お知らせ 資料ダウンロード

イベント出店でキャッシュレス決済を導入するメリットとは?選定時のポイントを解説

イベント キャッシュレス

 

キャッシュレス決済が浸透しつつある今、イベントに出店した際もキャッシュレスに対応しているかどうかで売上が変わってくるかもしれません。キャッシュレス決済が使えれば、手持ちの現金が少なくても買ってもらえる可能性が高まるなど、現金よりも販売機会を増やせるからです。

 

また、イベント出店では会計のやりとりと在庫の管理も大変です。キャッシュレス決済と連携できるPOSレジを導入すれば会計処理がスムーズになり、接客や営業に集中できるでしょう。

 

今回の記事では、イベント出店でキャッシュレス決済を導入するメリットや選定時のポイントを解説します。キャッシュレス決済と連携できるPOSレジも紹介しますから、興味のある人はぜひご一読ください。

イベント出店でキャッシュレス決済を導入するメリット

イベント キャッシュレス

 

イベント出店でキャッシュレス決済を導入するメリットを3点解説します。

①会計処理がスムーズになりミスも減る

イベント出店での会計処理が現金決済の場合、手計算になることが多いでしょう。手計算だと間違いが起こりやすく、時間もかかります。会計でまごついていると、レジ待ちの行列ができてお客さまの満足度も下がります。

 

キャッシュレス決済は、現金決済のように釣り銭の計算をする必要がありません。現金決済が減れば会計処理のミスが減りスムーズになると予想されます。会計の業務負担が減った分は接客など本来の業務へ集中できます。

②単価アップが期待できる

イベント会場は、付近にATMがないことがしばしばあります。そのため、現金決済だけの場合は、お客さまの手持ち現金がなければ販売機会を失う可能性も……。しかしキャッシュレス決済を導入すれば、現金の持ち合わせがない場合でも購入してもらえます。

 

また、キャッシュレス決済はポイント制度があり、お客さまのなかにはたまったポイントを使いたい人もいるはずです。さらに、現金決済と比べてキャッシュレス決済は客単価が高いというアンケート結果もあります。

 

こうしたニーズに応えられるのもキャッシュレス決済のメリットです。

③持ち運びできる決済端末もある

キャッシュレス決済端末のなかには、電源やLANケーブルをつながなくても使える端末があります。

 

例えば STORES 決済 の決済端末は、スマートフォンなどとBluetoothで接続すれば決済手続きが行なえますし、本体に電池が内蔵されているため、充電しておけば電源がない場所でも使用できます。

 

後述するPOSレジと連携する場合でも、STORES レジ のようなタブレット型の場合は、レジも持ち運びが可能です。POSレジと連携してイベントに出店すれば、さらにスムーズな会計処理が可能になるでしょう。

決済代行会社を選ぶ際に確認したいポイント

キャッシュレス決済を契約する場合、決済サービスを提供している事業者と個別に契約するよりも、決済代行会社と契約したほうが一括で手続きができてスムーズです。

 

決済代行会社も会社によって、さまざまなサービスの違いがあるため、自分の事業に合った決済代行会社を選ぶことが大切です。

 

ここでは、決済代行会社を選ぶ際のポイントを解説します。

導入費用

導入費用のうち、初期費用・月額料金は無料のサービスも多くあります。ただし、キャッシュレス決済でクレジットカード決済や電子マネー決済を導入するには決済端末が必要です。決済端末の代金がいくらになるのかよく確認しておきましょう。

 

タイミングによっては、キャンペーンの実施で決済端末の代金が無料になっていることもあります。このようなキャンペーンを利用すると導入費用を抑えられるため、機会を逃さないようにしましょう。

 

STORES 決済 では決済端末は通常19,800円ですが、期間限定キャンペーンを実施中なので今だけ0円です。

振込手数料

振込手数料も決済代行会社によって大きく異なる部分の一つです。定期的に必要な出費のため1回の金額差はわずかでも、長期的には大きな影響を与える可能性があります。

 

例えば、STORES 決済 の場合、自動入金であれば月末締めの翌月20日払いで、振込手数料は不要です。ただし、手動で入金依頼をした場合は、売上合計が10万円未満の場合は振込手数料が200円かかります。

 

売上の金額で振込手数料の有無が変わってくるサービスも多いため、自分のお店の売上を計算して、手数料による損ができるだけ発生しない決済代行会社を選ぶのが大切です。

決済手数料

決済手数料も、決済代行会社によって違いがあります。

自分のお店で最も多く使われる決済サービスの手数料が少なくなるように決済代行会社を選ぶとよいでしょう。

 

STORES 決済 の場合は下表のとおりです。

 

決済サービス

決済手数料

クレジットカード(Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス)

3.24%

クレジットカード(JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーカード)

3.74%

電子マネー

1.98%

WeChat Pay

3.24%

対応している決済手段

決済手段によって顧客層が異なるため、対応している決済手段の数も重要です。

 

