お知らせ 資料ダウンロード

ネットショップで売れないときに考えたいこと。今すぐできる対策方法まとめ

ネットショップ 売れない

ネットショップを開業・開設したもののなかなか商品が売れなくて悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

 

STORES で現在、定期的な売上をあげているオーナーさまの中にも、最初は集客に困った、軌道に乗るまでは苦労したという方も多く、いろんな取り組み・工夫をされているお話をお伺いします。

 

この記事では、ネットショップで売れないときに考えたいことと今すぐできる対策方法をご紹介したいと思います。

現状を把握しよう

ネットショップ 売れない

 

皆さんは、ご自身のネットショップにどこから訪れるお客さまが多いのか、どういうお客さまが多いのか把握していますか?

この2つの要素を分析できるようになるだけでも、ショップの現状把握、改善点や引き続き力を入れていく点の把握ができるようになり、より集客数を増やすことができるようになります。

 

こうしたネットショップのアクセスを調べるには、アクセス解析の基本ツールである『Google Analytics』から始めてみるのがわかりやすくておすすめです。

 

STORES をご利用のオーナーさまであれば、STORES でGoogleアナリティクスを簡単に設定ができます。

詳しくは、「売れるネットショップにするために〜ネットショップへのアクセスを分析してみよう〜の記事や「STORES でGoogleアナリティクスを設定してみよう!〜ネットショップのアクセス分析の記事でまとめていますので、こちらを確認してみてください。

ネットショップのコンセプトを見直そう

ネットショップ 売れない

コンセプトとは、ネットショップの世界観や価値観、ベネフィット(お客さまにとっての利点)を凝縮したものです。

 

ネットショップをはじめた当初は曖昧だったコンセプトも、続けていくうちに、どんなお客さまにどういう商品を届けたいのかがはっきりしてくることもあります。

 

ネットショップのコンセプトは、一度決めたから貫かなければならないというものではありません。流行や世の中の風潮などをしっかりとキャッチし、タイミングをみて随時ブラッシュアップさせましょう。

 

なお、コンセプトについては「事例から学ぶ、ネットショップの成功を支える「コンセプト」の重要性と作り方」の記事に詳しくまとめています。こちらもご覧ください。

ネットショップの集客をしよう

Amazonや楽天といったモールサービスとは異なり、独自のネットショップでは集客を自分でおこなう必要があります。

 

ネットショップで商品が「売れない」場合、もっとも多い課題がこの「集客」です。
これまで集客に力を入れていなかったという方は、まずは、下記の集客方法を1つでも多くはじめてみてください。

無料でできる集客方法

まずは、無料でできる集客方法をご紹介いたします。

SNS運用

ネットショップ 売れない

SNSの特徴は、無料でも集客力に期待できるというところです。特に、ネットショップであれば、InstagramやTwitterでの集客をおすすめします。

 

Instagramは、写真とテキストの両方でアピール出来ることが一番の特徴です。
最近では写真だけでなく動画も載せられるようになり、より一層イメージとテキストで世界中の人へアピールすることが可能になりました。

 

Twitterは、セールや新商品販売のお知らせとしての活用や、注目商品や話題に上がりそうな出来事などを投稿し、拡散されるチャンスを作るといった使い方がおすすめです。

 

SNS運用については、SNSを活用してネットショップの集客をする方法と注意点の記事や【徹底解説】ネットショップの「Instagram運用」〜設定・集客・活用法まとめ〜 に詳しくまとめていますので、こちらも参考にしてください。

SEO対策

f:id:storesblog:20211012180248j:plain

SEOという言葉をご存知でしょうか?
難しそうな言葉ではありますが、ネットショップ運営でもぜひ、SEO対策を行っていただきたいです。

 

SEO対策をするということは、GoogleやYahoo!などで検索したときに上位に表示されるようにすることです。検索結果で上位表示されることで、多くの人がそのページに訪れます。

 

STORES におけるSEO対策では、商品登録を工夫したり、商品数を増やしたり、ユーザー投稿型コンテンツの導入をしたりと、今からでもできることばかり。

 

