入率×単価

f:id:storesblog:20200325150933j:plain

 

ネットショップの売上は、訪問者数と購入率と単価に分解されます。この3つの数値を上げる対策がしっかりできていれば、売上は伸びるというわけです。最初に、構成要素の意味を説明します。

 

 

訪問者数(アクセス数)

サイトを訪問してくれた人の数です。

 

購入率(コンバージョン率)

サイト訪問者のうち、購入してくれた人の割合です。「購入件数÷アクセス数×100」で求められます。

 

客単価

お客さまが一回の注文で購入する金額です。

 

売上アップのポイント

 

売上をアップするには、上記の訪問者数・購入率・客単価のいずれかを上げることが必要です。そのためのポイントを、それぞれ説明します。

 

訪問者数と購入率(コンバージョン率)を増やす方法

SNSや広告、メルマガ、口コミなどの活用でネットショップへ誘導し、訪問者数を増やします。

 

商品の魅力がそのまま購入率につながるので、魅力あるラインナップが最優先です。また、商品ページの充実やショップデザインの工夫も欠かせません。詳しくは『売上UPに欠かせない、ネットショップへの訪問者数と購入率(コンバージョン)を増やす方法とは?』の記事をぜひチェックしてみてください。

 

客単価を上げる方法

客単価を上げるには、アップセルやクロスセルが有効です。アップセルとは、より高額な商品を提案する手法。たとえば、自動車の買い替えの際に、より高額な車種を提案するのがアップセルです。

 

一方クロスセルとは、関連商品を提案する手法です。たとえば、犬の洋服を購入するお客さまに、犬用のベッドやおやつの購入を提案します。ハンバーガーショップでよく見られる「一緒にポテトもいかがですか?」が有名な例です。

 

この2つは、ともに商品購入を検討中のお客さまや既存顧客が対象になります。新規顧客獲得よりも低コストで、売上アップできる可能性が大きいのが魅力です。

 

さいごに

ネットショップの売上は、訪問者数・購入率・客単価に分解されます。この3つの数値対策がしっかりできていれば、売上が伸びるという仕組みです。常にこの数値の向上を意識して、一連のショップ運営を行うことが大切です。

 

 

関連記事
  1. 利益率を上げる方法は?

    officialmag.stores.jp

  2. 領収書発行のルール・ポイントをまとめました

    officialmag.stores.jp

  3. ネットショップのアクセスを分析してみよう

    officialmag.stores.jp

STORES なら誰でも無料で
本格的なネットショップが作れます。

専門知識不要で豊富なテンプレートと
カスタマイズ機能で自分だけの表現が
驚くほどかんたんに!

\毎月10,000店舗開設/

ネットショップを無料作成

 

誰でも簡単にネットショップが
作成できるSTORES
むずかしい知識や
技術は必要ありません。
自分だけのネットショップが、
今すぐはじめられます。