アパレルでネットショップ開業方法と成功させるポイント

アパレルのネットショップ開業方法と成功させるポイント

アパレルのネットショップの立ち上げについて「アパレルに詳しい人・働いていた経験がないと難しいのかな?」と考えている人もいるかと思いますが、実際はそんなことはありません。

アパレル系ネットショップを運営している人の中には、アパレルの知識がない状態で始めた人も多いのです!

 

この記事では、アパレルのネットショップの立ち上げ方法や注意点、成功ポイントなどについて詳しく解説していきます。

 

 

アパレルネットショップの立ち上げ方

アパレル系のネットショップをスムーズに運営していくためには、ショップを立ち上げる前に入念な準備をしておく必要があります。まずは立ち上げ前に欠かせない準備を3ステップに分けて紹介していきます。

 

STEP1:仕入れ先を決める

アパレル系ネットショップの立ち上げ準備の中で最初に行うことは、実際に販売する商品を用意することです。ハンドメイド商品のように自分で商品を作らない場合、商品をオーナー様自身で仕入れる必要があります。

 

商品を仕入れる方法は様々あり、STORES.jp MAGAZINEでも過去に『ネットショップを始めよう!商品の仕入れの方法とオススメの仕入れ先まとめ』という記事で詳しく紹介していますが、今回の記事ではインターネットで完結する仕入れサイトを紹介していきます。


仕入れサイトは無料で登録できるところも多いため、最初からひとつに絞るのではなく、まずは複数のサイトに登録して仕入れ価格などを比較してみるのがおすすめです。

アパレルネットショップの仕入れ先としてよく利用されているのが、以下の3つのサイトです。

 

NETSEA(ネッシー)

f:id:storesblog:20191115140735j:plain
 

「NETSEA(ネッシー)」は、株式会社SynaBizが運営する日本最大級の仕入れ・問屋・卸の専門サイト。アパレルやファッション雑貨を中心に幅広く扱っています。

 

随時安くお得に仕入れができるサプライヤーキャンペーンやセールが行われたりしているため、アパレルの仕入れを始めるならぜひ登録しておきたいサイトです。会員登録は無料となっています。

 

 

イチオクネット!

f:id:storesblog:20191115140822j:plain

 

「イチオクネット!」は、株式会社イチオクが運営している小売業者向けの卸売サイト。アパレル商品の取り扱いがメインとなっており、ストリート系、エスニック系、OL/コンサバ系などタイプ別に検索可能。こちらも会員登録・年会費ともに無料です。

 

 

TOPWHOLE

f:id:storesblog:20191115140837j:plain

 

「TOPWHOLE(トップホール)」は、Bleaf株式会社が運営している、卸価格で買える会員制通販サイト。扱っているのはほとんどが女性向けのアパレル商品で、大人っぽく洗練されたデザインの商品が多い印象です。

 

上記2サイトと異なり、TOPWHOLEは月額会費として3,000円(税別)が必要です。

 

STEP2: 出店先を決める

商品を仕入れる方法を確保したところで、次は「どうやって出店するか」を考える必要があります。

 

インターネット上でネットショップを始める場合、出店方法として大きく「モール型」「カート型」「ECパッケージ型」の3種類の中から選択する必要があります。

ここでは、それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説していきます。

 

モール型

f:id:storesblog:20191115141108j:plain

 

大きな建物の中に複数の小売店や飲食店などが入っているショッピングモールのように、各ストアのオンラインサイトが運営元のサイトに一覧で表示されるタイプのサービスがモール型サービス。楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどがこのタイプにあてはまります。

 

こうしたモール型サービスの最大の強みは、集客力の高さです。

カテゴリごとに様々なショップの商品が一覧で表示されるため、他のショップのお客さまが自分のネットショップに遊びにきてくれる機会もたくさんあります。

 

一方でモール型サービスのデメリットは、サービス内での競争が非常に激しいこと。

メリットで紹介したように、多くの店舗で販売されている商品が一覧で表示されるため、工夫を凝らさないとネットショップにお客様を取り込むことが難しくなっています。

 

カート型

f:id:storesblog:20191115141124j:plain

ネットショップ運用に必要な機能が一式揃っていて、インターネットブラウザ上で全ての操作が行えるのがカート型のサービス。STORES.jpやBASEなどがこのタイプに該当します。

