お知らせ 資料ダウンロード

副業でもOK!初心者におすすめのハンドメイド販売サイト7選

ハンドメイド 販売

 

近年は、個人でもインターネットでさまざまなものを手軽に売れるようになりました。ハンドメイド作品もそのなかの一つで、趣味を活かして作品を販売できたらと考えている方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ハンドメイド販売のメリットやデメリット、初心者におすすめの販売サイトなどをご紹介します。ハンドメイド販売における注意点などもお伝えしますので、興味がある方は参考にしてみてください。

STORES サービス資料の
ダウンロードはこちら

ハンドメイド(手作り)販売のメリット・デメリット

ハンドメイド 販売

 

まず、ハンドメイド販売のメリットやデメリットを解説します。

メリット

ハンドメイド販売の一番のメリットは、趣味を収入に変えられることではないでしょうか。アクセサリー作りや手編みなど、ハンドメイドを趣味にしている人は意外と多いものです。さらに、趣味がお金になるだけでなく、自分の作品を知らない人に評価してもらえる喜びもあるでしょう。

 

またハンドメイド作品は、材料次第で製造コストを節約可能です。100円ショップなどで手に入る素材も多いですし、流木などタダで入手できるものもあります。

 

自分でハンドメイド販売を始めるのであれば、ノルマもありませんし、家事や子育てのすきま時間を使って始めることも可能です。

デメリット

ハンドメイド販売にはデメリットもあります。

まず、売るためにはそれなりの工夫が必要です。ハンドメイド販売を手がけている人はたくさんいるため、ほかの作品と比較されやすく、際立った特徴がなければ多くの作品のなかに埋もれがちです。

 

また、販売に際しては、お客さまと連絡を取り合わなければなりませんし、クレームがあれば対応する必要があります。デメリットにもしっかり向き合って、あらかじめ対策を講じておくことが大切です。

ハンドメイド作品・商品を販売する手段

ハンドメイド作品を販売する手段には、ネットショップとハンドメイドマーケットがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。

①ネットショップ

ネットショップは、自分だけのショップをWeb上に開設します。後ほど詳しく解説しますが、STORES のようにHTMLなどの知識がなくてもネットショップを作れるサービスもあるため、開設自体はそれほど難しくありません。

 

ショップのブランドに合わせてサイト設計もできるなど、機能性やカスタマイズ性が高いのも特徴です。ハンドメイドマーケットと比べると、販売手数料を抑えられるのもメリットでしょう。

 

一方でネットショップは、ハンドメイドマーケットのように、サービス自体の集客力は期待できません。集客の工夫をしなければ、なかなか売れるようにならないのがデメリットです。

②ハンドメイドマーケット

ネットショップが個人商店だとすると、ハンドメイドマーケットはショッピングモールで、モールの一画にテナントを借りて出店するイメージです。「minne」や「Creema」などが有名です。

 

ハンドメイドマーケットは知名度を活かした集客力がメリットです。一方で、ネットショップと比べると、手数料が高めなのがデメリットです。また、ハンドメイドマーケットには多くの作品が出品されているため、ほかの作品に目移りされやすいのも欠点です。

初心者におすすめのハンドメイド販売サイト7選

ハンドメイドを販売しようと思っている初心者の方に、おすすめの販売サイトを7つ紹介します。

STORES

STORES

 

STORES の概要まとめ

種類

ネットショップ

特徴

ランニングコストが安い

初期費用

0円

月額料金

0円(フリープラン)

2,178円(スタンダードプラン)

※初月0円

販売手数料

5%(フリープラン)

3.6%(スタンダードプラン)

 

STORES はヘイ株式会社が提供するネットショップ作成サービスです。Webサイトの構築に詳しくない人でも、テンプレートを組み合わせて簡単におしゃれなネットショップを作れます。初期費用・月額料金無料で始められますが、機能によっては有料プランにする必要があります。ショップの規模などに応じて、ランニングコストを抑えられるのがメリットです。

公式サイトはこちら

BASE

BASE

 

BASEの概要まとめ

種類

ネットショップ

特徴

アプリ感覚で機能を追加可能

初期費用

0円

月額料金

0円

販売手数料

3.6%+40円(決済手数料)

3%(サービス利用料)

 

BASEはBASE株式会社が提供するネットショップ作成サービスで、170万以上のショップが利用しています。機能が多く、自分に必要なものを、アプリ感覚で追加していけるのが特徴です。

公式サイトはこちら

メルカリShops

メルカリshops

 

