リピーターを増やすコミュニケーション方法をご紹介します!

f:id:storesblog:20200708182900j:plain

リピーターとは?

リピーターとは、一度、商品を購入したお店で、継続して買い物をしてくれるお客様のことを意味します。

このリピーターが増えれば増えるほど、お店の売上が安定し、また客単価アップが狙え、売上向上にも繋がります。

そのため、お店を成功させるのは新規顧客だけでなく、いかにリピーターを増やせるかが大切なポイントになっていきます。

 

この記事では、お店にとって大切な「リピーター」を増やす方法をご紹介していきます。

コミュニケーションをとる!

リピーターを増やす方法は、2つあります。

1.良い商品を提供する

2.コミュニケーションをとる

 

1つめの「良い商品を提供する」は、少なくとも購入したお客様が「買ってよかった」と思ってもらえないと次はありません。喜ばれる商品を提供することを心がけましょう。

 

そして、2つめの「コミュニケーションをとる」。

これがリピーターを増やすうえでとても重要になってきます。

 

人間は忘れてしまう生き物です。

「あ、この商品良かったな」と思っても「あれ?この服どこで買ったっけ?」といった感じで忘れてしまいます。

 

そのため、一度購入してくれたお客様に、お店のことを覚えててもらえるように継続的にコミュニケーションをとることが大事になります。

またそのコミュニケーションの内容でお店のことを、もっと好きになってもらうきっかけを作ることもできます。

 

ネットショッピングのお店でも充分コミュニケーションをとることができますので、ぜひ下記のやり方を参考にしてください。

 

伝える内容

STORESをお使いのとあるオーナー様が、どんな内容なら読みたいか?と親しいお客様にヒアリングされたことがあります。

そこで出た結果が、「商品のこと」「運営のこと」「オーナー様のこと」でした。

 

良い内容とは、その人、そのブランドにしか書けない内容だと思います。

当たり前のことでも、読む人にとってはおもしろいことがあります。

「何を書けばいいのか分からない」とお悩みの方は、下記のポイントをぜひ参考にしてください。

ポイント1:商品のこと

・どんな人がどんな風に作っているのか知りたい

・新作情報が知りたい

・セール情報が知りたい

・販売予告がほしい(それまでにお金を貯めようとなるみたいです)

・再入荷の情報がほしい

・キャンペーン情報を教えてほしい

・商品に合わせたコーディネートを教えてほしい(食品であれば美味しい食べ方になります)

ポイント2:運営のこと

・どんな体制(人数)で制作されているのか知りたい

・イベント情報がほしい(オーナー様の在廊時間も知りたいと言われたそうです)

ポイント3:オーナー様のこと

・どんな想いで作ったのか知りたい

・デザインが出来上がるまでの感覚的なものや、デザインの決め手を知りたい

・試行錯誤したことや、失敗談も聞きたい(身近に感じることができるそうです)

・作り始めたきっかけ

 

伝える手段(ツール)

次は何で届けるのか?というツールの説明です。

 

購入してくれたお客様と接点を持つ方法はオンラインでも可能です。

 

今はSNS(Twitter・Facebook・Instagram)、note、TiKTokや、お店が気になるお客様だけとやり取りしたい場合はLINE公式アカウント、そしてSTORESにはメールマガジン機能などたくさんあります!

 

それぞれの特徴をまとめたので、参考にしてください。

Twitterの特徴

ユーザー層:20代〜30代の男女が多い

活用方法:気軽に配信でき、拡散性が強いので、「最新情報」や「お知らせ」に効果的です。

Facebookの特徴

ユーザー層:30代〜40代の男女が多い

活用方法:実名登録制のため、リアルな繋がりが強いので、お店のイベント情報などブランドの認知などにおすすめです。

Instagramの特徴

ユーザー層:10代〜30代の女性が多い

活用方法:写真や動画をメインとしたコミュニケーションが特徴なので、オシャレなスタイリングや美味しそうな写真などUPして、ファン作りに適しています。

noteの特徴

ユーザー層:noteを書く人は20代〜40代のビジネスパーソンが多い

活用方法:文章、音声、画像、動画など様々な形で投稿でき、また最近STORESとも連携し、商品を販売することが可能になったので、商品の制作過程を書き、そのまま商品販売ページに誘導することもできます。

TikTokの特徴

ユーザー層:10代の男女が多い

活用方法:音楽に合わせて約15秒の動画を撮影・加工し、ハッシュタグなどを付けて共有することができるので、制作過程や1週間コーデなどを撮影して投稿するのがおすすめです。

LINE公式アカウントの特徴

ユーザー層:10代〜70代の男女(あらゆる年齢層が利用しています)

活用方法:お店のファンの方が登録してくれているので、クーポン配信やプッシュ通知(アプリを起動していない状態でもお知らせなどがスマートフォンに表示される)があるので、発売時間に合わせたお知らせなど、リピートしたくなる情報を発信することができます。 

STORESのメールマガジン機能

ユーザー層:STORESのショップで会員になった方、もしくは1度でも商品を購入された方

活用方法:STORESで販売している商品をセットして送ることができるので、クーポン配布やセール、新商品のお知らせなどで購入意欲を高め、そのまま商品を購入させることができます。

 

補足ですが、STORESのメールマガジン会員を増やす方法があります!

サイトのTOPに下記画像のように「新規会員」の登録案内を設置することで会員登録を増やすことができますので参考にしてみてください!

 

f:id:storesblog:20200708185631p:plain

設置方法

1.ストアデザインのパーツエディタモードで「コラム」を設置

2.画像・テキストを入力して、リンクを「新規会員登録のURL」にする

※新規会員登録のURLは、ご自身のサイトの「LOGIN」の「新規会員登録」を開いたURLになります

f:id:storesblog:20200708190239p:plain

まとめ

リピーターを増やす方法をご紹介しましたが、まだ取り組んでいないコミュニケーションがあればぜひ取り組んでみてください。

伝えたい内容を元に発信するツールを選ぶと良いですよ!

 

関連記事

STORES なら誰でも無料で
本格的なネットショップが作れます。

専門知識不要で豊富なテンプレートと
カスタマイズ機能で自分だけの表現が
驚くほどかんたんに!

毎月10,000店舗が開設

STORESでショップ作成

 

誰でも簡単にネットショップが
作成できるSTORES
むずかしい知識や
技術は必要ありません。
自分だけのネットショップが、
今すぐはじめられます。