 

カート型サービスの一番の強みが、誰でも気軽にネットショップを開くことができるという点。ネットショップを始めるために特別なソフトウェアを購入したり、自分でサーバーを契約する必要がないので、専門知識がなくても簡単に始めることができます。

 

一方で、すでに提供されているサービスを利用するという形になるため、自分が理想とするデザイン・機能を全て実現するのはやや難しく、サービスによっては高額な費用がかかる可能性があることを理解しておきましょう。

 

ECパッケージ型

ECパッケージ型とは、販売されているパッケージシステムを購入・インストールし、必要な機能をカスタマイズしてネットショップを作っていく方法のこと。オーナー様自身で運営・管理するため、先に紹介した2つと比較すると自由度が高いのが特徴です。

 

サーバーの準備や管理、パッケージシステムの費用に高額なコストがかかりますが、用意されたシステムを元に、ネットショップを作るためのベースとなる情報(『ソースコード』と呼ばれます)を自由にアレンジできるので、オリジナリティのあるネットショップを作ることができます。 

 

STEP3: 備品を揃える

仕入れ元・出店先を決定したところで「ネットショップを開こう!」と考えてしまいがちですが、ちょっと待って!実店舗と同じように、ネットショップでも運営していく中で「備品」が必要不可欠です。

 

今回テーマにしているアパレル系ネットショップの場合、商品を出品するために最低限

  • パソコン
  • デジタルカメラ
  • 画像編集ソフト

の3つを用意することをおすすめします。

 

パソコン

商品情報の登録や在庫管理、管理画面の閲覧などあらゆる場面で必要になるのがパソコンです。

スマートフォンやタブレットでも情報は閲覧できますが、在庫・顧客管理のソフトはパソコン向けのモノが大半なので、1台あると非常に便利です。

 

ノート型・デスクトップ型などの種別は重視する必要はありませんが、快適に作業するには以下のスペックを満たしていることがおすすめ。

  • CPU: 「Intel Core i3」以上のCPU
  • 記憶媒体(HDD/SSD): 500GB以上のストレージ
  • メモリ: 8GB以上のメモリ

 

デジカメ

最近はスマートフォンでも綺麗な商品撮影が可能ですが、1段階上の写真を撮影したい場合はやはり写真撮影に特化したカメラを用意しましょう。

といっても、高価なカメラを用意する必要はなく、普段使っているデジカメでも問題ないケースがほとんど。

 

一眼レフカメラを操作しているところ

 

ある程度綺麗な写真を撮影するために最低限必要となるスペックは以下の通りです。

 

  • 画素数は1000万画素以上
  • 露出補正機能付き
  • ホワイトバランス調節機能付き

 

レフ板などを使い、より本格的に撮影したいと考えている人は「一眼レフカメラ」「ミラーレスカメラ」の購入を検討しましょう。詳しい特徴や必要な機材については『ネットショップの売上UP!購入率が上がる写真の撮り方・コツまとめ』という記事で紹介しています。

 

 

画像編集ソフト

デジカメ・一眼レフ等で撮影した写真を編集したり、完成した写真に文字入れをする梅などに必要となるのが画像編集ソフト。

もちろん無料のものでもOKですが『Photoshop』などの有料ソフトを活用できると、より魅力的な商品画像を作成可能です。

 

必要なソフトやおすすめツールについては、『【これを揃えればOK】ネットショップ開業に必要なソフトやおすすめツールを紹介』で詳細に解説しています。

 

 

アパレルネットショップに必要な届け出

アパレル系のネットショップを運営する場合、以下の2つの届け出について理解しておく必要があります。

 

確定申告書(確定申告)

本業・副業に関わらず、ネットショップ運営で得た所得額が年間20万円を超えると、確定申告が必要となります。確定申告をしなかった場合は、脱税とみなされることがありますので、特に注意が必要です。

 

確定申告については『ネットショップを運営したら確定申告は必要?!』という記事で詳しく解説しているので、合わせてこちらもチェックしてみてください。

 

 

開業届

ネットショップを運営していくために必須!というわけではありませんが、「開業届」を提出することで様々なメリットが受けられるようになります。

 

 開業届を出すことで得られるメリット

  1. 節税効果が高い青色申告ができる
    確定申告時に、より節税効果の高い「青色申告」を利用することが可能です。
  2. ネットショップの運営がしやすい
    個人事業主として開業することで、屋号付きの銀行口座を発行できるなど、個人事業主としての活動がしやすくなります。