メルカリShopsの概要まとめ

種類

ハンドメイドマーケット

特徴

メルカリの圧倒的な集客力

初期費用

0円

月額料金

0円

販売手数料

10%

※無料キャンペーン中(2022年4月時点)

 

メルカリShopsは、フリマアプリのメルカリに商品を出品できるサービスです。メルカリと同じ感覚で出品できる一方、在値下げ交渉なしで販売できます。在庫設定ができるのも特徴です。月間2,000万人以上が利用しているメルカリの集客力を利用できるのが一番のメリットでしょう。

公式サイトはこちら

minne

minne

 

minneの概要まとめ

種類

ハンドメイドマーケット

特徴

ハンドメイドマーケットでは最大級の規模

初期費用

0円

月額料金

0円

販売手数料

10.56%

 

minneはGMOペパボ株式会社が提供するマーケットプレイスです。81万以上の作家やブランドが、1,400万点以上の作品を販売しており、年間流通は149.1億円に達しています。利用者は9割が女性で、年齢層は20~40代が中心です。

公式サイトはこちら

Creema

Creema

 

Creemaの概要まとめ

種類

ハンドメイドマーケット

特徴

ハンドメイドマーケットの老舗

初期費用

0円

月額料金

0円

販売手数料

11~21%

 

Creemaは、株式会社クリーマが提供するハンドメイドマーケットです。19万人のクリエイターが登録しており、1,000万点以上の作品が販売されていいます。サービスは2010年に開始されており、ハンドメイドマーケットでは老舗です。アクセサリーなど一般的なハンドメイド作品のほかに、食品やアルコールなどの取り扱いもあります。

公式サイトはこちら

iichi

iichi

 

iichiの概要まとめ

種類

ハンドメイドマーケット

特徴

プロも多数使うハンドメイドマーケット

初期費用

0円

月額料金

0円

販売手数料

20%

 

iichiは、iichi株式会社が提供するハンドメイドマーケットです。クリエイターはプロが多く、約4割がハンドメイドを本業としているほどです。作り手・つなぎ手・使い手のつながりを広げていくことを主眼にしており、出品だけではなくイベントの告知や、お気に入りの作家をフォローする機能などが充実しています。

公式サイトはこちら

BOOTH

BOOTH

 

BOOTHの概要まとめ

種類

ハンドメイドマーケット

特徴

クリエイターとファンをつなぐ機能が充実

初期費用

0円

月額料金

0円

販売手数料

5.6%+22円

 

BOOTHはピクシブ株式会社が提供するハンドメイドマーケットです。マンガやイラスト、小説などとともにハンドメイドの販売も行なえます。クリエイターとファンをつなぐ機能が充実しており、販売価格に好きな金額を上乗せしてクリエイターを支援する「BOOST」や

「購入者へのひとこと」によるメッセージの送信などが可能です。

公式サイトはこちら

 

最後に、今回紹介したサービスの概要を表でまとめました。比較の際の参考にしていください。

 

種類

初期費用

月額料金

販売手数料

公式サイト

STORES

ネットショップ

0円

0~2,178円

3.6~5%

https://stores.jp/ec/

BASE

ネットショップ

0円

0円

3.6%+40円+3%

https://thebase.in/

メルカリShops

ハンドメイドマーケット

0円

0円

10%

https://shops.mercari.com/

minne

ハンドメイドマーケット

0円

0円

10.56%

https://minne.com/

creema

ハンドメイドマーケット

0円

0円

11~21%

https://www.creema.jp/

iichi

ハンドメイドマーケット

0円

0円

20%

https://www.iichi.com/

BOOTH

ハンドメイドマーケット

0円

0円

5.6%+22円

https://booth.pm/ja

売れるハンドメイド作品(商品)とは?

ハンドメイド 販売

 

ハンドメイド作品と一口にいっても、多くの種類があります。どのようなジャンルの作品が売れやすいのでしょうか。人気があり、かつ初心者でも作りやすい種類を紹介します。

 

人気があるジャンルとして、アクセサリー、スマホケースなどが挙げられます。アクセサリーは、作成がそれほど難しくありませんし、初期費用も節約が可能です。また、アクセサリーはデザイン性が重視されるため、原価と比べて販売価格を高めに設定できるのもメリットです。

 

スマホケースも形は決まっており、デザインを考えるだけで良いため、難易度は高くありません。ただし、アクセサリーと比べると大きいため、作成に時間がかかってしまいがちなのがデメリットです。

 

スマホケースは布やレザーでもつくれますが、布やレザーは機材など初期費用もある程度かかりますし、スキルの習得も必要なため、中級者から上級者向けだといえます。

 

アクセサリーやスマホケースの作成は、下記記事でも解説していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

ネットショップでアクセサリーを販売する方法!資格や許可、届出は必要?事例もご紹介

ネットショップでレザークラフトを販売する方法!資格や許可、届出は必要?販売のコツ・注意点は?