【ネットショップ集客】SEOとは?STORES におけるSEO対策を徹底解説の記事を参考に、進めてみましょう。

コンテンツマーケティング(ブログ)

f:id:storesblog:20211012180427j:plain

コンテンツマーケティングとは、ターゲットユーザーに対し価値のあるコンテンツを発信することでファンを増やし、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的としたマーケティングの手法です。

 

コンテンツマーケティングのやり方もさまざまですが、ネットショップ運営においては、ブログを書いて情報を発信していくことをおすすめします。

 

ブログに書く内容は、「ブログで集客!ネットショップの集客をブログを活用して行う方法まとめ 」を参考に

・着こなし方を解説した記事

・製品に対するオーナーさまの思いを書いた記事

など、読者のニーズを把握して作成すると良いでしょう。

口コミ・レビューを集めよう

f:id:storesblog:20211012180632p:plain

『口コミ』が持つ集客効果の大きさを知っていますか?

インターネット上では、

  • 商品やショップのレビュー投稿
  • お客さまのTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSやブログのコメント(感想・意見)

などが口コミとして活用されいます。

お客さまにとって購入するかを決める重要な情報となっていることはもちろん、ショップの信頼性をあげる要因にもなりうるのです。

 

口コミ・レビューを集める方法とは?収集のコツや注意点を解説」を参考に、ぜひ、積極的に口コミ・レビューを集めてみましょう。STORES ご利用の方は、レビュー機能をぜひご活用ください。

 

有料でできる集客方法

有料でできる集客として、広告を利用するという方法があります。

 

折り込みチラシやテレビCMといった広告もありますが、ネットショップの場合は、広告を配信する人を絞ることができるインターネット広告がおすすめです。

リスティング広告

ネットショップ 売れない

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果に表示される広告のことです。

 

特定のワードに対して表示させることができるため、購買意欲の高いお客さまへ直接アプローチすることできます。また、短期間で成果を出しやすいのも特徴です。

 

しかし、競合他社も狙っているような人気のキーワードだと、競争が激しく、費用がかかってしまうことも。コストパフォーマンスも考えながら運用する必要があります。

ディスプレイ広告 (リターケティング)

一度サイトへ訪問したことがある人や、商品を購入したことがある方へ限定して配信する広告。広告画像(バナー)を活用して掲載されるため、視覚的にアプローチすることができます。

また、リスティング広告同様、短期的な結果を見込める方法です。

 

広告色が強いとクリックされにくい場合もあるので、デザインに気をつけましょう。

アフィリエイト広告

f:id:storesblog:20211013163818j:plain

第三者(アフィリエイター)のブログやSNSで商品を紹介してもらう形式の広告です。成果に対し報酬を支払います。

 

普段取り込めないお客さまへアプローチすることができるメリットがありますが、誇大表現を使われてしまうとブランドイメージが損なわれたり、クレームに繋がったりするので、気をつけましょう。

SNS広告

f:id:storesblog:20211013161719j:plain

SNS広告は、InstagramやTwitterなどのSNSのタイムライン上に掲載する広告です。投稿の間に溶け込むようにして表示できるため、広告と気づかず見てもらえます。

 

少しニッチでバズりそうな商品はTwitterの広告、写真映えしそうな商品はInstagramの広告など、目的によって広告を使い分けてみてください。

 

広告に関しては、「ネットショップ運営者が必ず知っておきたい効果的な広告とは?広告の種類・費用をやさしく解説」にて、詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ネットショップで売れない時に考えたいこと!今すぐできる対策方法まとめ

今回は、ネットショップで売上を上げるためにできる対策方法をまとめてみました。

今すぐできる対策方法ですが、1回やればすぐに効果が出るというわけではなく続けていくことが大切です。

 

自身のネットショップを見直して、少しずつ改善してみてくださいね。

 

なお、ネットショップの開業〜運営方法については、『2021年最新版】ネットショップ開業・開設手順はこれを見れば完璧!初心者〜上級者向けにご紹介』でも詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

 

STORES のサービス資料もご用意しています。より詳しく知りたいという方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

 

STORES サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

新規開設の電話相談はこちら
TEL:050-3137-4629
(平日10:00−18:00)

 

 

関連記事