 

特に「青色申告」を利用することで、売り上げの多い方でも高い節税効果が期待できるようになるため、本格的にネットショップを運営していきたいと考えている人はぜひ提出しておきましょう。

 

開業届に関する詳しい情報については『インターネットで販売する時に必要な許可・資格・届け出まとめ』に掲載しているので、合わせてチェックしてみてください。

 

  

アパレルネットショップの立ち上げで気をつけるべきポイント

アパレルのネットショップをスムーズに運営するには、最初に運営方法を決めておくことが大切です。なかでも、特に最初に決めておきたい4つのポイントについて紹介していきます。

 

決済方法

「どの決済手段を・どれだけ導入するか」というのは、ネットショップ運営をしていく中で重要な要素です。

お客様が購入しやすい決済方法を導入しておくことで、ショップの利益に結びつきやすくなります。

 

クレジットカードのイメージ画像

 

決済方法には多くの種類がありますが、一度にすべてを導入すると費用がかさんでしまい、逆に採算が取れなくなる可能性もあります。

そのため、まずは利用者の多い「クレジットカード」「代金引換」「コンビニ払い」の3つを導入することがおすすめです。その後、必要に応じてほかの決済方法を追加していきましょう。

配送方法

 

アパレル系ネットショップの場合、必ず商品を発送し、配送業者に配達してもらう作業が発生します。

個人で配送業者に配送を依頼する場合「郵便局」「ヤマト運輸」「佐川急便」のいずれかにお願いする場合がほとんどですが、STORES.jpではこのほか保管・梱包・配送の全てを代行してくれる倉庫サービスも用意されています。

 

配送方法を決定する場合、各サービスの特徴や料金体系をしっかり理解した上で、自分のショップにあった方法を選ぶことをおすすめします。

 

電話対応

お客様・オーナー様の顔が見えないネットショップの場合、お客様に安心してお買い物していただくためには、きちんとした電話対応ができるかもポイントです。 

オーナー様自身の都合で電話に出たり出なかったりしていると、お客様から信頼されるのは難しく、結果的にほかのお店に流れてしまう可能性も...。

 


お客さまからの信用を得るためにも、丁寧かつ迅速な電話対応を心がけるようにしましょう。

ネットショップの電話対応については、『個人のネットショップ開業に電話は必要?その場合の電話対応は?』で詳しく解説しています。

 

営業時間

問合せや電話への対応ができる時間、いわゆる営業時間は、ショップの運営を始める前に決めておきましょう。

特に個人事業主としてネットショップを開業し、自宅の電話回線をお問い合わせ電話として使う場合、電話対応時間を考えておかないとキリが無くなってしまいます。

 

売り上げのことを考えると、出来るだけ問い合わせに対して迅速に対応したいと思いがちですが、長く無理なく運営していくためには営業時間を決めメリハリをつけていくことも大切ですよ。

 

アパレル系ネットショップを成功させるためには

アパレル系ネットショップにおいて成功のカギとなるのは「分析力」と「行動力」の2つです。それぞれ具体的なポイントについて見ていきましょう。

 

ターゲットとなる客層を明確にする

どのネットショップにも言えることですが、まずはターゲットとなる客層を明確にし、お客様がどのような商品を好んでいるかを分析しましょう。

 

お客様の好みにあった商品を用意することで効率的に利益を出すこともできますし、仕入れる商品の絞り込みもできるため、コスト削減の効果も期待できます。

 

コンセプトを明確にする

アパレル系ネットショップの場合、ただビジュアル的に映える商品を取り揃えておけばいいわけではありません。

取り扱う商品の世界観をなるべく統一し「このショップはこういう世界観」というイメージを持ってもらうことが、競合との差別化を図る上でも重要になります。

 

そして「このショップはこういう世界観」というイメージをお客様に持ってもらうためには、あらかじめショップのコンセプトを明確にしておくことが必要です。

 

ネットショップにおけるコンセプトの重要性については『事例から学ぶネットショップの成功を支えるコンセプトの重要性と作り方』という記事で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

オリジナル商品の販売

競合するアパレル系ネットショップとの差別化に効果的なのが、オリジナル商品を販売することです。

 

