お知らせ 資料ダウンロード

Instagram(インスタグラム)で商品販売しよう!集客のコツを紹介

インスタ 販売

 

販促活動において、Instagramの活用は不可欠となっています。

 

すでにネットショップをはじめている方や、これからネットショップを開業したいと思っている方は、Instagramを有効活用する方法を理解しておきましょう。Instagramでの商品販売や集客のコツを紹介します。

Instagram(インスタグラム)のショッピング機能とは

Instagramは若者への訴求力が高い上、販促効果の高い『ショッピング機能』も利用できます。ECショップを運営する上で大きなメリットがあると言われますが、そもそもショッピング機能とはどのような機能なのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

投稿やストーリーで商品をタグ付けできる

Instagramのショッピング機能とは、投稿した写真に商品タグを付けられる機能です。商品タグにはネットショップへの直リンクを埋め込めるため、お客さまをダイレクトにネットショップに誘導できます。

お客さまは「欲しい」と思った商品にすぐにアクセスできるため、購買熱が冷めません。ネットショップでしっかりと商品をアピールできれば、そのまま商品を購入してくれる確率は高いでしょう。

デジタルネイティブと言われる若い世代の多くは、情報収集手段としてInstagramを多用するといわれています。商品情報とInstagramをダイレクトにタグ付けする効果は、非常に大きいといえるでしょう。

無料で利用できるのがメリット

月額料金・導入費用が不要な点は、ショッピング機能の大きなメリットといえます。コストをかけなくても大きな効果が見込めるため、迷ったときはまず導入してみるとよいでしょう。

個人で運用するネットショップの場合、広告宣伝費に多額のコストを割くのが難しいことが多々あります。特別な予算を組む必要がないショッピング機能は、大きなメリットです。

利用開始に必要なこと

Instagramを販促に使うためには、アカウントの切り替えが必要です。加えて利用条件についていくつか規定があるので、併せて確認しておきましょう。

ビジネスアカウントへの切り替え

まずすべきことは、個人アカウントからビジネスアカウントかクリエイターアカウントへの切り替えです。次の手順で切り替えを行いましょう。

  • メニュー画面から設定をタップ
  • アカウントを選択して『プロアカウントに切り替える』をタップ
  • クリエイター・ビジネスのうち、ビジネスを選択する
  • ショップに合うカテゴリを選択する


アカウント切り替え後は、プロフィール写真やショップ情報などもきちんと入れておきましょう。

Instagramをビジネスアカウントにすると、インサイト分析ができたり広告を出せるようになったりと、ビジネス向けのメリットが多々あります。ただし、アカウントを非公開にすることはできません。

利用規約違反となる行為を知る

ビジネスアカウント作成後に「利用規約に違反している」と見なされた場合、コンテンツの削除・商品タグの承認拒否などの措置が取られたり、アカウントを凍結されたりする恐れがあります。

商品の販売については細かく規定されているため、必ず全ての項目に目を通しておきましょう。

法に触れそうなものが販売できないのは当然として、特に問題ないようなものも許可されていないケースがあります。

例えば『住宅メンテナンス』『パーソナルトレーニング』といったサービス類は、通常ならば違法ではありません。しかし、Instagramでは認められていないため、注意が必要となります。

審査前に、タグ付けOKかどうかを個別に確認してみましょう。

Instagramショッピングの審査申し込み方法

審査に通って初めて、ショッピング機能が有効になります。審査を受けるまでに必要な、流れについて紹介します。

Facebookページ連携

Facebookアカウントがある人は、Instagramと連携させましょう。手順は以下の通りです。

  1. Instagramのプロフィールを開く
  2. 『ビジネスの公開情報』で『ページ』を選択する
  3. 『Facebookページを作成』か『既存ページをリンク』をタップ
  4. 『新しいFacebookページを作成』をタップするか、リンクしたいページを選ぶ
  5. 『完了』をタップ


リンクがうまくつながれば、リンクしたページがドロップダウンメニューに表示されるようになります。

商品カタログ作成

Instagramを販促で利用するには、商品カタログの作成も必須です。作成方法は、『Facebookのビジネスマネージャーから作成する』『Facebook認定のEコマースのプラットフォームから作成する』の2種類があります。

