お知らせ 資料ダウンロード

開発者向けAPI連携機能の提供を開始しました!

f:id:storesblog:20211028132928p:plain

いつも STORES をご利用いただきありがとうございます。


このたび、STORES の「開発者向けAPI連携機能」を提供開始させていただくことになりました!

 

このAPI連携機能により、オーナーさまご自身が開発者やシステム開発会社に依頼をして、在庫管理や受発注管理・会計管理・日々の運用改善などのネットショップ運営に必要な機能開発をおこなうことが可能です。

API連携機能の資料請求はこちら

APIとは?

APIとは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」の略称です。ソフトウェアやプログラム、Webサービスの間をつなぐ役割を担います。
このAPIが公開されることによって、別のシステムとの連携が可能です。

なぜAPI連携機能を提供することになったのか

STORES は、「はじめての人もいますぐ、かんたんに」をキャッチコピーに、むずかしい知識や技術は必要なくともネットショップを開設できるサービスです。

しかし、近年大規模なショップオーナーさまのご利用が増加してきたことから、大規模運営でも耐えうる機能の拡充が課題でした。

 

そこで、ショップオーナーさま自身が機能拡張できる環境を整えていくことが必要だと考え、API連携機能の提供を開始することにしました。


将来的には、開発者やシステム開発会社の方々が、API連携機能を活用してアプリケーションの提供ができるよう検討中です。

STORES がこういった拡張性を持つことで、ショップさまのお商売をより良くできると考えております。

API連携機能の活用イメージ

今回リリースしたAPIは、オーダー情報を取得できるAPIです。以下のようなことが実現できるようになります。

  • 購入者情報の顧客管理システム(CRM)との連携
  • 配送会社の送り状CSVファイルの作成
  • 購入者情報の納品書カスタマイズ

API連携機能を活用して機能開発を行っていただくことで、既存の提供機能にはない、ショップさま独自の機能を自身で改良することが可能です。

 

また、ネットショップの開発をされている開発者やシステム開発会社の方々は、ショップオーナーさまのご要望に沿った独自のシステムや機能を提供することができます。

API連携機能のこれから

今回はオーダー情報を取得できるAPIですが、今後以下のAPI拡充を予定しております。

  • アイテム情報を取得できるAPI
  • アイテム情報を一部更新できるAPI
  • オーダー情報を一部更新できるAPI
  • OAuth API

これら以外にご希望のAPIがありましたら、お気軽にご連絡ください。

今後のAPI連携イメージ

お申し込み・資料請求

API連携機能の利用をご希望の場合は、以下のフォームよりお申し込みください。
また、API連携機能について知りたい方には資料請求フォームもご用意しております。

※ ご利用にはスタンダードプランへのお申し込みが必要です。

 

▽ STORES API連携機能 利用申請フォーム

https://forms.gle/JqEETdG9fbcweE85A

 

▽ STORES API連携機能 資料請求フォーム

https://s.stores.jp/pb5Z

 

 

関連記事