「オリジナル商品は作るのが難しいのでは?」といったイメージを抱いてしまいがちですが、実際はそんなことはありません

オリジナル商品(アパレルの場合は衣料品が中心)を専門に受注している業者に依頼すれば、オーナー様側で作成したデザイン画を提供するのみで作成できる場合も多いです。

 

デザイン画さえあれば初心者の方でも簡単にオリジナル商品が販売できるので、ぜひ検討してみてください。

 

見やすいデザインにする

いくら魅力的な商品を販売していたとしても、ネットショップのデザインが見づらかったり、お客様にとって使い勝手がよくない場合、商品を購入していただける可能性は低くなります。

 

アパレルのネットショップの多くは実店舗を持たない分「商品の細部までイメージしやすい」「簡単に操作できる」サイトデザインを心がけるのがポイント。具体的には、以下の点に気をつけることが重要です。

 

  • 情報は端的にわかりやすくまとめる
  • 見せたいコンテンツに優先順位をつける

 

この他、ネットショップのデザインで気を付けたいポイントについては『売れるネットショップが必ずやっている「デザインのポイント」とは?徹底解説します』という記事で紹介しています。

 

 

分析や改善を行う

どの分野に限らず、ネットショップで安定した利益を出し続けるには、日々の売上の分析と、その結果をもとにした細かな改善が欠かせません。具体的には次のポイントが挙げられます。

 

ショップの訪問率や離脱率などを分析する

Google Analytics(Googleアナリティクス)などのアクセス解析ツールや、カート型のサービスで用意されている解析機能を利用することで、ショップの訪問率や離脱率、購入率(コンバージョン率)などが分析可能です。

 

細かな設定こそ必要になりますが、設定次第ではお客様がどのようなページを巡って購入・離脱したのかも分析できるため、離脱率の高いページを改善することで、お客様の商品購入につながるかもしれません。

 

人気のショップを分析する

人気ショップと自分のショップを比較してみることも大切です。

  • デザイン・レイアウト
  • 購入までの導線
  • 商品画像のクオリティ
  • 商品説明のコピー
  • 購入ボタンや問い合わせフォームなどのマイクロコピー

など、細かい部分まで比較し、自分のショップとどこが違っているのかを分析してみましょう。

 

参考にできる部分があったら自分のショップに取り入れるなど、足りない部分を改善していくことで、オーナー様のショップの売り上げも変わっていくはずですよ。


宣伝・集客も積極的に!

ネットショップは、ただ運営しているだけではなかなか売上が立ちません。せっかく一生懸命作ったネットショップでも、誰の目にも留まらないことも十分考えられます。

 

そうならないためには、積極的に宣伝・集客していくことが大切です。

  • ブログを開設し、新作の入荷情報や商品のオリジナリティを伝える記事を投稿する
  • SNSを有効活用してセール情報を発信していく

など、オーナー様が発信源となってショップに関する様々な情報を発信していくことで、ネットショップの集客や購買率も改善していきますよ。

 

まとめ

アパレルネットショップの開業というと、ハードルが高いイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし実際は決して難しいものではなく、「仕入れ先を決める」「出店先を決める」「備品を揃える」という3ステップで立ち上げられます。

 

ただし、ネットショップを継続して運営し、安定した利益を得ていくためには、次のような点についても考えていくことが不可欠です。

 

  • 開業届などの必要な届け出について理解し、ショップ運営の具体的な方法については事前に決めておく
  • ターゲットとする客層を明確化し、サイトの使いやすさに配慮する
  • ショップ運営に慣れてきたら、オリジナル商品などを販売し差別化を図る
  • ブログやSNSなどを活用し、積極的に宣伝・集客する


今回紹介したポイントを参考にしながら、アパレル系ネットショップを大きく成長させていきましょう。

 

関連記事
  1. ネットショップで成功するためのポイントとは?

  2. ネットショップ開業に必要なソフトやツールを紹介

  3. 売れるショップになるために目標にすべき売り上げとは?

     

STORES.jpは最短2分!で
誰でも本格的なネットショップが作れるサービスです。

ネットの知識がなくても、 豊富なテンプレートとカスタマイズ機能で
自分だけの表現が驚くほどかんたんに出来ます!
 

\ まずは無料ではじめてみませんか? /

STORES.jp はこちら