ここでは、Facebookのビジネスマネージャーから『カタログマネージャー』を選択して作成する方法を紹介します。

まずは、アカウントの作成から始めましょう。

  1. ビジネスマネージャーのログイン画面に移動する
  2. アカウント作成をタップする
  3. ビジネス名・仕事用のメールアドレス・名前を入力し『次へ』をタップする
  4. ネットショップの詳細を記入して『送信』をタップする


ビジネスマネージャーアカウントを作成した後は、商品カタログの作成が可能です。『コマースマネージャー』を開き、以下の手順に従いましょう。

  1. 『スタート』をタップ
  2. 『カタログを作成』を選択し『スタート』をタップ
  3. 販売する商品のインベントリーに合う項目を選択して『次へ』をタップ
  4. カタログ商品を手動で追加する場合は『商品情報をアップロードする』をタップ(Facebookのパートナープラットフォームにあるアイテムをアップロードする場合は、『パートナープラットフォームにリンク』をタップ)
  5. カタログを所有するアカウントとして『ビジネス』を選択する
  6. カタログに名前を付ける
  7. 『作成』をタップ


カタログを所有するアカウントは、『ビジネス』にしておくことも忘れないようにしましょう。

ドメイン認証、審査送信

Facebookに商品をカタログに追加したら、Instagramで審査を受けます。

  1. Instagramのビジネスプロフィールに行き、『設定』を開く
  2. 『ショッピング』に登録する
  3. 示された手順通りにアカウントを送信する


これで審査の申請は終わりです。ただし、ときに「ウェブサイトのドメインを認証してください」と表示され、審査申請できないケースがあります。この場合は指示された手順に従って、別途ドメイン認証手続きが必要です。

審査に通ったら販売を開始しよう

Instagramのショッピング機能審査は、通常であれば1週間以内には完了するはずです。審査を通過していれば、ショッピングの設定が可能となります。商品をタグ付けして、Instagramから集客を行いましょう。

Instagramショッピングの設定をする

審査通過後は、『ショッピング』タブが使えるようになります。以下の手順で設定しましょう。設定の際は、ビジネスアカウントでInstagramに入ることが必要です。

  1. 設定をタップする
  2. 『ビジネス』『ショッピング』の順にタップ
  3. アカウントとリンクさせる『商品カタログ』を選択する
  4. 『完了』をタップ


設定からビジネスに入っても『ショッピング』の項目がない場合は、審査が終わっていないか、審査が承認されなかった可能性があります。審査条件を満たしていたかどうか、再度確認してみましょう。

商品をタグ付けして投稿する

ショッピング機能を有効にしたら、ネットショップの商品をタグ付けして投稿できます。まずはいつもの方法で画像をアップロードしましょう。その後の手順は、以下の通りです。

  1. 『写真を追加』をタップしてキャプションを追加する
  2. 『商品をタグ付け』をタップ
  3. 写真をタップ
  4. 商品を検索して選択する
  5. 『完了』『シェア』の順にタップ


また、ショッピング機能はストーリーズでも活用できます。次の手順で設定を行いましょう。

  1. 右上にあるスタンプアイコンをタップ
  2. スタンプトレイから商品スタンプを選択する
  3. 強調したい商品をカタログから選択する
  4. ストーリーズに表示したい位置を決めて、商品スタンプを移動させる
  5. 商品スタンプをタップしてテキストの色を変える
  6. ストーリーズをシェアする


タグ付けされた商品は、全てFacebookのコマースポリシーの審査を受けます。ここで「違反している」と見なされた場合、商品は削除・公開延期となるでしょう。

通常審査は数秒で終わりますが、商品によっては時間が長くかかることもあります。

STORES のネットショップはInstagram連携ができる

Instagramのショッピング機能を最大限に生かしたい場合は、ネットショップの構築もこだわりを持って行いましょう。

ネットショップ構築支援プラットフォーム『STORES』は、ネットショップに必要なあらゆるサービスを取りそろえています。おしゃれで見栄えのよいネットショップを構築すれば、Instagramから来た顧客に満足度の高い購入体験を提供できます。