スマホケースを自作するアイデア5選!初心者向けの方法も

ハンドメイド販売における注意点

ハンドメイド販売で成功するためには、いくつか注意しなければならないことがあります。それぞれを確認していきましょう。

集客の工夫は欠かせない

ハンドメイドの販売は、競争相手も多く、集客の工夫が欠かせません。集客力があるハンドメイドマーケットでも、マーケット内で自分の作品を選んでもらうためには、独自の集客も必要です。

 

集客の手段としては、Twitter、Instagram、YouTubeなどSNSを利用した宣伝があります。単に商品を紹介するだけでなく、制作の過程を投稿して商品にストーリー性を付加できますし、作家の何気ない日常の投稿により、お客さまに親近感や安心感を抱いてもらえるでしょう。

 

SNSの活用法は、以下の記事で詳しく解説していますから、参考にしてみてください。

【ハンドメイド作家さん必見!】Instagramの活用方法を人気ストアに聞いてみました

コンセプトを明確にして販売する

趣味でなんとなくハンドメイドを始めた方もいるかもしれませんが、商品として販売する場合はコンセプトが重要です。コンセプトを明確にしなければ、ターゲットもはっきりせず、固定ファンがつきにくくなります。

 

コンセプトを明確にするには、自分の作りたいものやイメージを細かく具体的に書き出してみましょう。コンセプトの具体例としては、下記サイトで紹介しているショップなどを参考にしてみてください。

ハンドメイドされている方必見!ハンドメイドの人気ネットショップ4選

知っておきたい著作権のルール

ハンドメイド販売では、著作権を理解しておくことが重要です。

著作権法では著作物の保護が明記されており、違反すると罰則があります。著作権法違反となる具体的な例には次のものが挙げられます。

 

  • キャラクターの使用または模倣
  • 本に掲載されている作品の模倣
  • キットの複製
  • キャラクター名やブランド名、ブランドロゴの使用または模倣

など

 

キャラクターの使用は、直接使用するだけでなく、キャラクターがプリントされた布を使ってハンドメイド作品を作った場合なども該当します。

 

本に掲載されている技術を使って作品を作るのは大丈夫ですが、掲載作品や図案などをそのまま真似る行為は違法です。

 

ブランドロゴなどの使用または模倣は、正確には著作権ではなく商標権の侵害ですが、著作権と一緒に覚えておきましょう。商品説明などで「ディズニー風」などと記載するのもいけません。

 

ほかには、肖像権にも注意しましょう。モデルと商品を撮影した写真などは、肖像権をよく確認して使う必要があります。

その他、ハンドメイド販売における禁止事項

著作権以外にも、ハンドメイド販売で禁止されていることがいくつかあります。多くのサービスで禁止されている行為として、次のものが挙げられます。

 

  • 「定形外郵便は補償しない」旨の記載
  • 「ノンクレーム、ノンリターン」の記載
  • 商品発送時に信書を入れる
  • 販売後にDMを送る

 

サービスによっては、ほかにも禁止されていることがあるかもしれません。販売を始める前には規約をよく確認しておくことが大切です。

ハンドメイド販売を始めるなら STORES

ハンドメイド販売は手軽に始められるのがメリットですが、工夫をしなければなかなか売れるようにはならないのも事実です。売れるようになるには、集客を工夫するほか、コンセプトの明確化などが必要です。また、著作権や商標権などのことも知っておく必要があります。

 

ハンドメイド販売手段には、ネットショップとハンドメイドマーケットの2種類がありますが、将来的に大きく稼いでいきたい場合、ネットショップがおすすめです。サイト構築や集客手段の自由度が高く、手数料も抑えられるため、工夫次第では大きな売上を狙えます。

 

以下の記事も参考にしてみてください。

【2021年最新】ネットショップでハンドメイド商品を販売するには?おすすめの販売サイトは?

 

STORES であれば、Instagramで販売できる連携機能や購入者の購入履歴を記録できる顧客管理機能、予約販売など、販売を強力にサポートする機能が多数搭載されています。初期費用・月額料金無料から始められ、お店の規模などに応じて有料プランに切り替えることもできます。

 

ハンドメイド販売を手がけるのであれば、STORES の利用を検討してみてください。

STORES の詳細はこちら

 

STORES サービス資料の
ダウンロードはこちら

 

関連記事