顧客が日本人だけの場合、クレジットカードや電子マネーに対応すれば、ほとんどの人のニーズをカバーできるでしょう。

 

ただし、外国人も顧客に想定する場合は、ほかにも対応が必要です。例えば、中国ではWeChat PayやAlipayなどのQRコード決済が高いシェアを占めています。

また、海外ではクレジットカードのタッチ決済が普及しており、オーストラリアやシンガポールでは対面決済の90%以上でタッチ決済が使われているほどです。タッチ決済は、日本ではまだそれほど知られた存在ではありませんが、今後は普及が進んでいくと思われます。

 

外国人も対象の場合は、一般的なクレジットカードや電子マネーだけでなく、WeChat PayやAlipay、タッチ決済に対応しているのが望ましいでしょう。

 

STORES 決済 では以下の決済サービスに対応しています。クレジットカードはタッチ決済にも対応済みです。

 

決済手段

対応決済サービス

クレジットカード

Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーカード

電子マネー

Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

QRコード

WeChat Pay

申し込みの制限の有無

決済代行会社のなかには、STORES 決済 のように法人でも個人でも申し込めるサービスもあれば、申し込みが法人のみになっている場合があります。個人でも申し込めるかどうかあらかじめ確認しておきましょう。

 

また、取り扱っている商材やサービスにより、申し込みが制限されることもあります。制限内容は決済代行会社によってさまざまですが、一般的に公序良俗に反するものを取り扱っている場合は、申し込みを断られるケースが多いです。

導入までの期間

決済代行会社に利用を申し込んでも、即日で導入できるわけではありません。審査があるため、申し込みから利用開始まで最低でも数日間は必要です。

 

STORES 決済 の場合は、申し込みから利用開始まで以下の4段階の審査があります。

 

審査

審査開始のタイミング

審査日数

クレジットカード取り扱い 1次審査

申し込み後

最短2営業日

WeChat Pay

クレジットカード取り扱い 1次審査通過後

最短3営業日

クレジットカード取り扱い 2次審査

クレジットカード取り扱い 1次審査通過後

最短5営業日

電子マネー取り扱い審査

クレジットカード取り扱い 1次審査通過後

最短10営業日

 

クレジットカード取り扱い 1次審査はVisaとMastercardが対象です。2次審査は、JCBなどVisaやMastercard以外のクレジットカードブランドが審査されます。

 

決済サービスは審査を通った順に使えますが、すべての決済サービスが使えるようになるには、最短でも12営業日程度は必要です。イベントの開催日に合わせて、計画的に申し込んでおきましょう。

キャッシュレス決済と同時にPOSレジの導入もおすすめ

キャッシュレス決済を使うのであれば、同時にPOSレジの導入もおすすめします。

 

従来のPOSレジといえば、コンビニやスーパーにあるような大型のターミナル型が主流でしたが、最近ではクラウドを利用したタブレット型も普及しています。

 

タブレット型POSレジはタブレットがあれば良いため、ターミナル型のように場所を必要としません。それでいて、あらかじめ商品と値段を登録しておけば、イベント当日は画面上に表示された商品ボタンをタッチするだけで、面倒な計算をこなしてくれます。電卓でいちいち計算する必要はありません。

 

STORES レジ は STORES 決済 と連携でき、会計や返金操作がレジアプリから可能です。また、実店舗やネットショップを含めた在庫管理ができます。イベントで売れた在庫も、ネットショップの在庫とすぐ連携できるため、在庫切れの商品を販売してお客さまに迷惑をかけることを防げます。

 

>>STORES レジの詳細はこちら

 

STORES 決済 とSTORES レジ をうまく活用した事例を下記記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

STORES 事例

STORES レジでイベント出店時もネットショップとの在庫連動可能!決済端末導入で客単価がUP - bon but

STORES 決済 をおすすめする理由

イベント出店でキャッシュレス決済の導入を検討しているのなら、STORES 決済 を導入してはいかがでしょうか。

 

STORES 決済 は、導入費用、月額料金は無料で、クレジットカード6事業者、電子マネー9事業者に加えてWeChat Payに対応しています。クレジットカードはタッチ決済も使えます。決済手数料は1.98%から3.74%で、特に電子マネーの手数料1.98%は業界最安水準です。

 

STORES 決済

 

申し込みは法人・個人ともに可能で、導入までの期間は最も短いVisa、Mastercardで最短2営業日、すべての決済サービスを利用するには最短12営業日が必要です。

 

決済端末はバッテリー式でイベント出店でも使えます。今なら決済端末に加えてレシートプリンターもプレゼントする「お店開き応援キャンペーン」も実施中です。ぜひこの機会に導入を検討してみてください。


>>STORES 決済 の詳細はこちら

 

 

STORES 決済 サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規導入の電話相談はこちら
TEL:0120-343-577
(平日10:00−18:00)

 

 

関連記事