STORES のネットショップと、Instagramを連携させるときのポイントを紹介します。

まずは STORES にショップを開設しよう

STORES でショップを開設する場合は、『フリープラン』『スタンダードプラン』の2種類があります。フリープランは完全無料で、商品が売れたときにのみ販売手数料として5%を支払う仕組みです。

利益が上がるまで料金は発生しないため、ネットショップ運営が初めての初心者も不安を感じずに済むでしょう。

フリープランを選択した場合でも、商品は無制限に登録できます。このほか、『1商品につき15枚の画像を添付できる』『キャリア決済・クレジットカード決済に対応可能』『デザイン機能が使い放題』など、メリットは豊富です。

初めてで不安な人は開設サポートも利用できるので、ぜひ気軽に相談してみましょう。

Instagram販売連携を行う

STORES のInstagram販売連携機能を使えば、ショップ掲載中のアイテムが、1日1回自動でInstagramに連携されます。

Instagramの審査に通っている場合は、STORES から難しい設定をする必要はありません。STORES のダッシュボードから『Instagram販売連携』アドオンを有効にすれば、手間なく連携が可能です。

アドオン機能を有効にした場合、翌日にはInstagramのショッピング機能を使って商品にタグ付けできるようになります。

Instagram活用を成功させるために

SNSの拡散力・影響力を期待して、多くのネットショップがInstagramを使った販促を行っています。Instagramのショッピング機能が使えるようになったら、その効力を余すことなく発揮させましょう。

Instagramを使って、確実に利益を出す方法を紹介します。

①ハッシュタグで見つけてもらおう

Instagramで商品を紹介するとき、必ず付けたいのがハッシュタグです。

Instagramを使うユーザーの多くは、ハッシュタグを使って必要な情報を検索します。検索結果の上位に上がれば多くのユーザーの目に留まることとなり、ダイレクトにショップに流入する顧客が増えるでしょう。

ハッシュタグを付けるときは、検索する人の多い『ビッグワード』のほか、ニッチなニーズもカバーできる『ミドルワード』『スモールワード』も入れましょう。

ビッグワードは検索されやすい一方で投稿数が多く、検索上位に上がるのは困難です。投稿数の少ないミドルワード・スモールワードなら、上位に表示されやすくなります。

ハッシュタグは30個まで付けられるため、できれば10~20個くらいは付けておきましょう。

②ファンを獲得しよう

ユーザーをファン化するためのポイントは、自ら『いいね』をしたりフォローしたりしていくことです。つながりが増えれば投稿を見てくれる人も増え、ショップの商品にも興味を持ってくれるかもしれません。

また、ショップについての質問やコメントが付いた場合は、必ず丁寧に返信しましょう。「対応のよいショップだ」と思ってもらえれば、ファンになってくれる可能性もあります。丁寧なやり取りに感動してもらえれば、他の人に広めてくれる可能性もあるかもしれません。

Instagramでのやり取りは、多くの人が見ています。丁寧にやり取りし、誠実なショップであることを印象付けることが大切です。

Instagramは無料でお客様を増やせる魅力的なツール

三大SNSの一角であるInstagramは、若者への訴求効果が高いSNSです。ショッピング機能を使えばネットショップとシームレスに連携できるため、来店者の増加が期待できます。

ただし、Instagramのショッピング機能をオンにするには、ユーザーアカウントの切り替えやFacebookとの連携が必要です。やや時間はかかりますが、手間を惜しまず活用しましょう。

また STORES でネットショップを構築すれば、アドオン機能で簡単にInstagramとつながれます。ショップ構築は完全無料で構築できるので、「これからショップ販売を始めてみたい」「もっと魅力的なショップを作りたい」と考える人は、気軽に利用してみましょう。

 

今後ネットショップの開業したい方向けには、『2021年最新版】ネットショップ開業・開設手順はこれを見れば完璧!初心者〜上級者向けにご紹介』で詳しくやり方を解説しています。

 

ネットショップを開業するために実践したい12の行動リスト』『ネットショップ開業の7ステップ!開業の基本的な流れと集客・販促のコツ』もぜひ参考にしてください。

 

 

STORES サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規開設の電話相談はこちら
TEL:050-3137-4629
(平日10:00−18:00)

ネットショップ開設 STORES

 

関連記事